読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルと陸と私-SFC修行始めました-

2016年3月から陸マイラーに。年間20万ANAマイルを貯める方法のコツと活動の記録。ベタでもハワイに行きたい!

【効率重視の2017年SFC修行】:エアチャイナビジネスクラスでPP単価を下げる。

SFC SFC-2017年計画 SFC-エアチャイナ

f:id:springmaron52:20160920110443j:plain

今日はちょっと順番が前後をしてしまったのですが、前々からこそこそと考えているエアチャイナのビジネスクラスのPP単価について考えてみました。すでにAMFさんはじめ、何人かの方が考察してくださっているのですが、自分の議事録というかメモ書きのような意味を込めて記事にすることにしました。

 

効率重視のSFC修行

エアチャイナはPP単価を下げるためには必要?

エアチャイナ…チャイナエアライン…なんとなく、乗りたくないんですよね…という方は、おそらくいらっしゃると思います。やっぱり日系のANAやJALの航空機に乗ったほうがサービス面でも、安全面でも安心かもしれません。でもエアラインの中で最高ランクに格付けされているキャセイパシフィックも香港のフラッグキャリアですし、航空機の事故よりも自動車事故にあう確率の方がよっぽど高いんですから、これはもう考え方なのかなと思います。

エアチャイナは中国のフラッグキャリアです。何より驚くべきはやはり値段でしょうか。安い。修行をするにあたって、今のところ東京羽田ー沖縄ー札幌千歳ー羽田のラインを考えている私としてはどうしてもPP単価が12~13前後になってしまうんですよね。シドニーも11前後になりそうですし…となるとあとはエアチャイナでがっつりPP単価を下げるという暴挙…いやいや選択をするのも1つかなと思ったり。

 

エアチャイナ路線でのPP計算

私はAMFさまのサイトでエアチャイナを使った効率の良い修行行程について、色々知ったのですが、TravelFunさまもエアチャイナでメルボルンに行って、PPを荒稼ぎされておりPP計算はこの両サイト様を参考にさせていただきました。

HND-PEKは区間基本マイルが1313マイル。エアチャイナはビジネスクラスで125%加算。搭乗ポイントはビジネスクラスであれば400ポイント。

1313Mile×125%=1641PP+400PP(搭乗ポイント分)=2041PP

f:id:springmaron52:20160920113926p:plain

f:id:springmaron52:20160920114524p:plain

北京‐メルボルンの区間マイルは9127キロ。1Mile=1.609キロなので、9127キロ=5672Mile。5672×125%+400=7491PP(計算では端数もあるので7490PPと出たんですが、実際に付いたのは7491PPだそうです)。

同じように計算していくつかの国でPP単価を計算してみました。値段は現在の時点で最安値だった値段で計算しています。

ちなみに冗談半分で調べたホノルルは実は十分修行に使えるレベルのPP単価ということが判明しました。ありかもしれないと思う私。

ありかなしかはあなた次第です笑。ちなみにホノルルは毎日便が運航しているわけではないので、そういった意味では修行というより旅行になってしまいますが、ホノルルならありでしょう。私が今から行きたいくらいです笑。

ただ、これ仕方ないんですけど…いったん北京にいって、さらにハワイまでまた戻るっていうドS仕様になってしまいますが、修行のついでにハワイに行きたい方にはいいかもしれません。

1月5日~7日とか、現地滞在は1日しかありませんが、ハワイなら私一人で行ってホテル泊まれるし…シドニーでオーストラリアに行くので、行く国がかぶらない方がいいんだけど…もしくはクアラルンプールかなぁ…。

メルボルンはすでに先人たちが到達しているルートなので、あえてホノルルルートを選ぶのもありかな…。

 

f:id:springmaron52:20160920122951p:plain

※獲得PPは羽田ー北京、北京ー○○の合計PPです。往復でビジネスクラスでチケットを取ったときのPPです。

あくまで私が検索した最安値での単価ですし、価格は流動性のあるものなので必ずしもこのPP単価でいけるわけではないので、あくまで参考程度になってしまうのですが、この表からもエアチャイナのPP単価はかなりずば抜けていることがわかると思います。絶対に嫌だ!という方は止めませんww

と書いたのですが、9月21日現在秋のセールをやっているみたいです。

来年修行をしようと思って、ちょいちょいエアチャイナのホームページを見ていたのですが、ホノルル路線とか妙に安いな~ちょっと前は年明けの最安値は16万くらいだったんですよね。

セールのためか、だいぶホノルル線に関しては最安値が見つからなくなってきた感じですね~。探せばありますが。ぽつぽつと減ってきました。メルボルンはまだ余裕がありそうな感じですよ。

前回の記事はこちら

www.springmaron.com

 

表を見ると、メルボルンで一撃ガツンとPPを稼ぐのもありですが、クアラルンプール路線はかなりPP単価が低いですね~。クアラルンプールー羽田(成田)でANAの海外発券とエアチャイナのクアラルンプールとの組み合わせはPP単価的にもかなり効率がよさそうです。が、わけわからなくなりそう…これはまた長くなってしまいそうなので余裕ができたら別記事で考察してみることにします。

ちなみに羽田ー北京、北京ーメルボルンは乗り継ぎ時間2時間半~5時間程度で、現地にほぼ滞在せずに帰ってくることが可能です。が、せっかく行くのであれば観光の1つや2つしてから帰りたいなぁとも思うんですよね…うーん。

あと、注意点としてはエアチャイナは北京経由と上海経由があって、上海経由だとおそらく獲得PPが若干減ってしまうんじゃないかと思うので、北京経由(PEK、と書いてある方、PVGは上海経由)の便を選んでくださいね。

f:id:springmaron52:20160920132457p:plain

PP単価を考えると選択肢に入れざるを得ない…かも

シドニー旅作でおそらくPP単価12、国内線三角飛びでPP単価12~13位だと思うんですよね、今のところ。そもそも修行をするというのに一人でいけない、一人は嫌だとか言っている(海外はね)私が甘ちゃんというか徹底的に効率が悪い考え方をしているのですけど…それを考えるとメルボルンかホノルルで一撃エアチャイナを加えたほうがPP単価は10に近づくのかな~と考えています。

あとはマイル貯め始めてそんなに経っていないので、全部をスカイコインにしてしまうのがちょっともったいないのですよね。だから現金を使うのか?と言われると苦しいところですが、まぁまだ少し時間があるので、のんびり考えようかと思います。

まとめ

  • PP単価を下げるという意味ではエアチャイナは有用。フルフラットだし。安くて身体的にも楽に修行ができそう。
  • シンガポール、クアラルンプール、メルボルンはPP単価良し。実はホノルルもPP単価的には7.5。ただ、現時点で最安値がだいぶ減っているのとホテル代が若干高くつくのではないかな~と…。

ということで今日はエアチャイナビジネスクラスのPP単価についてでした。時刻表をにらめっこをしてとりあえずGOできそうな日程で組んでみようかなと思います。ドキドキ。ではでは!