【年間40万マイルを貯める方法】:ポイントサイトを使う

f:id:springmaron52:20160710212008j:plain

今日は基本に立ち返り、陸マイラーにはどうしてポイントサイトが必須なのか、ポイントサイトってなんだろう?ということについて書いていきたいと思います。

今更感ありますが、1通りこれらのことを書かないとやっぱりブログとしては中途半端になってしまうので…というかまだまだたくさんポイントサイトのことについては書いていかなくてはならないのですが…

 年間40万マイルを貯める方法:ポイントサイトを使う

年間216000マイルを得るためにはポイントサイトは必須。

ポイントサイトとの出会いの前に。

なぜ私が陸マイラーを目指したのか、話は少し長くなりますがそこから始めたいと思います。以前ブログ
にちらりと書いたのですが、もともとは(最近1人でゴリ押ししている)ユナイテッド航空のマイレージ・プラス会員(確かプレミアシルバー)として、スターアライアンス系のマイルをフライトマイルで貯めていました。 マイルといえば空を飛んで貯めるもの。その時の私はそう思い込んでいたんですよね。

それでもトルコ航空でトルコに2回行き、シンガポール航空でバリに行ったり、フライトマイルだけで手元には35000マイルくらいは持っていました。

改悪前のマイレージ・プラスのフライトマイルは1番安いエコノミークラスでも100%加算でしたから、今から思えばたったソラチカ2ヶ月分のマイルなのですが、国内線3往復くらいできるし、充分充分、なんて思っていたんです。
そのときはそもそもよくある出張族、みたいな人にしかマイルを貯めて海外に行くことなんてできないんだろうなと思い込んでいたんですよね。

フライトマイルってどれくらいのペースで貯まるのか、といえば羽田ー札幌で510マイル(100%加算)。往復1020マイルです。ハワイに行くために必要なマイルがエコノミークラスでレギュラーシーズン、一人45000マイルなので、40回行き来して、ようやくハワイが見えてきます。
空でマイルを貯めるのってすごく大変なんだなぁ…と思いませんか?
フライトマイルって毎週毎月のように仕事で飛行機を使う人くらいにしか貯められないものですよね。貯められるとしても国内線はともなく海外にまで行けるマイルを貯めるのは長期戦。私はマイルを貯めて海外に行く、なんて思ったことは正直言って全く、本当にまったく1ミリもありませんでした

国内線1回、帰省出来ればそれでいいかーくらいしか期待していませんでした。実際、身近にマイルを貯めて海外旅行に毎回行っている人なんていなかったし、みんな自腹で旅行に行っている人ばかりだったんですよね。

余談ですが、ハワイでの結婚式に来てくれた友人はJALのラウンジに入っていたようです。私は自分と相方の両親もいたのでそのことは知りませんでしたが、後日もう一人の友達がそんなことを言っていました。彼女はよくヨーロッパとかに旅行に行くので、フライトマイルでJGCを取得したのか、もしくは父親が出張とかで取得したのでしょうか…彼女のタイプ的に修行はしていないはず笑。

と今になって陸マイラー界を知ってから彼女のJGCについてあ~もしかして…と思いだしたんですよね。それまではよくヨーロッパいくな~お金あるな~ラウンジ使えるのか~すごいな~。位の感覚でした。

f:id:springmaron52:20160710213655j:plain

クレジットカードで貯めようと思う人はいる。

マイルを貯める、といえば空で貯める以外にもう一つ、皆さんがなんとなく思いつくのはやはりカード決済でしょうか。
私自身はカード決済でマイルを貯めよう、と思ったことはありませんでした。
ユナイテッド航空のマイレージ・プラスの提携クレジットカードを持っているのはカード決済でマイルを貯めたいからではなく、マイルの有効期限を無期限にするためであって、カードは使いすぎてしまう意識があり、基本的には現金主義者でした。

ただ、カード決済で還元率がお得ですよ!とかそういうカードについてはたまにネットで調べて発行してみたり… カード決済の還元率最強!とかよく雑誌などでも取り上げられたりしていますが、2%とか、1.5%とか。それってどれくらい効果的にマイルを貯められるのか…知っているでしょうか。陸マイラーさんはおそらくみんな知っています。ほんのわずかなんですよ。

比較的多いのは1%還元のカードかな…と思いますが、とりあえず計算がしやすいので、1%という前提で話を進めていきます。100円のものを買ったら、1マイルが得られる、ということです(正確には各カード会社の規定にもよりますが、1円相当分)。ハワイに行くために必要なマイルはエコノミーでも45000マイル。ということはいくらカード決済すればハワイにいけるのか。1人分だとしても4500000円です。450万円。生活費交際費、全てカード決済しても、1年で貯められるでしょうか…家族4人でエコノミーでハワイに行くとしたら、1800万円カード決済する必要があります。

家を1件カード決済すれば、ハワイに行けそうです(爆  無理ですけど…

どこの大富豪でしょう…

アラブの石油王にでもなればカード決済でハワイに飛び立てるかもしれません。

というかそもそも石油王がマイルを貯めるということがない気がする。マイ飛行機持ってる気がする。

ANAはマイルの有効期限が3年間、という縛りがあるので年間600万分のカード決済ができる人以外は少しずつ期限が切れるマイルが出てきて、結局なかなか貯まらない、ということにもなりそうです。
現時点で陸マイラー的にカード決済をするクレジットの中で還元率が1番と言われているANAVISAワイドゴールドで決済をしたとしても1050万ほどの決済をする必要があります。年間350万の決済をして、家族4人でハワイに行くのに3年かかる計算になります。

もう本当にこつこつこつこつずーーーーっと貯められる人ならいつかはハワイに行けるかもしれない。

けど私のようなどんぶり勘定万歳の適当タイプはこれだけの時間がかかると途中でマイルをどれくらい貯めたのか、いつでどのくらい失効するのか管理しきれないんですよ。

結局、空でもカード決済でも、年間20万マイルを得ることは到底できないんですね。

あの陸マイラー神との出会い。

話はだいぶ逸れましたが、そういったことで私は陸マイラー自体をよく知りませんでした。以前も書きましたが、ソラチカカード、というものはなんとなく知っていたんですよ。でもちらっと見たときにマイルをソラチカカードを使ってこういうルートで貯める、みたいな方法がやたら面倒に思えたんですよね。

そのときはあまりマイルを貯めようと思えなかったんですよね。なんでだろう…自分でもわかりませんが、仕事が忙しかったり、出産とかでそんな時間ないわ~っていう気持ちだったのかもしれません。

ということはおそらく陸マイラーになろう!と思った方はよほどの旅行好きか時間があって有効活用したいか。という感じにもなるのではないかなと思ったり…

そんなこんなでマイルを貯めるわけでもなく普通に過ごしておりました。ANAマイルを貯めるために(国内線とかでANAに乗るので…でもその時はまだフライトマイルが貯まりにくい事実を知らない。カード持っていればなんとなくいつかは貯まるものだと思ってました)ANAアメックスを2年~3年ほど前から持っていました。

割に年会費が高く…うーん、最近旅行にもいかないし、保険も使わないし、解約して新しいカードを作ろうかな~と思っていました。2人目の育休、思ったより静かな子で大好きな鬼検索で新しい還元率の良いカードを検索しようとしたら、テラヤマアニ様のANAとマイルのパパじゃない?に出会ったのです。

kowagari.hateblo.jp

 

クレジットカード発行はどこへ行ったの?とすっかりANAパパに心を奪われた私。

だって年間216000マイルって書いてあるよ。そんなおいしい話あるの?うまい話には裏があるけど…

とにかくポイントサイトを使えば年間216000マイルが手に入る。ということを知ったのです。

ポイントサイトを経由する

ポイントサイトを使うことで何がそんなに違うのか。ポイントサイトをどう使うのか。毎日クリックやゲームで貯めるのか…アンケートでこつこつ貯めるのか。

そもそもポイントサイトってなんだよ。と思う方もいるかもしれません。詐欺っぽいというか怪しい感じもしますよね…

企業からの依頼を受けて私たちユーザーに対して広告を出す会社。クレジットカード発行、保険、FXからHuluやTSUTAYAディスカス、本屋さん、楽天等々、たくさんのサービスや情報が集められたショッピングモールのようなものです。

クレジットカードのショッピングモールとかありますよね。ダイナースならダイナースクラブショッピングモール、マイレージプラスカードならマイレージプラスモール。ANA会員に対してはANAマイレージモールとか。

