山梨・勝沼でお勧めのほうとう屋さんはいしはらで決まり!

スポンサードリンク



f:id:springmaron52:20160816121903j:plain

今回はほうとうについて。
陸マイラー的には特に美味しくない記事なのですが、家族で山梨に行くような方の参考にはなるかな~と思ったので、私が行ったことのあるほうとう屋さん・2か所について書いていきたいと思います。

山梨・勝沼のほうとう料理はどこがお勧めなのか。

ほうとうは山梨の郷土料理

皆さんはほうとうって食べます?男性は好きじゃない方もいるのかな…。女子は好きなんじゃないかな~と思うのですが、要はうどんです笑。

小麦粉を練り、ざっくりときっと麺を、野菜とともに味噌仕立ての汁で煮込んだ料理の一種である By Wikipedia

うどんより手打ち感があって、もっちりした麺って感じですね。お子さんには細かく切ってあげる必要がありそうです。

  • 皆来

山梨で有名なほうとうやさんといえば皆来。古民家で、自家製のお味噌を使っているこだわりのほうとうやさん。勝沼のほうとうはやっぱり皆来!という声が多いようです。ようです、というのは私自身は皆来に行ったことがないからです。

こちらのお店はうどんもほうとうもあるみたいなので、お子さんとかはうどんも頼めるしいいかもしれません。待つ覚悟があればですけども。やはり混んでいるようなので週末は60~120分待ちもあるようですよ。あとはクーラーがないという噂も…

山梨、特に勝沼あたりは桃・ブドウ狩が有名なので、主に混むのは夏が多いでしょうし、夏~秋の時期だとクーラーがないと泣きたくなるかもしれません。

ダイエットしたい方はこちらへGo!

minaki.jp

  • 一味屋

一味屋には2度行ったことあり。

一味家

いちみや、ではなくかずみや、と読みます。旦那と二人でまだ子供がいないときに山梨にブドウ狩りに行ったときにブドウの丘かどっかでパンフレットをみて、適当によりました。確か3連休だったと思うんですが、そのせいですっごく混んでましたね~。

こちらも前は古民家のような古い畳のお部屋にずら~っとテーブルが置いてあったのですが、現在は改装して小上がりのスペースと椅子のスペースがある、こぎれいなお店に変わってしまいました。

個人的には古民家だったときの一味屋さんのほうが好きでしたね~。

こちらのほうとうはそれなりにボリュームがあって、自家製味噌で優しいお味なのですが、さらに自家製の辛みそ、というのがあってそれを入れて食べるととってもおいしいです。辛いのが好きな人はおすすめですよ。逆に言うと、辛くないほうとうを食べたい方は一味屋さんじゃなくても良いような笑。

麺は子供でも食べやすいどちらかというとうどんに近いタイプのほうとうだと思います。

  • いしはら

今回行ったのはほうとう処いしはらさん、というところです。いしはらさんは勝沼ICから降りてちょっと車を進めたところの左側に青く「いしはら」という看板があって、その信号を右折したところにあります。

直接サイトをお持ちではないので、食べログのページを張っておきますね。

tabelog.com

こちらはブログ用に写真を撮っておいたのですが、こんな感じで雰囲気のある古民家になっています。

f:id:springmaron52:20160816121520j:plain

入口は付近は蚊取り線香の香り。

入るとしずかな和室が広がります。縁側とか懐かしいな~昔の家の作りって素敵だな~と改めて感じました。

f:id:springmaron52:20160816122245j:plain

ちょっと脱線なのですが、我が家は昭和53年の古い家を全面リノベーションした家なんですよ。リノベをしようと思って古い家を探しているときに、昔の家の素敵さに目覚めたんですよね…(耐震性は新しい家のようにはいきませんけどね)。
なので、こういう古民家って見るとついつい見惚れてしまいますね。昔の建物の無垢材ってすごく貴重で強いんですよ~。リノベ、お勧めです(もちろん注文住宅新築で建てられる人はそれが一番いいと思う笑)。リノベについても最近流行っているし多少は需要あるのかな~と思いますが、こちらはマイル活動とはかけ離れてしまうので、ネタがなくなってから考えますww

こちらはメニューがほうとうととりのもつ煮と飲み物くらいしかないので、注文に悩みません笑。野菜ほうとうがいいかな~きのこがいいかな~あ~でもスペシャルもいいな~とか悩む友達がいる場合はこちらで悩まずにどうぞ。

いわゆる野菜ほうとう、というものですね。揚げとかぼちゃとねぎと里芋と…いろいろ。こちらのお店も自家製味噌と自家製麺で、一味屋さんに比べると味が濃いめ(比べると一味屋さんが薄目なだけで、こちらはふつう、というレベルで濃くはないと思います)、麺はぶつ切れになっているけどこしがあって食べ応えがあります。

f:id:springmaron52:20160816121721j:plain

量は男性にはやや少なめかもしれません。子供にはちょっとコシが強すぎてかなり切ってあげましたが飲み込むのに苦労していました笑。

私自身はこちらのお店のコシのある、野菜とお味噌が麺に合った素朴なほうとうが好みでした。ちょっとはっきりしている味のほうがほうとうは麺が主張するので良いかな~と個人的に思うんですよね。

とりもつ煮もすっきりとしたしょうゆ味で、すごく柔らかい。

私が行った日は空いていました。クーラーがないという口コミも見たんですが、きちんとクーラー完備(^◇^)

何より静かな空間で、ほうとうを食べるのにぴったり。落ち着いて、ゆっくり食べられます。多分子供が騒がなければもっとゆっくりできたと思います笑。旦那はこちらのお店のほうがゆっくりできるな~帰りもインターが近いし、なんて言っておりました。

静かな空間、と書きましたが、来られているお客さん3組中2組はお子さん連れでしたので、お子さんがいる方も気兼ねなく食事ができると思いますよ~。縁側が素敵すぎるんですよね…ホントに。

まとめ

ということで、勝沼のほうとうやさん2か所について書いてみました。あくまで私の個人的主観ですが、勝沼でほうとう食べようかな~なんて方は参考にしてみてくださいね。きのこのほうとうがいい、お肉がいい!新しいお店がいい!なんて方は一味屋さん、素朴で静かに味わいたい方はいしはらさんかな。

せっかく山梨に来たのでしたら、いしはらさんのクーラーの効いた笑、静かな素敵な和空間でほうとうを食べてみてほしいなぁなんて思います。ということで本日はこれにて。

お盆も終わったのでまた少しブログ書いていきたいと思います、早くちびの風邪治れ~

よければぽちっとしてやってください。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA