SPGアメックス(Amex)はマイラー最強カード?ホテルライフが激変します。

陸でマイルを貯め始めて、飛行機代がかからなくなった。
これってすごいことですよね。

マイルが順当に溜まり始めると次に考えるのは宿泊先。

旅行=飛行機+宿泊先手配、がセット。

そう、この宿泊先、という点においてSPGアメックスは絶大なメリットを発揮する最強カードなんです。
陸マイラー大好きなSPGアメックス(Amex)カード。

宿泊だけじゃない、マイルを貯めるにも、日常生活に使うにも利点の多いSPGアメックスカードについて解説します。

SPGAmex

目次

SPGアメックス(Amex)はマイラー最強カード?ホテルライフが激変します。

SPG=スターウッド・プリファード・ゲストとは

SPGアメックス(Amex)とはスターウッドプリファードゲスト・アメリカンエキスプレス・カード。
スターウッドホテル&リゾートが経営する大型ホテルチェーン・スターウッドグループが提携しているクレジットカードのことです。

スターウッドホテル&リゾートが経営する12のホテル。

スターウッドグループ
高級ホテル

  • セントレジス
  • ウェスティン
  • ル・ロイヤルメリディアン
  • ザ・ラグジュアリー・コレクション
  • トリビュートポートフォリオ
  • シェラトングランド

中級ホテル

  • シェラトン
  • ル・メリディアン

低価格ホテル

  • アロフト
  • エレメント・バイウェスティン
  • フォーポインツ・バイ・シェラトン

これらのホテルにおける、SPG=Starwood Preferred Guest=優遇会員になる。

SPGAmexを発行するだけで、これらスターウッドグループの優遇会員=ゴールド会員になることができるんです。

SPGAmexのデメリット①高額な年会費

SPGには向き・不向き、合う合わない、という点があります。SPG最大のデメリットはやはりその高額な年会費31000円(税別)

31000円ですよ…
正直、クレジットカードの年会費に31000円って、躊躇する値段じゃないかと思います。

うち、共働きですけど正直この年会費にうっ…と思いました。
ただ、この年会費に関してはメリットにもなりうるのですが…。

SPGを所有する分岐点
①1年に1回くらい、少し良いホテルで快適に過ごしたい。ホテルライフを楽しみたい。
②いやいや、私は旅行のときはホテルは寝るだけだから安いホテルで構わない。

あなたがこの①に当てはまるか、②に当てはまるかで、SPGAmexのメリットを享受できるかできないかがまったく変わってきます。

①の方にとってはSPGAmexはすごく画期的なカードになり得ます。
SPGAmexはマイルを貯める意味でもホテルに泊まる意味でも非常に汎用性の高い、使い勝手の良いカードです。

②の方にとっては単なる年会費の高いセレブカードになってしまう。
年会費に毎年31000円を払うなら、安いホテルに何泊かしたい。ホテル代に30000円なんてもったいない。

私もどちらかというとホテル代にはお金をかけてこなかったタイプなのですが、寝られれば良い。ホテルにこだわらない、という方には強くお勧めするカードではありません。

この31000円(税別)、メリットの部分でお伝えするように継続特典としての無料宿泊券1泊分で十分に元は取れるのですが、1泊に30000円というホテル代、きらびやかなホテルライフに価値を見出せるか。

というところにSPGAmexを持つか持たないかの分岐点があります。

 

SPGAmexのデメリット②家族が4名になると子供が小さくてもスタンダードルームを予約できないことも。

私のような子供が2人いるパターンの方にはホテルの条件によって高いタイプの部屋にしか泊まれない場合があります
例えば香港のような一部屋定員3名という消防法上の決まりがある国においては選べる部屋、ホテルがかなり限定されてきます。

これは私も実際に所有してから気づいたので、予想外だったのですが…。

香港でいうとSPG系列では4人同時に(エキストラベッドでも添い寝でも子供の人数は年齢にかかわらず1人とカウントされる)宿泊できるホテルは

シェラトン香港ホテル&タワーズ 

しかありません。
しかもデラックスコーナースイート

シェラトン香港

※画像はシェラトン香港ホテル&タワーズさんからお借りしました。

アップグレードを期待する間もなく、最初から良い部屋を取らなくてはいけないという事態。
たとえ無料宿泊特典(無料宿泊特典はスタンダードルームのみという決まりがあるため)を使いたくても香港では使えません。

この場合、2人ずつ分かれて二部屋を手配するか、おとなしくこのデラックスコーナースイートに実費またはスターポイントで宿泊するか。

ということになります。
※子供の添い寝を含めた定員条件はホテルごとに異なります

脱線しますが、香港の場合、4人で一部屋に泊まりたい場合、4人定員のファミリールームを探す必要があります。SPGではオヴォロ・サウスサイドがファミリールームがあるよう。

また混乱しがちなのですが、定員が3名でも添い寝でかつ年齢が指定年齢以下であれば4人まで宿泊可能な部屋、というお部屋がインターコンチネンタル、コンラッド香港でもあるようなので、デラックス系のお部屋であれば子供の年齢によっては対応してもらえそうです。

ちなみにハワイでは比較的添い寝条件が緩めなので、スタンダードルームに宿泊できることも可能です。

SPGAmexのデメリット③宿泊するホテルがパターン化、ホテル代が高額になりがち。

SPGAmexを持つことにより、どうしてもSPG中心の宿泊スタイルになってしまう。SPGグループ、もしくはアカウントリンクによってゴールド会員になれるマリオット、リッツカールトンのグループでの宿泊という縛りが出てきてしまいます。

まろん
この国ではマリオットやSPGじゃなくてインターコンチネンタルに泊まってみたい!でもポイントももらえるし、上級会員だしSPGにするか…。

という感じで、自分が希望しているホテルに泊まる機会が減るかもしれない、という点はマイナスポイントですよね。

結局は自分が泊まりたいところに泊まるのが一番なのですが、やはりメリットがたくさん受けられるホテルに泊まろうかなぁと心が揺れてしまうのも確か。ええ、私のことですとも。

またこれに付随して、ホテル代が高額になる、というデメリットも出てきます。

本来であれば安いホテルで十分な地域、個人的には遊び歩いてることが多い台北なんかはそうなのですが、SPG系列のホテルを探すことで本来の予算よりも高額なホテルに泊まることになりがち。

ということも。

今までは1泊10000円程度のホテル(台北ではジャストスリープによく泊まっていました)に泊まっていたけど、台北のSPG系列ホテルは利便性も考えるとアロフト台北の5069台湾ドル。日本円で18000円程度。

SPG系列、特に低価格帯のアロフトやフォーポイントバイシェラトンなんかはお財布に優しいお値段といいつつも、それなりの値段がしますので、安宿に泊まっていた方にとってはホテル代ずいぶん上がったな…

なんて感覚になることもあるかもしれません。

 

SPGAmexのメリット①毎年無料宿泊特典がある。子供の場合は?