そこのサイトを経由するとクレジットカードのポイントが〇〇%付与、とか書いてあると思います。

f:id:springmaron52:20160711093047p:plain

↑これはANAマイレージモールの画面です。

例えば○○保険がハピタスに広告を出すように依頼します。ハピタスでは初回面談終了後に8000Pt付与!という広告が出ます。もともと〇〇保険を知らなかった人がハピタスを見て「保険か、8000Ptもらえるしとりあえず相談してみようかな」となるわけです。

私たちは初回面談を終了すると8000Ptハピタスからもらうことができます。もしファイナンシャルプランナーの方が気に入ってまた相談したいと思えば〇〇保険も顧客獲得できるんですよね。ハピタスはあくまで中継的な立ち位置。

ちなみにこの8000Ptは〇〇保険からハピタスに対して払われるので、ハピタスからも持ち出すわけではありません。企業側からポイントサイトあてに支払われるため、私たちはポイントサイトを無料で使用できます。

f:id:springmaron52:20160711095335p:plain

皆さんがよく使うと思う楽天市場。これもハピタスなどのポイントサイトを経由することで楽天での買い物をした時に通常付く予定の楽天ポイントに加えて、ハピタスを経由して使用することによるハピタスポイントが付きます。

f:id:springmaron52:20160711101019p:plain

これをポイントの2重取り、と言っているのです。この楽天で購入する際にクレジットカード払いをするのであればさらにクレジットのポイントまで付くので、3重取りをすることができます。

こういったことで陸マイラー以外にもお小遣いを稼ぎたい人にポイントサイトは人気なんです。

というかお小遣いを稼ぐために登録している人のほうが多いのかもしれません。現金化した方が早いですし。

ポイントサイトを経由することによるお得さは少しわかっていただけたでしょうか??

面倒くさがりサンの私にはこつこつはあまり向いていないことのでまずはどかんとポイントの稼げるカード発行、保険の案件をしてみることにしました。

私が発行したカードは三菱UFJニコス発行のジザイルカード。

保険の案件は9000~12000ポイントのものを数件受けてみたと思います。実際に手元のポイントとして反映されたのは1か月~2か月程度かかります。

3月から初めて1か月で確定ポイントになったのは10000ポイントだったかな…保険は付与まで少し時間がかかるので、早く確定ポイントがほしい方はFXなんかがおすすめかもしれません。ちょっと敷居高いですが…

とにかく、3月下旬からポイントサイトを使い始めて、すでにハピタスだけで10万ポイントは得られています(予定付与含めてですけど)。これをソラチカルートに回せば、90000マイル。

3か月でこれくらいのペースで貯められるんです。クレジット決済だったらいくら使えばこの額になるんでしょう。フライトマイルだとどれくらい飛べば良いんでしょう…ポイントサイトを利用することでどれだけ効率的にマイルが貯められるかはわかりますよね。

ポイントサイトはたくさんあります。ハピタスやポイントタウン、Getmoney!、ちょびリッチ…。まずは使いやすいところから登録してカード発行や保険の相談、FXなんかをしてみてください。楽天やYahooショッピングに関しては経由してもさほどたくさんのポイントが得られるわけではないので(1~2%程度)、ハピタスならハピタス、ポイントタウンならポイントタウン、と毎回買い物のときはここを経由する、と決めた方が良いと思います。

3か月使ってみたら、マイルってこんなに貯められるんだ!!と私のようにテンションがあがると思います。ポイントが散らばってしまうと管理も大変になってしまうので…

色々と書きましたが、このポイントサイトを使用して年間216000マイルを貯めるのはソラチカルートを通すことが前提です。

ソラチカルートについてはこちらをどうぞ。

【年間40万マイル(ANA)を貯める方法】:陸でマイルを貯める必須アイテム・ソラチカカード

2016.04.07

 まとめ

・クレジットカード決済とフライトマイルでマイルを貯めるのはお金持ちだけ。

・年間20万マイルを貯めるためにはポイントサイトの利用が必須。

・先週は子守のためブログ更新できませんでした笑

ということで今日はまじめにポイントサイトについて書いてみました。

今週末は那須へ行くので…今週は少しまじめにUPできたらいいなと思います。ではでは。

よければぽちっとしてやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA