ANAとマイルと陸と私-SFC修行始めました-

2016年3月から陸マイラーに。1年で年間40万マイルを貯めました。紫修行で飛行機大好きに。

ユナイテッド航空マイレージプラスはこんなプログラム。

f:id:springmaron52:20160701093332j:plain

今回はユナイテッド航空マイレージプラスのプログラムについて少し詳しく見ることにします。ユナイテッド航空のマイレージプラスは比較的貯めやすく、また日系と違いマイルの期限が(現時点では)ほぼないようなものなので貯めていても損はないプログラムです。

ユナイテッド航空マイレージプラス

ユナイテッド航空とは

2010年にコンチネンタル航空と合併して、旅客ベースでは世界最大の航空会社です。スターアライアンス。そのためANAマイラーは比較的なじみやすいと思います。2016年12月からビジネスクラス・新シート「ユナイテッドポラリス」が導入されている。

スターアライアンス以外にも中国南方航空、ハワイアン航空、カタール航空、ヴァージンアトランティック航空などと個別提携している。

Wikipediaより。

 

マイレージプラス

 ・入会金、年会費は無料。国籍問わず入会可能。

入会方法はこちらの記事を参照。日本語で操作できるので、どなたでも登録できると思います。

www.springmaron.com

有効期限、特徴。

 ・マイル有効期限は18か月間。

18か月間マイルの獲得・利用のない場合は失効しますが、ユナイテッドマイレージの提携セゾンカードの利用、三井住友カードのGポイント、MUFGカード、ダイナース等でもユナイテッドマイレージプラスへのマイル移行ができます。バイマイルでも獲得対象になるので、ほぼ有効期限を無期限としてマイルを貯めることができます。

なので、BA同様、クレジットカード決済でサブ的にのんびり貯めたいとかそういうときにもおすすめです。ただし、陸マイラーを目指している方はおそらくユナイテッドはさほどメリットがない気がしますね~…。
ユナイテッド航空のマイレージプラスの特典航空券はちょっと変わった使い方ができます。その使い方がかなりマニアックといえばマニアックなのですが、飛行機に乗って様々な場所をホッピングをしたりする、弾丸旅行に興味がある方は補助的に貯めていてもいいと思います。使い方としてはすごく多様、自分次第。

陸マイラーには面倒でなりたくないけど、少し安く飛行機使いたい。なんていう方にもお勧め。ダブルマイルキャンペーンの時にマイルを買えばいいので笑。

 

・マイルの復元可能。

※有効期限の切れたマイルを復元できる。25000マイルごとにUS$50。

・ほかの会員口座へ2000マイル以上1000マイル単位でマイル移行可能。

 

マイレージプラスの特典航空券お得な使い方はこれ。

日本国内特典航空券片道5000マイル(800マイル以下の路線)。東京からだと奄美大島、沖縄以外は800マイル以内に収まります。

・日本ー北アジア(韓国、台湾など)は片道15000マイル

・日本ーオセアニア(グアム、フィジー、カレド二ア※オーストラリア、ニュージーランド除く)が片道12500マイル

マイレージプラスの特典航空券にはセーバー特典とスタンダード特典、というものがあります。この2つの違いを分かっていないと予約するときに??となりますが、簡単です。

セーバー特典は必要マイル数は少ないけど、用意している席も少ない

スタンダード特典は必要マイル数は多いけど、用意している席も多いから取りやすいよ!!