SPGAmexの最大のデメリット、高額な年会費。この31000円(税別)の元を取ることができる特典にSPGAmexの継続特典として毎年更新の際に無料宿泊特典券をもらうことができます(初年度はもらえません)。この無料宿泊特典券にはいくつかルールがあります。

SPGAmex無料宿泊特典ルール
  • 1泊2名1室。子供は追加ベッドがいらない・添い寝であれば人数にカウントしない。
  • カテゴリー1~6のSPG系列ホテル
  • ブラックアウトなし(繁忙期でも空席があればOK)
  • 予約はスタンダードルームのみ
  • 有効期限は1年後の翌月末(13か月間)

無料宿泊特典券における魅力はブラックアウトがない!!年末年始やクリスマス、お盆なんかのホテルがやたら高い時期も空室さえあれば無料宿泊特典を使うことができます。

使い方によっては年会費31000円(税別)の元を取るどころかプラスになることも…。

この無料宿泊券を使う、という意味で、SPGホテルのカテゴリーが大事になってきます。

日本国内SPGホテルカテゴリー一覧と狙うべきホテル

Category Hotel
2 フォーポイントバイシェラトン函館
4 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ
4 キロロトリビュートポートフォリオホテル北海道
4 シェラトン北海道キロロリゾート
4 シェラトン都ホテル大阪
4 ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス
4 ウェスティンナゴヤキャッスル
5 シェラトングランドホテル広島
5 ウェスティンホテル仙台
5 シェラトン都ホテル東京
5 ウェスティン都ホテル東京
5 ウェスティン都ホテル京都
5 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート宮崎
5 ヨコハマベイシェラトンホテル&タワーズ
5 ウェスティンホテル大阪
6 シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
6 ウェスティンルスツリゾート
6 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
6 セントレジス大阪
6 ウェスティンホテル東京

 

カテゴリーは数字が大きくなるほど高級になってくるので、元を取る、高額なホテル(失礼)に泊まる、できるだけお得に泊まりたい!ということを意識するとカテゴリー6のホテルを狙うのがお勧め。

個人的に狙っているシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

クリスマス宿泊で38000円。
これだけで年会費を取り戻せます。

 

本気で取り戻しにかかりたい場合はセントレジス大阪あたり。

年末であれば93296円!!!

夏の沖縄サンマリーナホテルとかもよさそうですよね。
ブラックアウト期間がないので、1年前に早めに予約ができればこの無料宿泊券で年会費以上の恩恵を受けることができます。

この無料宿泊券のお得な使い方はできるだけ

まろん
繁忙期(年末年始、お盆、クリスマス)にできるだけカテゴリーの高いホテルに泊まる!!!

となります。

まぁ、あまりこれにこだわらずに泊まってみたいホテルに泊まるのが良いかと思いますが。

せっかくなら普段泊まらない(泊まれない)ホテルに泊まるのが良いのかも。

無料宿泊券の場合、子供の添い寝条件に注意

SPGホテルの無料宿泊は追加のベッドが必要のないスタンダードルームに1泊、というのが基本。
ただし有料でエキストラベッドを入れて人数を増やすのはOKらしい。

うちはまだ上が5歳だから添い寝で全然いけるけど、正直中学生になったら添い寝は勘弁だな(ていうか旅行に一緒に来なくなるかな)…

問題は子供の添い寝が何歳までか、ということ。
これはホテルによってだいぶ条件が異なるのですがカテゴリー5以上のホテルの添い寝条件は以下。

添い寝
5 シェラトングランドホテル広島 12歳以下
ウェスティンホテル仙台 12歳以下
シェラトン都ホテル東京 17歳以下
ウェスティン都ホテル東京 12歳以下
ウェスティン都ホテル京都 17歳以下
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート宮崎 12歳以下
ヨコハマベイシェラトンホテル&タワーズ 12歳以下
ウェスティンホテル大阪 17歳以下
6 シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 5歳以下
ウェスティンルスツリゾート 12歳以下
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 6歳以下
セントレジス大阪 12歳以下
ウェスティンホテル東京 12歳以下

残念すぎるのはシェラトン沖縄サンマリーナリゾートと狙っているシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの5歳・6歳以下。

(名前)
10歳以下だったら普通に添い寝できるよ?

ということはやはり今年はシェラトン・グランデ・トーキョーベイか…!!
しかしディズニーランドに1㎜も興味のないわたくしがシェラトンに泊まるという。
でもせっかくだし、家族みんなで特典を共有したいし。

我慢して連れていくか…あの混雑した夢の国に…

4人家族はホテルの部屋の定員にも注意

さきほどのセクションでもちらりとお伝えしましたが、お子さんがいる家庭、特に2人以上お子さんがいらっしゃるご家庭には添い寝のほかに大事な条件がもう一つあるんです。

それは

注意
ホテルの部屋の定員

です。

これ、ややこしいんです。添い寝でエキストラベッドがいらない場合でも、どんなに小さな赤ちゃんでも、部屋の定員数には数えられる場合があるんです。

なのでスタンダードルームの定員が3名であれば、この場合は宿泊可能。

ホテル定員

こちらだと定員オーバーになる。

この定員数、ホテルだと3名であることも結構あるので、4人家族の方は要注意。
ちなみに5人家族の場合はなかなかホテルを探すのも大変になるのかも…

特にアジアのホテルは消防法の関係で、部屋の定員が3名であることもしばしば。
香港、マレーシアあたりですかね。
特に香港。4人部屋を探すのを本気で苦労しますのでご注意ください…

