ANAとマイルと陸と私-SFC修行始めました-

2016年3月から陸マイラーに。1年で年間40万マイルを貯めました。紫修行で飛行機大好きに。

【ユナイテッド航空マイレージプラス】エクスカーショニスト・パークの裏技!?マイレージプラスをお得に楽しく使いこなす周遊スタイルあれこれ

 

今回はユナイテッド航空の新ストップオーバーシステム、エクスカーショニストパークの裏技と国内路線周遊プランについて自分なりに考察してみました。
エコノミー、ビジネスとチケットの予約の仕方が多少変わってくるので、自分の理解しきれていない部分もありますが、LCCとの兼ね合いも含めてこんな使い方がお得かな?というものを書いていこうと思います。
前半はエクスカーショニスト・パークの裏技なので主に行先は海外、後半は国内線での周遊プランについて書いていきますので、興味があるところをご覧ください。

f:id:springmaron52:20161224200953j:plain

 目次

【ユナイテッド航空マイレージプラス】エクスカーショニスト・パークの裏技!?マイレージプラスをお得に楽しく使いこなす周遊スタイルあれこれ

エクスカーショニスト・パーク

ではまずエクスカーショニスト・パークについてどんなものかを簡単に(簡単にといいつつ結構難しいんですよこの特典)書いていきたいと思います。

ユナイテッド航空のホームぺージでは

  • マイレージプラスの定義した1つの地域内に出発地と目的地がある場合に適用される
  • マイレージプラスが定義する地域において、同一地域内の旅程では利用できない(例えば北米から出発する場合、エクスカーショニストパークが適用されるのは北米以外の地域)
  • 旅行の出発地と帰着地はマイレージプラスが定義した同一地域内である必要がある
  • エクスカーショニストパークはマイレージプラスが定義した1つの地域内に出発地と帰着地がある場合に適用される。
  • 無料の片道特典はその対象となるフライトの前と同等またはそれ以下の客室クラスおよび特典タイプとなります。また2区間以上が片道特典の対象となる場合は最初の対象区間のみが無料となります。

 かみ砕くと

  • 出発地と帰着地は同一エリア
  • 出発地と同一エリア内ではエクスカーショニストは発動しない。
  • 片道特典の航空券のクラスは第一区間と同等のクラス。エクスカーショニストは第二区間での発動になるため第一区間でビジネスを取れば、エクスカーショニストもビジネスクラス適応になる。

…かみ砕いてない笑。この流れから当然、このエクスカーショニストを適応する片道特典旅行の区間はすべて関連性がないといけないと思っていたんですよね。東京ーバンコク、バンコクーシンガポール(エクスカーショニスト)、シンガポールー東京、のように旅程として流れが必要なのかと思っていました。ところがどうやら違う様子。
東京ー新千歳(第一区間)、バンコクーシンガポール(第二区間)、福岡ー東京(第三区間)でも適応されるらしいんですよね。要はこの真ん中の青い字の部分の第二区間がエクスカーショニストになるんですが、この部分が同一エリアであれば、この3区間は連続していなくていいということです。
意味わかるかな…。
なので、この例でいうと東京ー新千歳が5000マイル、バンコクーシンガポールは0マイル、福岡ー東京は5000マイルと。10000マイルでバンコクーシンガポール間も手配できるんですよね。
で、この青字の部分のクラスは第一区間で取った席に依存するので、第一区間がエコノミーだとバンコクーシンガポールもエコノミーになりますよと。
少し意味がわからないかもしれませんが、これがエクスカーショニスト・パークの考え方になります。
この裏技を使って、なんとかお得にどこかへ周遊できないものかと考えました。
以前このエクスカーショニストパークについて記事を書きました。基本的な考えはこちらで正しいので、よろしければご覧ください。

www.springmaron.com

 

まずはエリアを確認。

エクスカーショニスト・パークをお得に発券するにはエリアの確認が必要になります。同一エリア内じゃないと適応にならないからですね。それぞれの区間は連続していなくて良いけど、エクスカーショニストを発動させるには同一エリアじゃないといけません。

f:id:springmaron52:20170122204746p:plain

ユナイテッド航空のエリアについてはホームページに記載があるのですが、あくまでメジャーな国に絞って抜粋しました。

  • アメリカ本土、アラスカ州およびカナダ
  • ハワイ
  • 中国、台湾、モンゴル、韓国
  • ヨーロッパ
  • 香港、インドネシア、マカオ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム
  • オセアニア諸島
  • オーストラリア、ニュージーランド

詳しくはこちら。

f:id:springmaron52:20161224204804p:plain

f:id:springmaron52:20161224204837p:plain

この中で色々妄想を膨らますのですが、エクスカーショニストが発動するとお得なパターン、というのはどこでしょう。またユナイテッドで予約を入れた3区間以外は自分で手配をする必要が出てきます。なので、あまり奇抜な路線にエクスカーショニストを発動させても自分で手配をする路線によってはあまりお得にならない、ということも念頭に置く必要があります。

例えば東京ーロサンゼルス、ロサンゼルスーバンクーバー(エクスカーショニスト発動)、関空ー東京、という路線で組むとするとバンクーバー➡関空間は自分で手配をする必要が出てきますよ、ということです。バンクーバー➡関空間の片道航空券を特典航空券で手配できるような陸マイラーなら、ユナイテッド航空のマイレージプラスでもマイルを貯めて、両方をうまく使うと楽しい使い方ができるかもしれません(現段階ではANAは国際線の特典航空券が片道手配することができないので、BA(ブリティッシュエアウェイズ)とかJALとかで片道航空券を手配できる方の方がマイルで完結できます)。

 

お得路線あれこれ

ということで、エリアとにらめっこをしたところ、やっぱり香港あたりからのアジア方面かなぁ…東京ーデンパサール、デンパサールー香港(0マイル)、関西ー東京、とかね。関西ー東京に関しては無理に乗らなくても良いかも(放棄?)しれませんが、エクスカーショニストを発動させるには3区間分の予約が必要になるので、必要マイル数の少ない日本国内間の移動を最後に付け加えます。

こちらは適当な日程で検索したデンパサール行き。行きは東京ーデンパサール(バンコク経由、ANA、タイ航空使用)。こちらはビジネスクラスで40000マイル。

f:id:springmaron52:20161228100249p:plain

帰りはデンパサールから香港まで(エクスカーショニスト発動のためこちらは0マイル区間)

f:id:springmaron52:20161228100401p:plain

3区間目はかなり適当に取った国内線。5000マイル。

f:id:springmaron52:20161228095806p:plain

香港ー東京なり香港ー関空なりは自分で手配する必要がありますが、Cクラスで45000マイルでバリ島はありなのではないかと。ANAマイルだと60000マイルまたは63000マイル(Cクラス)必要になります。
5000マイルの国内線はエクスカーショニストを発動させるためには必要になるのですが、最終旅程なので放棄もできるのではないかと(第一区間➡第二区間➡第三区間の順で航空券を利用しないと航空券が無効になるので。第3区間は放棄しても第一、第二を使った後であれば問題ないんじゃないかと…)思います。
ただし、せっかく5000マイル使っているのですから、福岡とか、新千歳とか少し離した日程で取って利用するのも面白いですよ。その場合残りの片道分は自己手配になります。

 この3区間目を例えば香港ー東京、とすると40000マイル必要になります。こちらのように。(東京ーデンパサール、デンパサールー香港、香港ー東京、とする)

f:id:springmaron52:20161228100102p:plain

そうすると結局往復80000マイルであまり旨みナシ。というのがわかっていただけるでしょうか??エクスカーショニストをうまく利用しておいしくいただくには日本国内線を第3区間に付けることが重要になってきます。
45000マイル+香港ー日本の片道代。香港ー日本間はLCCも多いですし、BAマイルからキャセイ便を取るのもいいのかな。

f:id:springmaron52:20170122204905j:plain

なんとなく香港から離れているバリを選んでみましたが、マレーシアでもシンガポールでも、タイ、ベトナムでも同じような流れを汲めば大丈夫です。香港はANAでは台湾や中国、マカオ、フィリピンと同じグループにグループ分けされているのですが、なぜかユナイテッド航空マイレージプラスではマレーシア、シンガポール、インドネシア系グループに入っているんですよね。

f:id:springmaron52:20161228154116p:plain
なので、この香港を起点にエクスカーショニストを発動させるのがお得なのではないかと思います。