ということです。スタンダードはセーバーの倍のマイルが必要です。乗りたきゃたくさんマイル払えよってことですね。

f:id:springmaron52:20160701153853j:plain

予約から発券までは3日間の猶予あり、キャンセル待ち可能。3日以内に席の確定、発券しないと旅程自体がキャンセル。

2016年10月6日より変更。

・出発の60日以内の特典航空券の変更・キャンセルは125ドル

・出発の61日以降の特典航空券の変更・キャンセルは75ドル

・予約の場合、出発の60日以内~21日前までは75ドルの発券手数料はかからない。

出発まで21日を切っている場合は発券手数料が75ドルかかり、また21日以上ある場合でも日程・便の変更等は最低でも75ドル以上かかると。

変更に対して厳しすぎ~!絶対にこの便でいくよ!何があっても絶対に乗ります!!という人にお勧めです笑。

これは一般会員での手数料なのですが、プレミアシルバー、ゴールド、プラチナだとまた変更手数料が異なります。ただ、現実的にマイレージプラスでゴールド、プラチナ会員になる方は少ないのではないかと思い、割愛しました。

あと、国内線のストップオーバーに関しても撤廃されます。こちらもそれなりに使い勝手が良かったので非常に残念です。

2016年10月23日追記 国内線のストップオーバーに関しては今回の改定では変更がありませんでした!!今のうちに国内旅行にうまく使っていけると楽しいと思います。東京ー名古屋ー関空ー静岡、とかでも5000Mileでいけるので。詳しくまた記事にしたいと思います。

 

変更手数料は高いです。お気をつけて…

 

ちなみに日本国内線の予約の場合、片道だとマイレージプラスのサイトから予約できるのですが、往復だとやっぱり出てこないようです。この場合、予約センターにその旨伝えて往復分を発券してもらっても手数料(通常予約センター発券の場合は25ドルかかる)がかかりません。

↑7月3日現在、操作してみたところ、できそうでした。実際に予約はしていないので、できなかったらごめんなさい。その旨伝えてコールセンターに問い合わせれば無料になりますので。

 

・行きがエコノミー、帰りがビジネス、等の組み合わせ可能。

 

・マイレージプラスの大人気路線としてはオーストラリア、ニュージーランド以外のオセアニア方面、タヒチ・フィジー、ニューカレドニアなどに片道12500マイルで行くことができる、というもの。ただし、かなり人気路線になっていて、ほぼ空席が見つかることはないそうです。悲し…

NARITA→Fijiで検索しても永遠に

f:id:springmaron52:20160701145135p:plain

こんな感じです笑。

・グアム便は直行便もありますし、国内線でも往復の場合ストップオーバー1か所可能(24時間以上滞在可能。ただし必要マイル数は往復で16000マイルになる)なので、うまく使えばそれなりに楽しめるかもしれません。

この辺の考察は時間かかりそうなので後日。

ユナイテッド航空の特典航空券でお得なルートについてはこちら。

 

www.springmaron.com

 

マイレージプラスのフライトマイルって?

フライトマイル。空を飛んで貯めるマイルのことですよね。SFC修行をする方以外は陸マイラーだとあまりフライトマイルを貯めることはないかもしれません。

でも陸マイラー→特典航空券→取れない→やっぱり修行?という図式が成り立つので、きっと貯めることになるんでしょう笑。

f:id:springmaron52:20160701154229j:plain

ユナイテッド航空単体のフライトマイルシステムは2015年に改悪されました。通常、ANAやJALは例えば週末ステイ割引や、パッケージツアーなどでのフライト加算率は30%~70%などで100%加算されないパターンも多いです。(普通の特割75とかだとそのままだと75%加算です。けど、お金を払ってプレミアムエコノミーとかにすると125%の加算率になります。なのでSFC修行の時はみんなアップグレードを目指すというわけです)

ユナイテッド航空の場合は自社・他社便、どんな安い席をとっても100%加算されていたんですよ(高い席はもちろんもっと加算)。なので以前2回ほどトルコに行った時もユナイテッド航空のマイルがかなり溜まりました。