自分が泊まりたいホテルの定員数はチェックしておいた方がよさそうです。
またホテルによって未就学児や乳児は定員に数えない、とするホテルもあるんですよね。本気でややこしい。

最後に、添い寝での無料宿泊の場合は電話予約、ということになります。

サイトやアプリでは大人2人、子供2人で検索して出てこないホテル(大人2人、子供2人と検索すると一気にホテル数が減ります)も、実は部屋によってさまざまな条件があって、このホテルのこの部屋だけは4人でも良い、とかこのホテルは定員が二人、とか、本当にホテルによって細かいルールがあるので、他のサイトでいろいろ探すよりも直接SPGのお姉さんに相談したほうが良い結果が得られることが多いです。

SPG連絡先

プリファードゲスト 0120-92-5659

SPGゴールド    0120-92-5759

(両方フリーダイヤル)

 

SPGAmexのメリット②SPGゴールド会員資格が保有できる

SPGAmexの最大のメリットはやはりこの

SPGAmex最大メリット
SPGゴールド会員資格の保有!!!

これにつきます。

SPGには以下の会員ランクがあります。

会員資格
プリファード 会員登録
ゴールド 年間10滞在または25泊
プラチナ 年間25滞在または50泊

 

上の表にあるようにSPGのゴールド会員になるには、通常1年間で「滞在回数が10回」または「宿泊日数が25泊」に達した会員、という条件があります。この滞在回数というのは宿泊日数とは異なり、少しややこしいのですがチェックインからチェックアウトまでを1滞在、とカウントします。

なので例えば

10月15日~16日にシェラトングランデトーキョーベイホテル に1泊
10月15日~17日にシェラトングランデトーキョーベイホテル に2泊

のどちらも1滞在になります。

陸マイラーの第二ステップか、流行りか、最近はホテル修行もちらほらと見受けられるようになりましたが、このホテル修行において滞在数を稼ぐ、というのが非常に重要になってきます。

なので滞在数を稼ぐという意味では
先ほどの例だと

滞在数のカウント
10月15日~16日 シェラトングランデトーキョーベイ に1泊(1滞在)
10月16日~17日 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ に1泊(1滞在)

 

これだと2滞在にカウントできると。

このさらに後ろ(10月17日~18日)に再度シェラトングランデトーキョーベイに1泊するとさらにもう1滞在増やすことができます。チェックアウトから次のチェックインまでが24時間以内は連泊とみなされるようなので、そこは注意。

AM10時にチェックアウトをして他ホテルにチェックインして宿泊。翌日再度シェラトンにチェックインをするのがAM11時以降であればOKということですね。

まろん
ホテル修行に関しては私の場合、さすがにお金も時間も、SPGゴールドで十分すぎるということもあるのでやりませんが…。

と、前置きが長くなりましたが、
これらの滞在数・宿泊日数をクリアしなくても、SPGAmexを発行するだけでこのSPGゴールド会員資格を得られるんです。
31000円(税込)で。

年会費を払い続ければゴールド会員資格は保有できるので、これだけでも絶大なメリットだと言えます。

部屋の無料アップグレードがある

SPGゴールド会員だと空室がある場合、部屋の無料アップグレードが特典としてついてきます。
スタンダードルーム予約で、実際の宿泊時にはコーナールームだったり、高層階だったりのアサインがされます。

実は私は今年4月の韓国旅行の時のアロフト明洞しかSPGホテルを使っておらず、しかもその1回もアップグレードなし、という結果に終わったので、それ以来SPGを使っていないんですが…

まろん
低価格ホテルのアロフトじゃダメなの?混んでいるようには見えなかったけど…

ツイッター界隈ではこんな部屋にアップグレードされた!!なんて素敵な報告がわんさか上がっていたので、少なからずアップグレードはされるようです。

まぁ、無料なのであくまで空室があるときですし、あまり期待しすぎないことも大事だと思いますが。

レイトチェックアウト

午後4時までのレイトチェックアウト(リゾートは部屋の混雑度により不可)も特典としてついてきます。
ちなみにアップグレードは否決された笑アロフト明洞ですが、レイトチェックアウトは14時までOKでした。

実はこのレイトチェックアウト、帰りの便が夕方便だったり、午後便だったりする場合はとってもありがたい特典。
本来だったら10時や11時にチェックアウトをしなければいけないので、観光をする場合は荷物をまとめて、ホテルのコンシェルジェにお願いしてスーツケースを保管してもらう必要があります。

でも16時チェックアウトであれば荷物をホテルに置きながら観光に行ったり、戻ってきてひと眠りする、なんてことも可能。

お昼寝

ひと眠り?
と思うかもしれませんが、まだ2歳未満の怪獣がいる我が家。
いくら怪獣とは言え、お昼寝がとっても大事なので、こういったレイトチェックアウトはちびの休息を取る意味でもありがたい。

小さな身体とは言え、ベビーカーの中よりもお布団の中で眠ったほうが疲れは取れるに決まってますから。

ウェルカムギフト

到着時に250ボーナススターポイントか、客室内での無料のプレミアムインターネットアクセス、またはウェルカムドリンクが選べます。
これはもうスターポイントを選ぶしかないと思います。ウェルカムドリンクとかね…水飲めばいいし(え

またプリファード会員であればSPGホテルの宿泊での支払いは1米ドルあたり2スターポイントですが、ゴールド会員の場合は1米ドルあたり3スターポイントがもらえます。

 

SPGAmexのメリット③マリオット、リッツカールトンのゴールド会員資格も保有できる

実はSPGAmexのメリットはこっちがすごいんじゃないかと個人的に思っているのですが、SPGグループは2016年に米・マリオットに買収されました。

そのためSPGゴールドを保有するとマリオット、ザ・リッツカールトンのアカウントとリンクさせるとマリオット、リッツカールトンでもゴールド会員にもなることができるんです。

これ、本気ですごいんですよ…。
クレジットカードを発行すれば、SPGだけじゃなく、あのマリオット、リッツカールトンでもゴールド会員。

そして、SPGAmexで得られるスターポイントはマリオット、リッツカールトンとのポイントとも交換でき、しかも高優遇のレートのためすごくお得にマリオット、リッツカールトンに泊まることができます。