エクスカーショニストの裏技の流れはこんな感じなのですが、となるとうまく利用するには日本国内線利用をすることが条件になってくるんですよね。自分での持ち出し分がどこかで発生するので、そこをLCCで補うことができる国を選ぶのがいい、ということになります。

また、同一エリアの料金が無料、となるのでヨーロッパ内なんかはかなりLCCが発達している地域になるので(加えて片道分の手配料金もそれなりにかかってくる)、敢えてエクスカーショニストじゃなくてもよさそうな印象があります。

もう一つはニュージーランドとオーストラリアを周遊するプラン。
このエリアはニュージーランド、オーストラリア、ノーフォーク島が同一エリア。

ニュージーランド航空利用、直行便。ビジネスクラス40000マイル。

f:id:springmaron52:20161228103051p:plain

エクスカーショニスト発動はオークランドーシドニー間。0マイル

f:id:springmaron52:20161228103158p:plain

離した日程で関空ー羽田。5000マイル。

f:id:springmaron52:20161228103343p:plain

なぜニュージーランドが先かと言われるとオーストラリアはジェットスターが運航しているので、帰りの持ち出し分の費用が少なく済むのでは?と思ったからです。あとだいたいメジャーな国の方が航空券は安いので。
日本ーニュージーランド(ストップオーバー)-シドニーでオセアニア観光45000マイル。ANAだと80000マイル(ストップオーバー行程で)ですから、ありかな?
帰りのシドニーー日本だけ自己手配。JetStar直行便シドニーー成田で30000円くらいですが…う~ん。ちょっと高いかなぁ。ニュージーランドーシドニー間もJetstarが運航しているでしょうし、あまり旨みナシな気もしますね(と思いましたが、ニュージーランドーシドニー間はJetStarでも国際線になるためか結構料金的には高いようです。往復43000円程度?)…。
帰りはLCCになってしまいますし、好みもあるので何とも言えませんが。

そのほか、東京ーバンクーバー(第一区間)、バンクーバーーニューヨーク(エクスカーショニスト)、新千歳ー東京、なども考えましたが、そもそも北米路線はユナイテッドは必要マイルが多いのでビジネスだとこれだけで80000マイル必要になってきます。ANAだと往復で90000マイルで済みますし、80000マイル+さらにニューヨークー東京便を手配しなければならないので、う~ん。。。といった感じ。

 

個人的にはモルディブあたりにうまくいけないかな~なんて思いましたが、そもそもモルディブが分けられているグループ自体がインドやらスリランカなので、ANAマイルで60000マイルで行った方が無難だし、お得…。う~む、なかなかに手ごわい相手ですね、エクスカーショニスト。

 

f:id:springmaron52:20161228154244p:plain

 

どちらにしても、周遊の好きな玄人向けのプログラムであることには変わりないかな~…。ユナイテッド航空は100%ボーナスマイルキャンペーンを時々やっているので、バイマイルがしやすくANAマイルを貯めている人も補助的に使うという意味では持っていて面白いプログラムだと思いますよ!!
バイマイルは円高の時がお勧めです。

エクスカーショニスト・パークの裏技の欠点

このエクスカーショニスト・パークの裏技には欠点があるんですよね。自己手配の分…ではなく、第3区間に国内線を入れる兼ね合いで、予約が2か月以内のものしか入れられません。なので、比較的自由に動ける人で、さらにいろいろな国に周遊して旅行を楽しみたい、という方にはお勧めなのですが、2か月以内という縛りがあるため海外路線に関しては人気だったり最新の機材の便は空席がない可能性も高いです。
ご家族で毎年7月に旅行に行く、とか決まった時期、決まった期間しかお休みを取れない方にはちょっと難しいかもしれませんね。

といろいろ書きましたが、やはり往復オセアニア諸島が断トツお得ですよね…出発地を日本じゃなく近郊アジアにすれば多少の空席は出てきますので、ぜひ興味ある方は乗ってみてくださいね!私ももう少しちびが大きくなったら行きたいな~。その前に改悪が来そうですけど…。
モルディブが往復130000マイルなのに、オセアニア諸島が往復50000マイル(ビジネスクラスにて)ってありえないですよね…。なんだかいろいろおかしいことになっています。
詳しくはこちらに。 