2015年3月から購入航空券の運賃に対してフライトマイルの加算率が改悪。会員区分により異なりますが、購入した航空券の運賃によって加算と変更されました。

要は高い席に乗ればその分加算するよ!やっすいエコノミーだとちょっとしかあげないよ!ってことです。

なので、ユナイテッド航空便を使って出張でビジネスクラスの席でアメリカに毎月行くよというような方でない限りは加算率はさほど期待できません。

以前はフライトマイルを貯めてプレミア会員になるのも敷居の低かったユナイテッド航空ですが、現在は一暦年中にユナイテッド航空、コパ航空、コパコロンビア航空を加算運賃にて最低4便使用する必要がある、という決まりがあるので、これをクリアできる人はなかなかいないのでは…。それこそお仕事で海外、という方に限られますよね。

(・ANA便が50000ポイントでSFCがもらえるのに対してユナイテッドのプレミアシルバーは25000ポイント。しかも提携スターアライアンス便でもフライトマイルが結構加算されるので、ポイント的には到達しやすいのですが…)

改悪されたフライトマイルシステムですが、ANA便などの一部の提携航空会社便に関してはマイル積算率を優遇しているんですね。

ANAの航空券で、ANA便に乗る場合にANAマイレージクラブ会員としてマイルを貯めるよりも、ユナイテッドマイレージプラス会員としてユナイテッドマイレージプラスのマイルを貯めた方がマイルは溜まります。

※エコノミークラスは100%加算、ビジネス・ファーストは150%加算

逆にユナイテッド航空便にユナイテッド航空のチケットを購入して乗る場合はANAマイレージで貯めた方が加算されます。自社便に対するフライトマイルは厳しいため。

自分で書いててわけわからなくなりそうですが…

 

結局、海外出張とかでユナイテッド便を多用したり、イモトさんのように世界中を飛んだりしている人以外はフライトマイルを貯めるならANAで貯めた方がいいということです。

 

マイレージプラスについては本サイトはこちら。

www.united.com

あとはこちらのサイトを参考にさせていただきました。

ユナイテッド航空「マイレージ・プラス」徹底解説!|マイレージ比較の達人

 

ユナイテッドポラリス

冒頭にちらりと書きましたが、2016年12月から導入したというユナイテッドポラリス。

ポラリスとは北極星にちなんで、静かで安らかな旅ができるという思いを込めているそうです。もちろんフルフラットシート。777-300ERから導入するそうです。

f:id:springmaron52:20160701151824p:plain

うん、すごそう。

とにかく寝ることを考えたと。

そしてさらにポラリス・ラウンジといって、国際線プレミアムキャビンの専用ラウンジを作るそうです。食事やシャワー、アメニティもばっちり。うーん、気になります。

このラウンジ、現在はシカゴにしかないのかな…?成田空港にも数年後をめどに作っていくみたいです。スターアライアンスのファースト、ビジネス利用者もラウンジが使用できるみたいです。

f:id:springmaron52:20160701152705p:plain

 ビジネスの経験がない私には何が何やらの世界ですが。

でも乗ってみたいですね~。ファーストクラスをなくして、ビジネスとエコノミークラスの2キャビン制にしていくみたいです。なので、ポラリスはファーストとビジネスの中間、というイメージでしょうか??

 

まとめ

・バイマイルして特典航空券を目指している人にはそれなりに使いやすい。

・有効期限はほぼないけど忘れていたらいつのまにかなくなる。

・国内線往復は電話してね(往復でっていったら手数料取られない)

・国際線ならタヒチ、フィジー、カレド二アが黄金ルートだけど、席がないよ!

・フライトマイルは考えない方がいい。

・ポラリスポラリスポラリス!!

 

ユナイテッド航空について簡単ですが、まとめてみました。わかりにくいところがあるかもしれません。自分自身もよくわかっていない部分があったので、かみ砕きながら書いたため、この記事を書くのに1日かかりました…笑。

ということで、今日はこれにて。ユナイテッド航空のマイレージプラス提携カードについてはまた後日。

 

ユナイテッドもいいけど、ANAマイルをためてみたいなんて方はこちら。


 

よければぽちっとしてやってください。