注意したいのはこのマリオット、リッツカールトン系列は先ほどのメリット①で伝えた無料宿泊券の対象にはなりません
無料宿泊券はあくまでSPG系列のみが対象。

ただし、SPGAmexでのクレジット決済によって貯まったスターポイントを移行することでマリオット・リッツカールトンにポイント宿泊することは可能です。

SPGのサイトからアカウントリンクをさせるだけでマリオット、リッツカールトンのゴールド会員になることができます。
これ、絶対にお得なのでぜひアカウントリンクさせてくださいね。

マリオットゴールド会員の特典

マリオットゴールドエリート
  • レイトチェックアウト保証(16時まで。ただしリゾート・コンベンションでは不可能なこともあり)
  • 無料の客室アップグレード
  • 無料の客室内高速インターネット
  • 追加ボーナスポイント25%
  • クラブラウンジの利用。同伴者1名まで無料
  • 2名分の朝食

ザ・リッツカールトン ゴールド会員の特典

ザ・リッツカールトン ゴールドメンバーシップ
  • レイトチェックアウト保証(16時まで)
  • 無料の客室アップグレード
  • 無料の客室内高速インターネット
  • ボーナスポイント25%
  • エリート会員予約用パーソナルフリーダイヤル
  • ゲストサービス専用電話

SPGゴールドプリファード、マリオット、ザ・リッツカールトン。
この3つのホテルにおいてのゴールド会員での特典はおおむね似ているのですが、実はお得さでいうとマリオットが一番お得。

注意
マリオットだけは2名分の朝食とクラブラウンジアクセス権 があります。

2名分の朝食とラウンジアクセスはSPGの場合、プラチナになる必要があるんです。
マリオットの場合ゴールドエリートに付与されるこの2名分の朝食とクラブラウンジ。

本来、マリオットとザ・リッツカールトンのゴールド資格は50泊必要なんですよね…SPGでいえばプラチナと同じ宿泊数です。

なので
SPGゴールドは本来、マリオットだとゴールドではなくシルバーエリートが本来のステイタスと思われるのですが、これは合併のよってSPGの顧客を優遇させているのかなぁ?と思います。

おそらく来年の統合の時にはこの辺は変更が来ると思われ、そのために今マリオットのプラチナチャレンジに向かっている人も多数いらっしゃるわけですね。

ま、お酒を飲まない&朝食会場でまったり食べられない(ためその辺でパンを買ってホテルの部屋で食べるほうが都合がいい)まろん宅にとってはゴールドで十分なんですね。

…でもせっかくなので変更になるまではマリオットを使いまくろうと思っています笑。

 日本国内のマリオット、ザ・リッツカールトン一覧

マリオット、リッツカールトン…今まで縁がなかったので、どこにどれだけあるのかわかりません…という私のような方もいるかもしれませんのでこちらに。
定員条件に関してはのちのち追記しようと思います。

こちらの定員はポイント宿泊をする、という意味でのスタンダードルームにおける定員という定義にしています。
(おおよそどのホテルもスイート系、コーナーデラックス等のランクになると定員は増えますので…)

マリオットホテル一覧
カテゴリー ホテル名 添い寝 定員
7 コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 小学生以下
6 コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション 6歳以下
7 モクシー東京錦糸町
8 ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフコレクション 未就学児
8 東京マリオットホテル 12歳以下 4人
7 軽井沢マリオットホテル 未就学児 3名
6 名古屋マリオットアソシアホテル 12歳未満 3名
7 オキナワマリオットリゾート&スパ 未就学児 4名あり
8 ルネッサンス・オキナワ・リゾート 2歳以下 未就学児以下は定員に数えない
7 ルネッサンス・リゾート・ナルト 0~2歳 未就学児以下は定員に数えない
7 南紀白浜マリオットホテル 未就学児
6 コートヤード新大阪ステーション 未就学児
8 大阪マリオット都ホテル 12歳未満
6 モクシー大阪本町
7 琵琶湖マリオットホテル 未就学児
7 伊豆マリオットホテル・修善寺 未就学児 4名
7 富士マリオット・ホテル山中湖 小学生以下
ザ・リッツカールトン一覧
5 ザ・リッツカールトン東京 小学生以下
3 ザ・リッツカールトン大阪
4 ザ・リッツカールトン沖縄 小学生以下
5 ザ・リッツカールトン京都

※ザ・リッツカールトンはカテゴリーではなくTier(ティア)。

ザ・リッツカールトンはさすがというか…4つしかないですね。うーん、高級感。
ザ・リッツカールトンに宿泊するならサウジアラビア・リヤド。
リッツカールトン
映画とかで見たことのあるような世界…。

日本で、ポイントを使って宿泊することを考えると一番手が届くのはザ・リッツカールトン大阪でしょうか。

リッツカールトン大阪

入り口だけでセレブ。

…正直、ザ・リッツカールトンに子連れで行きたいかと言われるとだいぶ肩身が狭くなりそうなので、私自身は引き腰ですが、ご夫婦二人の結婚記念日とかにでもよさそうですよね。

なかなか泊まれるようなホテルじゃないですし。
これ、後述しますが、ザ・リッツカールトン大阪の場合、リワードポイント50000ポイントで1泊なので、SPGのスターポイントなら16700ポイントあれば宿泊可能。

SPGAmexのメリット④その他ホテルグループ(ヒルトンなど)のゴールド会員も保有できる

いわゆるステータスマッチ、というやつです。
有名ホテルチェーンは世界中見ると

外資系ホテル

Marriott(マリオット、ルネッサンス、リッツカールトン等)
SPG(シェラトン、セントレジス等)
Hilton(ヒルトン、コンラッド等)
IHG(インターコンチネンタル、ホリディイン等)
Accor(メルキュール、プルマン等)
Hyatt(ハイアットリージェンシー等)

もっともっとあるのですが、代表的なものはこちら。
それぞれのグループで会員制のプログラムを設けていて、会員は優遇されます。

SPG、マリオットでゴールド会員の場合、他のプログラムに「私マリオットでゴールドなんですけど、お宅のホテルでもゴールド会員いただけません?」という申し込みをするのがステータスマッチ。