 

マイレージプラス 国内路線周遊技

片道5000マイル発券で国内線を楽しむ

マイレージプラスの国内路線での周遊発券もこれまた玄人向けの使い方になると思うのですが(通常、飛行機って周遊・ホッピングとかあまりしないですよね。目的地に行くための手段というか。ブログ村のマイレージカテゴリーの住人は基本ちょっとおかしいと思ってもらっていいです笑)、マイレージプラスの国内線の必要マイル数は片道800マイル以下で5000マイル、801マイル以上で8000マイルです。
801マイル以上となると東京圏からだと主に沖縄くらいになるので、ホッピングをするのに沖縄を入れてしまうと8000マイル必要となってしまうので沖縄は外して考えます
前からいろいろな方が気づかれている技なのですが、今回のユナイテッド航空の改定
において改悪のメスが入りませんでした。800マイル以下の場所を転々として5000マイルだけで楽しむという技ですね。

f:id:springmaron52:20170103102513j:plain

ネットでしつこく検索し続けるか、コールセンターでの発券をするか。

ユナイテッド航空マイレージプラスでは

出発日から21日以内だと発券手数料としてUS$75がかかるストップオーバーは往復航空券のみ。という決まりがあります。
片道5000マイルでの乗り継ぎ旅程を利用するにあたって、乗り継ぎ時間は12時間以内であること。12時間以内であれば日付は跨いでOK。乗り継ぎは2回まで(片道最大3区間まで)。乗り継ぎ区間はネットで検索するとランダム。例えば自分は羽田ー大阪ー名古屋ー静岡、という乗り継ぎルートが良くても、ネット上で出てこなければコールセンター発券をするしかない。
が、コールセンターの担当者によって跳ねられる可能性もある。ということを念頭におく必要があります。

ということで検索してみましょう。
片道発券で国内を周遊するためには出発地が羽田の場合、帰着地はおそらく静岡でしょうかね。静岡からはバスなり電車なりで帰るしかありませんが…。
素直に10000マイルで往復取るよ、なんて方はあまりこの周遊技には興味がないと思いますので、関東圏だと羽田ー静岡、という旅程がメインになるでしょうか。
 

①東京羽田9:00-大阪伊丹10:10
②大阪関空19:20-札幌千歳21:10(17:35-19:20もあり)
③札幌千歳10:25-静岡12:25

第2区間はもう少し早い便もあるみたいですね。なので羽田から大阪に行って、大阪名物を食べて、夕方札幌についてお寿司でも食べて一泊。そのあと千歳から静岡空港へ。これで5000マイル。乗り継ぎ時間は12時間以内、という規定があるのですが、この場合、12時間越しているんですよね…でも5000マイルみたいです。
これはあくまでオンラインでの候補から出てきた結果なので、この場合12時間を超しても問題なく5000マイルで発券できます。

 

f:id:springmaron52:20170103111905p:plain

 他にも

①東京羽田15:00発ー大阪伊丹16:05
②大阪関空8:00発ー沖縄那覇10:20
③沖縄那覇13:25発ー静岡15:30

ちょっと沖縄滞在が短いですかね~…似たような感じの旅程だったので、自分にとってベストな旅程を探せると楽しいかもしれません。

f:id:springmaron52:20170103114318p:plain

 

2区間はあわただしい!なんて方は1区間でできるだけ滞在時間が長いプランを選ぶと良いかも。
①東京羽田15:00発ー札幌千歳16:30
②札幌千歳10:25発ー静岡12:25

まぁ一泊だけなのであわただしいのに変わりはありませんが。

f:id:springmaron52:20170103114947p:plain

 

国内線をこんな感じで周遊するのがユナイテッドマイレージの玄人好みの使い方でしょうかね。私自身は疲れるので、こういった使い方はあまりしないのですが(ブログのために調べるけど発券はしません。でもこれで名古屋の友達のところにでもまた遊びに行こうかしらとは思っています。帰りは新幹線で。)

