子育て陸マイル~あしたマイルでどこいこう。~

2016年3月から陸マイラーに。1年で年間40万マイルを貯めました。紫修行で飛行機大好きに。

必要マイル早見表(BA.ユナイテッド対象)を作ってみました。

 

今日は完全に脱線というか補助的な感じになるのですが、外資系のユナイテッド航空、ブリティッシュエアウェイズ(以下BA)の国内特典航空券の境目である800マイル650マイルはどの地域ならどこまで行けるのか、簡単なものを作ってみることにしました。

f:id:springmaron52:20160706132511j:plain

…美瑛はいいよね。

 

必要マイル早見表を作りました。※BA,ユナイテッド対象

最近マイル買えよ!と言わんばかりに1人で黙々とゴリ押ししているユナイテッド航空、アメックス祭りで移行先に人気のBA。二つについて以下の記事をご覧ください。

 

ちなみになぜこんなに外資系を私が押してるかと言いますと正直なところ、ANAより詳しいというのもあるのですが笑、陸マイラー挫折、というキーワードからいらっしゃるお客様がちらほらといまして、挫折するならマイル買ったら楽だし面倒じゃないよってことを伝えた手前、なんとなしに挫折しそうな方が困らない程度には書いておきたいなと思ったのです。
探せば見つかりますけどね。
探すのが面倒で帰省するのに買ったはいいけど、実は行きたいところが800マイル超えてる区間で8000マイル必要だった、とかあったら切ないですし。

もちろんポイントサイトについても書かなきゃいけないんですけども…(笑)それはまぁ他にもたくさん密な内容を書いてる先輩方がいらっしゃいますし…ゆっくり書きます…。

現時点では国内特典航空券がお得なのはマイレージ・プラスとエグゼクティブクラブでラストアンサー

国内特典航空券について簡単にまとめますね。
外資系で国内特典航空券を予約するなら現時点ではユナイテッド航空・マイレージプラス、BAのエグゼクティブクラブの2社で間違いないかなと思います。ANAマイルをしこたま持っている人はマイレージプラスに関しては必要ないと思いますが、普通の保有数であればANAマイルで家族みんなでハワイにいきたい、でも沖縄あたりにも行きたい。マイル足りねーな、という方は補助的にユナイテッド航空のマイレージプラスのマイル保有をしていても使い道があると思います。

この2社の強みはANA、JAL便に設定されているブラックアウト期間がない、シーズンによってのマイルの変動がないため夏の北海道・沖縄などのハイシーズンの時期でも必要マイル数は変わらない、というところ。

ブラックアウトというのはいわゆるお盆、年末、ゴールデンウィークなど混雑することが予想される時期には特典航空券を使えませんよ!という期間のことです。

2016年でいえば4月29日、5月3日などで、東京・名古屋・大阪発の便が対象となります。なので、この地域以外の方はANA便でも特典航空券を取ることができるのですが、羽田→札幌、とか羽田→那覇とかこの下の表に当てはまる発着地、時期の方に対してはこの時期は特典航空券じゃなくて自腹で飛行機を使ってくれよというわけです。

f:id:springmaron52:20160707091107p:plain

が、ユナイテッドのマイレージ・プラスから予約する限りは特典航空券を使用できるというわけです。けどこの繁忙期に特典航空券を取るのはかなり難しいのではないかなと思います…ユナイテッドに関しては60日前なので1日、2日くらいANAマイレージよりも予約できる日にちに後れを取るわけですし。

ちなみに画面はANAのものです。

ANAは羽田ー沖縄(那覇)でレギュラーシーズン往復18000マイル、ハイシーズン21000マイル。JALは羽田ー沖縄(那覇)で15000マイル。

ユナイテッドなら同じANA便使用で往復16000マイル、BAはJAL便使用で15000マイル。

羽田ー札幌ならANAレギュラーシーズン15000マイル、ハイシーズン18000マイル、JALは15000マイルに対してユナイテッド10000マイル、BAは9000マイル。

同じANA便、JAL便を使って同じ場所に行くための必要マイルが本家ANA・JALに比べて少なくすむのがこの2社のメリットです。

 

特にSFCを解脱した方なんかは優先カウンターがありますので、混雑していてもすぐにカウンターで発券できると思います。

※ユナイテッド、BAともに特典航空券はEチケットをカウンターにもっていってから発券してもらうシステムになっています。自動チェックイン、自動発券機が使えません。なので、空港のカウンターが混んでいたら待ちますSFC持っている方はユナイテッド、JGC持っている方はBAだと優先カウンターが使えます。

 

ユナイテッド航空・マイレージ・プラス(国内線ANA便使用)

①800マイル以下 片道5000マイル。801マイル以上は8000マイル。

②60日前から4日前まで予約可能。

③出発日から21日を切ると予約手数料75ドル必要。

③変更手数料75ドル以上。(21日以内の変更、日数にかかわらず発着地の変更は100ドル)

⑤コールセンター使用料 25ドル

※一般会員での価格

 

ブリティッシュエアウェイズ エグゼクティブクラブ(国内線JAL使用)