ヒルトンは結構ステータスマッチに対しておおらかで、キャンペーンもよくやっているので、SPGからヒルトンへステータスマッチをしてヒルトンのゴールド会員(場合によってダイヤモンド)を満喫している方も多いです。

2017年11月現在の条件は…

最初の付与資格がゴールドの場合は90日以内で4滞在。
ダイヤモンドの場合は90日以内で8滞在でダイヤ継続、4滞在の場合はゴールド。

が2019年3月まで付与されます。

IHG、Accorに関してはステイタスマッチは受け付けていない様子。
ただし、IHGはインターコンチネンタルの上級会員のアンバサダーに有料(初年度200ドル)で加入可能、またAccorはイビスのビジネスカード(90ユーロ/年)でゴールド会員になれるよう。

Hyattはゴールドパスポート宛にメールをしたら受け付けてもらえた、という話も。
そのほかのホテルでもダメ元でステータスマッチを申請してみたら以外と受け入れてくれるかもしれません。

というのはホテルでの会員になるような人なら自分の系列でのホテルを継続して使ってくれる見込みが高く、またJTBやExpediaを介さずに直接公式サイトから申し込んでくれる可能性も高い。

ホテルにとっても上客になり得るんですよね。

まろん
私もヒルトンは近いうちにステータスマッチをしてみたいと思っています!

またホテルだけではなくエアライン系でもステータスマッチは可能。
JALのJGCをもって、同じスターアライアンスのユナイテッドに申し込んだり、スカイチームのどこかに申し込んだり。

せっかくなので、ステータスマッチをうまく利用しながらSPGAmexを最大限活用したいものです。

 

SPGAmexのメリット⑥史上最強ポイント、スターポイント。

SPGAmexを決済カードとして使うと得られるポイント、スターポイント。
100円で1スターポイントなので、還元率としては1%。

還元率としては普通のカード。
でも違うんです。

このスターポイント、陸マイラーにとって、史上最強に使い勝手の良いポイントなんです。

スターポイントは実質無期限のポイント

SPGAmexで決済をする、SPG系列でのホテル宿泊をする、Uberに乗る(残念ですが12月で終了)…これらのことで溜まるスターポイント。

スターポイントはスターポイントの獲得・交換(ホテル宿泊や決済)が12か月間ないと、休眠口座とみなされ、スターポイントを失効します。
逆に言うと、毎月決済をしていればスターポイントは無期限になります。

このページを見るような方でしたらSPGAmexをメインカードとしてガンガン使っていくことでしょうし、1年間決済をしない。なんてことはないでしょうから実質有効期限は無期限、と捉えましょう。

32の航空会社のマイルに100円=1.25マイルで交換可能。

スターポイントは主要提携航空会社のマイレージプログラムにスターポイントをマイルとして移行することができます。その場合、1回の手続きで20000スターポイントを移行すると、5000スターポイントがボーナスポイントとしてもらうことができます。

なので絶対にマイレージに移行するなら20000スターポイント以上。

主要提携航空会社は以下。

移行比率
エアカナダ航空 1:1
ニュージーランド航空 65:1
ANA 1:1
アメリカン航空 1:1
アジアマイル(キャセイ) 1:1
アシアナ航空 1:1
BA 1:1
デルタ航空 1:1
エミレーツ航空 1:1
エティハド航空 1:1
エールフランス 1:1
ハワイアン航空 1:1
JAL 1:1
イベリア航空 1:1
大韓航空 1:1
カタール航空 1:1
シンガポール航空 1:1
タイ国際航空 1:1
ユナイテッド航空 2:1
ヴァージンアトランティック 1:1
エーゲ航空 1:1
アエロメヒコ 1:1
中国国際航空 1:1
アラスカ航空 1:1
中国東方航空 1:1
中国南方航空 1:1
ヴァージンアトランティック 1:1
ヴァージンオーストラリア 1:1
サウジアラビア航空 1:1
ラタム航空 1:1.5
海南航空 1:1
アヴィアンカ航空 1:1
ゴル航空 2:1
ルフトハンザ航空 1:1

ピンクの背景はお勧めできない交換先。ニュージーランド航空は1:65という割の合わなさ。
ANAはANAVISAワイドゴールドカード自体の決済での還元率が1.5~1.7%程度で、こちらの方が交換率が良い。

対してJALはJALカード自体よりもSPGAmexの方がマイル還元率が良いのが特徴。
青の背景は移行先として個人的なお勧め。
日本からだと比較的使いやすいかなと思う航空会社とか、マイルでのお得さとか。

ユナイテッド航空マイレージプラスに関しては直接スターポイントをマイレージプラスに振るより、スターポイント➡マリオットリワードポイント➡マイレージプラス、と経由させた方がマイル移行率がお得になります。

そのほかではBAが移行先としては使いやすいでしょうか。
JAL国内線650マイル以内であれば片道4500マイルで、かなりお得です。

変更も可能、当日まで空席があれば予約可能と使い勝手の良いプログラムです。

国内線を考慮すると

JAL国内線が使えるBAエクゼクティブクラブ
ANA国内線が使えるユナイテッド航空マイレージプラス

もしくはJAL

という選択肢になるでしょうか。

先ほど伝えたほうに、スターポイントをマイレージに移行する場合、20000ポイントごとに5000スターポイントがボーナスポイントとして付与されます。

なので

スターポイント

100円=1スターポイント=1.25マイル

という還元率。

マイルの価値は使い方によってどんどん上乗せできるので…
100円で1.25マイル、というのは陸マイラーにとって、SPGAmexは決済カードとしては断トツの還元率を誇るわけです。

スターポイントを使ってポイント宿泊をする条件

スターポイントはポイントでの宿泊が可能。
SPGはホテルによってカテゴリー分けされているのですが、そのカテゴリーごとに必要ポイントが異なります。

カテゴリー 平日ポイント数 週末ポイント数
1 3000 2000
2 4000 3000
3 7000 7000
4 10000 10000
5 12000~16000 12000~16000
6 20000~25000 20000~25000
7 30000~35000 30000~35000

こちらはポイントでの宿泊になるためカテゴリー関係なく宿泊可能。
スタンダードルームはブラックアウトなし。

またスタンダードルーム以外でもホテル既定のポイントを支払えば宿泊可能なので、例えば私が冒頭にあげたシェラトン香港ホテル&タワーズ。

ちなみに、ちなみになんですが、デラックスコーナーにスターポイントで宿泊する場合はどのくらいのポイントが…と聞くと、「45000スターポイントになります(笑顔)」と言われました。