こんな感じ?東京羽田を8時20分に発、福岡に10時20分着。
福岡を観光して。夕方に名古屋へ。名古屋の夜に友達に再開してもいいし、ゆっくり過ごして一泊して次の日に友人とおしゃべりをして新幹線で帰宅、もありかな。

f:id:springmaron52:20170103120652p:plain

バラエティに富んだ経由便を提案してくれるユナイテッド航空の片道国内線

といったように自分では思いつかない経由便をいろいろと提案してくれるのがユナイテッド航空の面白いところだと思います。ただ、経由地を指定できるわけではないのでその辺はちょっと運試しのような部分も入ってきますが、ANAのマイルではこういった国内線の周遊はできないので、同じスターアライアンスのユナイテッド航空のマイルも補助的に貯めて、たまにはこんな使い方をしてみるのも楽しいですよね。
もし経由地を指定して、ホッピングをしたい場合はやはりコールセンターに電話をして、予約・発券をしてもらう必要が出てきます
その場合、オンライン上での抜け穴的な12時間以上の滞在は基本的にできないこと、経路によって、コールセンターの対応者によっては「その経由は5000マイルではできません」と言われる可能性があります。

ユナイテッド航空はよくよくバイマイルのボーナスキャンペーンもやっているので、手持ちのマイルがなくても購入できますし。
今ちょっと円安になっているので、前よりお得感はありませんけど、キャンペーンのときにいくらかマイルを買っておいて、弾丸旅行をしたいときに使ってもいいと思います。ユナイテッド航空の特典航空券は友人や知人にも譲渡できますので、友人と二人でホッピングツアーなんかも楽しいと思います。

検索方法

検索方法はトップページから。片道、というところに黒い●がついていること、あとは出発地、帰着地を記入。今回は羽田空港、HNDと静岡空港FSZ、と記入しています。

その下の日付、クラス、人数を確認したら、特典旅行の検索、というところにチェックを入れて検索。

f:id:springmaron52:20170103121741p:plain

そうするとずらっと候補が出てきます。もちろん直行便がある場所は直行便から候補が出てきます。

f:id:springmaron52:20170103122632p:plain

片道5000マイルで国内線ホッピングをしたい場合は乗り継ぎのところをクリックして2回というところから選択するか、所要時間を長い順にして検索をします。
所要時間が長い=滞在できる時間が長い、ということになりますので。このまま検索をしたい場合は後ろの番号をクリックして後ろから検索をすると比較的滞在時間が長いフライトが見つかります。

f:id:springmaron52:20170103122847p:plain

オンラインでは経由地を指定できないので、出てきた路線の中で選んでいくことになるんですよね。わがまま自分路線にしたい場合はコールセンターですね。
気長に調べるしかありません。ただ、日付を跨げる空港(20時前後まで便があって、朝も8時出発くらいの便がある空港)はあまりたくさんはないので、新千歳を経由するか沖縄を経由するか、福岡を経由するか、大阪を経由するかといった感じになるかと思います。
5000マイルで12時間以内の乗り継ぎを利用して国内線の弾丸ホッピングツアー。子供がいる私にはちょっと敷居が高いですが、大阪でたこ焼きを食べて、札幌でお寿司を食べて、静岡でお茶を買ってきて東京に帰る、とか普通じゃちょっと想像もつかないような弾丸旅行が実現するのが魅力。5000マイル程度なら日常のクレジットカードの支払いだけでも十分に貯められる額なので(ユナイテッドマイレージ航空の提携クレジットカードね)、飛行機に乗ることが日常になっている陸マイラーの皆さんには利用しがいのあるプログラムだと思います。
興味がある方は貯めてみてはどうでしょう??

まとめ

ということで、今回はエクスカーショニスト・パークを絡めた国際特典航空券と国内線の5000マイルホッピングツアーに関しての内容でした。私も実際に5000マイル発券で名古屋に行ってみようかと思います。ちなみにコールセンター発券はコールセンター利用料金が取られますが(25ドル)、自分でいろいろな場所に行ってみたい!という方はコールセンターでわがままホッピングツアーを発券してもらってはどうでしょう。
ユナイテッド航空のマイレージプラスに関連したクレジットカードの紹介についてはまた今度!(というかクレジットカードに関しては実は書くのが苦手なので、リンク張るだけで終わる可能性が…)

 ではでは。