①650マイル未満は片道4500マイル、650マイル以上は片道7500マイル。

②当日まで予約可能

③変更手数料5740円(目的地、経路、航空会社の変更は不可。いったんキャンセル(キャンセル料金発生)して再度予約)

④キャンセル手数料5740円

⑤コールセンター使用料 2000円(キャンセル、変更等コールセンターでの手続きだと上記の5740円にさらにこの使用料がかかります)

 

マイナス点としてBAは経由便が取れません。東京-石垣島、とかの便の際に直行便が取れず、経由便になる場合はたとえ空席がなくて仕方なく経由便を取る場合でも羽田ー那覇の往復15000マイルにさらに那覇ー石垣島の往復9000マイルで計24000マイル必要になるので、ご注意ください。那覇で1日観光したい、なんて方は要注意です。

BAはJALの直行便のみしか発券できません。JTA、JACなどのグループ会社運航の便はBAだと発券できないため、BAのみで羽田ー那覇ー宮古、とかは無理、ということになります。沖縄離島へは直行便でもJTA運航みたいなので、那覇、という選択肢になりますね~。

沖縄離島に行くならマイレージ・プラスの方が良いです。

 

ざっくりですが、2社の特徴はこんな感じ。BAは明日いきなりどこかへ行きたい。とか来週急に休みになったから帰省しようとかそういう使い方がよさそうですね。

ちなみにアメックスポイントから移行できるのはBAです。ユナイテッドは移行先の対象にありません。マイレージプラスは提携のセゾンカードやプラチナカードなどの使用でクレジット決済からマイルをこつこつ貯めていくイメージになります。

 

必要マイル

東京発着

650マイル以上  稚内(679)
801マイル以上  奄美大島(787) 沖縄(984) 久米島(1018) 石垣(1224) 宮古(1158)

大阪発着

650マイル以上  札幌(666) 沖縄(739) 旭川(739) 釧路(753) 女満別(797) 帯広(711)
801マイル以上  宮古(906) 石垣(969)

名古屋発着

650マイル以上  女満別(738) 旭川(686) 釧路(690) 帯広(652)
801マイル以上  沖縄(806) 石垣(1044)

札幌発着

650マイル以上  岡山(708) 広島(749) 出雲(696) 徳島(715)
801マイル以上  福岡(882) 沖縄(1397)

仙台発着

650マイル以上  福岡(665)
801マイル以上  沖縄(1130)

福岡発着

650マイル以上  仙台(665) 花巻(724) 石垣(737)

沖縄発着

650マイル以上  広島(650) 岡山(690)
801マイル以上  静岡(863) 新潟(1052) 仙台(1130) 小松(873)

 

地域によっては札幌も沖縄も対象区間外になる微妙なライン、650マイル…

ということでした。

アメックス祭りでBAに移行しようかな~なんて方はこちらのリストを見て、650マイル以上のところがどこなのかを確認してから移行した方が良いと思います。

リストにないところは対象じゃないので、問題なく片道4500マイル(ユナイテッドなら5000マイル)で行けますが、実際にリンクを張っておきますので、ご確認くださいね。

 

www.ana.co.jp

JALマイレージバンク - JAL国内線区間マイル表

沖縄はだいたい対象区間外になってしまいますね。まぁ、だからこそ修行の際のPPが貯まるんでしょうけども…大阪の方は北にも南にも650マイルを越してしまうという非常につらい距離感になってしまいますね。

BAのエグゼクティブクラブのよさは特典航空券交換に必要なマイルが距離制なので、短い距離であればその分少ないマイル数ですむ、というところです。うまくつかうか、使えないかは住んでいる場所次第になりますね。

地方の方なんかはJAL便のほうが多いので、ANAは持っていても意味がない、とか選択肢がもっと少なかったりもするので、選ぶことのできる関東・関西在住の方はいろいろ吟味して自分にあったプログラムを使ってみたら良いのかなと思います。

f:id:springmaron52:20160707093544j:plain

まとめ

・ユナイテッドマイレージ・プラスはANA便、BA、エグゼクティブクラブはJAL便を使用できる。

・この2社はブラックアウト期間なし。マイル数が一定というメリットあり。

・ただし変更手数料がかかることあり

・ユナイテッド、BAともに沖縄は区間対象外が多い。札幌は結構650マイル未満。…というか大阪在住の方は残念ですが、北海道や沖縄に行くためならBAは取らなくても良いかもしれない…

・離島に行くときはユナイテッドでGO

・ソラチカで貯めつつ、補助的に外資系を使うのはよさそう。

 

今日は簡単に650マイルと801マイル以上の区間を調べてみました。自分が東京を使っているので、その他の地域の方に対してってどうしても無頓着になりがちなので、自分が住んでいる地域の立場でおすすめをしてしまうのですが、意外と地域によって使いにくかったりベストではないパターンもあります。

なんとなく国内など飛行機を使った国内旅行といえば!!代表的な沖縄、北海道をメインに考えてしまいましたが、もちろん帰省先で使うから650マイル以内だしBAにしよう~とかその辺は個人の使い方なので全然ありだと思います。

 

週末はバーベキューなのでブログお休みします。晴れろ!晴れろ!

 ではでは。

よければぽちっとしてやってください。