なかなかのポイント数です。

まぁ、お正月のハイシーズンですから仕方ないのかも。

SPGのカテゴリーは冒頭に書いたのですが、私が狙っているシェラトン・グランデ・トーキョーベイは25000スターポイント。
クリスマス宿泊で38000円。

まろん
1スターポイント=1.52円…もう少しほしいところ…

ゴールデンウィークのシェラトン沖縄サンマリーナリゾート。

25000スターポイントで67146円。
1スターポイント=2.68円

このくらいが妥当でしょうか。
繁忙期を狙えば狙うほどスターポイントの価値はあがりますが、各個人の旅行のしやすい時期もあるので、スターポイントの価値を上げることだけに必死にならずに良い時期に使うのがベスト。

スターポイントと現金のあいの子、ポイント&キャッシュ

スターポイントはポイント&キャッシュといって、スターポイントと足りない分は現金で補うことも可能。
どんなときに使うかというと、ポイントがちょっと足りない!という場合。

カテゴリー スタンダード アップグレード スイート
1 1500+30ドル 2000~2250+50~60ドル 3000+75ドル
2 2000+35ドル 2500~2750+55~65ドル 4000+95ドル
3 3500+55ドル 4000~4250+75~85ドル 7000+125ドル
4 5000+75ドル 5500~5750+95~105ドル 10000+175ドル
5 6000+110ドル 6750~7250+135~150ドル 12000+275ドル
6 10000+180ドル 10750~11250+210~230ドル 20000+400ドル
7 15000+275ドル 15750~16250+290~315ドル 30000+625ドル

注意したいのはポイント&キャッシュにはブラックアウトがあるということ。
例えば年末年始や旧正月など、ホテルによってポイント&キャッシュでは宿泊できない日が設定されています。

またSPGのサイトからだとスタンダードルームでの表示しかされません。
もしアップグレードの部屋やスイートなどを希望する場合は直接SPGデスクに電話をかけて、問い合わせをする必要があります。

キャッシュは米ドルなので、円高の局面だとお得になることが多いので、頭の片隅にいれておきましょう。

 

スターポイントからマリオットリワードポイントへ。

スターポイントはマリオットリワードポイントへ移行することができます。
この移行率、1:3!!

10000スターポイントに対し、30000マリオットリワードポイントになるんですね。

これ、すごいお得なんです…
なので、近いうちに改悪されると思うのですが、なぜか現在は優遇されているこの移行率。

リワードポイント

マリオットのカテゴリーのポイント宿泊数はこちら。

カテゴリー ポイント スターP ポイント&キャッシュ
1 7500 2500 3000+45ドル
2 10000 4000 5000+50ドル
3 15000 5000 8000+55ドル
4 20000 7000 11000+60ドル
5 25000 9000 14000+65ドル
6 30000 10000 17500+75ドル
7 35000 12000 21000+90ドル
8 40000 14000 24500+145ドル
9 45000 15000 28000+220ドル

こちらはリッツカールトン。リッツカールトンのカテゴリーはティア。
5段階にしか分かれていません。

ティア ポイント  スターP  ポイント&キャッシュ 
1 30000 10000 15000+15ドル
2 40000 14000 20500+145ドル
3 50000 17000 26000+170ドル
4 60000 20000 32000+260ドル
5 70000 24000 38000+335ドル

表にあるスターポイントはスターポイントからマリオットリワードポイントに移行する場合の最低必要なスターポイントを載せています。
1000ごとの交換になるので、端数は繰り上げ。

東京マリオット、ゴールデンウィークはこちら。

東京マリオット

40000リワードポイント=14000スターポイントがあれば良い。
28823円なので、1スターポイント=2円。

こちらはワイキキのマリオット。

ワイキキ

14000スターポイントあればOK。
269USD=30000円くらいですかね。

1スターポイント=2.1円。まずまず。

こちらはザ・リッツカールトン東京。

リッツカールトン

さすがの貫禄。
70000リワードポイント=24000スターポイント。
72250円なので、1スターポイントは3円。

ザ・リッツカールトン東京はクリスマスイブ宿泊とかをすると90000近くになるので、もう少しスターポイントの価値をあげられます。国内にこだわらず、海外に目を向ければもっともっと高いホテルもたくさんあります。

SPGでスターポイントを使うよりもリワードポイントに変えて、マリオット、ザ・リッツカールトンでポイントを使った方が簡単にスターポイントの価値をあげられます

まろん
最終的には利便性だったり、自分の好みだったりも加味されるのですが、この価値自体を自分自身で多様に変えられる、使い方の工夫しだいでとてつもなくお得になる、というのがスターポイントが史上最強な理由です。

スターポイントで無料宿泊5日目が無料。

スターポイントでの宿泊を4連泊した場合、5泊めは無料になります。
カテゴリー1,2のホテル以外ですが。

4泊なので、カテゴリー的には4~5あたりがねらい目。
4泊で40000~50000ポイント程度であればコツコツ貯めれば溜まっていくはず。

シェラトンコナリゾートとか。
もしくはアジアのリゾートあたり、ベトナム、タイであれば1泊7000スターポイントのホテルもあるので、28000ポイントあれば5拍めが無料。

スターポイントは貯めて一気にドカッと使う方がお得、ということですね。

例えばシェラトンプリンセスカイウラニ。

12000スターポイント×4日=48000スターポイントで5連泊できます。
171ドル×5(土日加味していないので多少変動あるかも)=855 1ドル110円計算で94050円。1スターポイント2円くらい。

私が泊まりたいシェラトン・マウイ・リゾート&スパ。
25000スターポイント…100000スターポイントですね…。
なかなか鼻血のでそうなポイント数です。

351ドル×5=1755ドル。193050円。スターポイントの価値的には2円前後。

ザ・リッツカールトンやSPGでもセントレジスなどの高級系のホテルを狙えばスターポイント3~5円程度まで価値をあげることができますが、普通の使い方だと2円前後、と思っておいて良さそう。

スターポイントは購入も可能。購入のタイミングはセールを狙え!

スターポイントは1アカウントで1年で最大30000ポイントまで購入することができます。
通常はそこまでおいしいわけではない(ポイント単価的に)のですが、年に何回かのセールをしているので、そのときは購入を検討しても良いかもしれません。

今は1円=110円程度なので積極的にバイマイルやバイポイントをしなくても良い時期なのですが、スターポイントやBAのAvios、ユナイテッド航空のマイルなんかは米ドル建てなので、円高の局面だとだいぶマイル・ポイント単価を抑えて購入することができます。

通常17.50米ドル=500スターポイントが購入可能。
今現在の1円=110円で計算をすると1スターポイント=3.85円なのでこれを買って、3.85円以上の価値にするのは正直厳しい。

狙うのは年に何回かやっているセールでしょうか。
人により割引率が異なるようですが、20000ポイント以上で25%割引~30%割引程度のセールが多いようです。

例えば
20000ポイントを30%割引で購入すると

通常700ドルが490ドル。
1ドル110円だと1スターポイント=2.69円。 まぁ、そんなに買うほどでもないんですが…
1ドル80円だと1スターポイント=1.96円。

一気にお得感が増します。
スターポイントからマイルへ移行するのも時期によって35%程度のボーナスアップを開催していたりするので、そういったときに移行すればまた少しお得になります。

例えばBAが35%UPをやっていたとして…

20000ポイント(490ドル×110円=53900円)+5000ボーナスポイント➡BA 25000Avios+8750Avios(BonusUP)
53900円で33750Avios(BAではマイルの単位をAviosとしています)
1Avios=1.59円。

これならだいぶお得度が出てきますよね。
通常マイル単価は1マイル=2円程度が目安なので、2円を切るようであればマイルとして購入はあり、ということになります。

1ドル=80円だと1マイル=1.16円なので、さらにお得になります。

スターポイントをマイルにするのかホテルポイントとして使うのかはとっても難しいところですけどね…

SPGAmexのメリット⑥SPG系列ホテルのレストラン・バーが15%OFF

SPGのメリットとしてはSPG直営のレストラン・バーが15%OFF!
アルコール系は対象外。
SPGHotel

ホテルに泊まって食事もホテルで…なんてとっても優雅ですよね。

 

SPGAmexのメリット⑦アメックスカードとしての特典もある

SPGAmexはアメリカン・エキスプレスカード。
アメックスと言えば旅行に強い、手厚い、といったイメージ。

SPGAmexはアメックスカードとしてもメリットを多く持っているんです。

空港ラウンジ

日本国内、ハワイホノルル、韓国仁川国際空港で空港ラウンジを使用できます。同伴者1名も無料。この同伴者無料って実はアメックスの特徴。
成田空港に関しては空港ラウンジがあるのが制限区域外なので、正直非常に使いにくいのですが、羽田空港は比較的使いやすい場所にカードラウンジが設置されています。

やや混雑しているのが難点ですが、SFC修行中でステイタスがなかったりするときには便利。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行からの帰国時に空港から自宅までカード会員1名につきスーツケースを1個、無料で配送してくれます。
※成田空港、中部国際空港、関西国際空港

まろん
私も夏のハワイ旅行のときに配送手配をお願いしましたが、とっても便利でした!!
申し込みカウンター
  • 成田国際空港 第一ターミナル:JALABCカウンター 北・南1階(到着階)
    6:00~最終便
  • 成田国際空港 第二ターミナル:JALABCカウンター 本館1階(到着階)6:00~最終便
  • 中部国際空港 宅配手荷物カウンターJALABC 2階(到着階)7:00~最終便
  • 関西国際空港 JALABCカウンター1階南側(到着階)6:15~22:30

私が使ったのは成田の第二ターミナルのJALABCカウンター。税関を出て、左に向かうとあります。
旦那もセゾンアメックスを持っているので、2つスーツケースを預け、身軽になったので(とはいえベビーカーに眠くて機嫌の悪い子供がいたのですが)、だいぶ助かりました。

日本に到着したのが夜の20時でしたが、翌日の午前中には荷物を届けてくれました。

空港クロークサービス

乗り継ぎ便の待ち時間等に対象空港の手荷物預かり所にてカード会員1名につき荷物を二個まで無料で預かってくれます。

対象はセントレアのみ

中部国際空港 手荷物サービスカウンター 3階(出発階)
宅配手荷物カウンター   2階(到着階)

海外の強い味方:オーバーシーズアシスト

海外の旅先から日本語で電話ができます。
レストランの予約、医療機関の紹介等緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から24時間通話無料で連絡することができます。

これもとってもありがたいシステムですよね…
OpenTableがあるといってもやはり直接日本語で予約を入れてもらった方が心強いし、安心感があります。

また私のような小さな子供を連れての海外旅行での子供の熱や病気にも24時間対応してもらえるのは実はすごくありがたい。

注意が必要なのは日本国内では使用できない、ということ。
なのでもし日本にいるときにハワイのレストランを予約したい。と思ってもオーバーシーズアシストは使えません。

あくまで自分が海外にいるとき。
だからオーバーシーズ(Over Seas)アシスト、なんですけどね。

オーバーシーズアシスト地域別担当センター

アメリカ合衆国・カナダ      1-808-866-8630
※中南米、カリブ諸島       1-804-673-1669
フランス             0800-90-86-29
ドイツ              0800-181-0740
イギリス             0800-824-482
スペイン             900-90-4446
イタリア             800-871-972
スイス              0800-55-47-02
上記以外のヨーロッパ・旧ソ連・アフリカ・中近東 44-20-8840-6462
オーストラリア          1800-553-154
ニュージーランド         0800-44-9347
香港               800-96-3012
シンガポール           1800-55-1561
韓国               00798-651-7031
台湾               00801-65-1168
上記以外のアジア・オセアニア   65-6535-1561

海外旅行傷害保険

もちろん、アメックスなので、海外旅行保険は手厚くなっています。が、年会費の割には実は傷害・疾病補償に関してはごく普通。

航空券やツアー代金をSPGAmexで支払いをした場合は
傷害死亡後遺傷害保険が最高1億(家族1000万)、傷害・疾病治療費保険が300万円(家族200万)。

航空券、ツアー決済をしなかった場合は
傷害死亡保険が最高5000万(家族1000万)、傷害・疾病治療保険が200万(家族200万)

ちなみにここでいう家族、というのはカード会員の配偶者、カード会員と生計を共にする子供・両親などの親族を指します。
SPGAmexの家族カード会員、という意味ではありませんのでご注意ください。

300万くらいの補償だと年会費10000円前後のカードと同じくらいの補償内容なのですが、そのほかのメリットがすばらしいからこれは仕方ないでしょうかね。

航空便遅延費用補償

カード会員が海外にでかけた際に航空便の遅延によって発生した臨時出費(宿泊や食事代)を補償。
また手荷物の到着遅延や紛失により負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償。

乗り継ぎ遅延や欠航があった際は最高20000円を限度に補償がついてきます。ただし、4時間という時間が条件。

まろん
4時間遅延したことは…2年前の11月に帰省したときにドカ雪に見舞われ、空港に5時間缶詰になった記憶が新しいですなぁ…

また受託荷物が6時間以内に届かなかった場合は20000円、48時間以内に届かなかった場合は40000円の補償が受けられます。
ただし、補償の適用は一定の条件があります

多彩なプロテクション。日常生活でも安心してカード利用ができる

そのほか

  • 急な出張・入院によるカードでの購入済みの旅行のキャンセル費用を補償してくれるキャンセル・プロテクション
  • 第三者による不正利用と判明した場合の補償、オンラインプロテクション
  • カードで購入した商品の返品を万が一購入店が受け付けなかった場合、購入日から90日以内から1商品最高3万円額まで(1会員15万相当/年)補償してくれるリターン・プロテクション。
  • 国内、海外問わずカードで購入したほとんどの商品の破損・盗難などの損害を購入日から90日間、1名につき150万/年まで補償してくれるショッピングプロテクション。

これらのプロテクションがついているので、安心してカード利用をすることができます。

SPGAmexメリットまとめ

ということで、長くなってしまいましたがSPGのメリットまとめ。

SPGAmexメリットまとめ
  • 発行するだけでSPGゴールド会員資格を保有
  • マリオット・ザ・リッツカールトンのゴールド会員資格も保有
  • 毎年無料宿泊券がもらえる(2年目以降)
  • スターポイントの多様性
    ①100円=1.25マイルの高還元率と移行先の豊富さ
    ②ホテル宿泊もできる
  • アメックスカードとしての各種特典

自分で書きながらなかなかのメリットの多さだな…と思ったり。
半分くらいしか使いこなせていません

SPGAmexの発行キャンペーンはどれがお得?

最後に、年会費が31000円というプレッシャーのあるSPGAmexをできるだけお得に発行する方法について。

ポイントサイトでの入会はあまり高額ではない

以前、それこそ私がハピタスに入って半年くらいだったころはポイントサイトでもSPGAmexの発行が高額なことがあったのです。17000Pとか。結構すごいですよね。
でも今は軒並み2000円程度。
モッピーやハピタスで2000円なので、ポイントサイトでのSPGAmexの発行は全然お得じゃありません。却下。

アメックスの自己紹介

アメリカンエキスプレスのプロパーカードを所有している人ならこの方法が一番お得。
アメックスは自己紹介が認められています。
SPGアメックスのデスクに電話をして「アメリカンエキスプレスカードを所有しているので自己紹介をしたい」と伝えればOKです。
このときSPGアメックスのデスクに電話をしなければ自己紹介、セルフバックはやっていない、と言われることがあるのでご注意ください。

私は最初アメックスゴールドを所有していたので、そこに電話をして聞いてみたら「そういったことはやっていないと思いますが…」と言われました。

また注意してもらいたいのは電話をする前にSPGの会員になっておくこと
SPGAmexを発行するためにSPGの会員番号と連携させる必要があるので、先にSPGのプリファードゲスト(一般会員)の登録をして番号を控えた状態で電話をしましょう。

紹介分の10000ポイントが自分のプロパーのアメックスカードに後日付与されます。
またSPGAmex本体の3か月以内に10万円以上利用で10000スターポイント+7000スターポイント(紹介特典)も適用されます。

アメックスを知り合いから紹介してもらう

アメックスのプロパーも持っていないよ~という方はSPGAmexを所有している友人や知り合いから紹介してもらうのが一番お得にSPGAmexが手に入れられます。

現在SPGAmexでは入会して3か月以内に10万円以上利用すると10000スターポイントを付与しているのですが、紹介、といった形で発行するとさらに7000スターポイントが上乗せされ。17000スターポイントを得ることができます。

SPGAmexは知り合いからの紹介が一番
ポイントサイトで2000円 ➡ 2000ポイント+10000スターポイント(3か月以内10万以上利用)
誰かからの紹介 ➡ 10000スターポイント+7000スターポイント(3か月以内10万円以上利用

17000スターポイントがあればカテゴリー5あたりのホテルにポイント宿泊をすることが可能。
また2018年1月末まで、抽選で30名にさらに13000スターポイントが付与されるキャンペーンをやっています。

少し頑張って決済ポイントを足せば、20000スターポイント+5000ボーナスポイントになって25000マイルになる。

もしくはマリオットリワードポイントに変えて、45000リワードポイントにすればマリオットのカテゴリー9のホテルに泊まることも可能です。

あっという間に年会費を取り戻すことができるので、ぜひ、紹介でSPGAmexを手に入れてくださいね。

もし、知り合いがいない、まろんからで構わない、という方がいたら私までご連絡をくださいませ。
名前等は一切必要ありません、私からの紹介メールのURLを送らせていただきます。

まろんに問い合わせ

 

ということでSPGAmexについてでした!
あなたにも素敵なSPGLifeを送れますように。

ベストレート、ユナイテッドマイルについても追記予定。

ではでは。

陸でマイルを貯めて、SPGAmexでホテルポイントを貯めて、楽しく素敵に旅をしませんか??

【JALマイルを貯める】家族でハワイに行くにはJALマイルが鉄板!!効率良くJALマイルを貯める方法とは。

2017.09.13

【ANAマイルを貯める】マママイラーが1年で40万マイルを貯めた方法を解説・紹介します。~家族旅行が変わる。世界が変わる。ママでもできる陸マイル生活~

2017.09.04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA