子育て陸マイル~あしたマイルでどこいこう。~

2016年3月から陸マイラーに。1年で年間40万マイルを貯めました。紫修行で飛行機大好きに。

【ANAマイルを貯める】マママイラーが1年で40万マイルを貯めた方法を解説・紹介します。~家族旅行が変わる。世界が変わる。ママでもできる陸マイル生活~

 f:id:springmaron52:20170504202858p:plain

あなたはマイルを貯めていますか?

  • マイルって飛行機にたくさん乗っている人しかたまらないんでしょ?
  • クレジットカードは決済にあまり使いたくないんだよね。だからマイルはたまらないからいいや。

そんな風に思っている方はいませんか?


…マイルってすごく簡単に貯められるんです。マイルを貯めたら、世界が変わります。いつでも旅に行ける。
週末に北海道に行って、いくら丼を食べて、来月には週末に沖縄に行く。
年末年始に海外で過ごす。
夏休みに家族みんなでハワイに行く。
エコノミーじゃなく、ビジネスクラスで横になってヨーロッパに行く。
憧れのファーストクラスだって…

 

マイルを貯めたらこんなことが簡単にできるようになるんです。

このページではマイルを貯めて世界が変わったワーキングママであり、陸マイラーである私・まろんが誰にでも実践可能な、明日からでも今からでもできるマイルを貯める方法をわかりやすくまとめました。

え~?うまい話には裏があるんじゃないの?なんて思わずに、ぜひ実践してください。

あなたの世界は変わります。

 

以前はマイルを貯めて、ビジネスクラスでハワイに行ってきた!!なんて聞いたら、いいなぁ。自分には縁のない話だけど…と思っていました。

でも私自身も半年で2017年のハワイへの特典航空券(ビジネス)を得ることができたんです。

方法さえわかれば誰にでもできる方法

飛行機に乗らずに陸(地上?)でマイルを貯める人たちのことを陸(おか)マイラーと呼びます。

 

【ANAマイルを貯める】1年で40万マイルを貯めた方法を解説・紹介します!~家族旅行が変わる、世界が変わる~

このページにANAマイルを貯める方法についての私が実践している主な方法をすべて記入しました。そのため内容も多くなっています。

ステップごとにわかりやすくしましたが、慣れてから実践をお勧めするものもありますので、それぞれの項目に飛べるよう目次を作っています。

気になるページに飛んでみてくださいね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑長いのでよろしければブックマークしてくださいませ。

目次

1年間のマイル実績と私が陸マイラーになったきっかけ

実は2017年は、SFC修行という狂気の(?)修行をしていまして、その兼ね合いで貯まったマイルをどんどん使っています。なので、厳密には手元にあるマイルは40万マイルよりもだいぶ少ないのですが…

f:id:springmaron52:20170419112825p:plain

旦那分と合わせて186000マイル。

2016年3月から陸マイラーとなり、マイルがたまり始めたのが6月。そこから毎月コンスタントに月に18000マイルを貯めているので(旦那分は遅れて8月から貯め始めています)、

  • 18000×10か月=180000マイル 
  • (旦那分)16200マイル(8月)+15570マイル(9月)+18000マイル×5=121770マイル
  • アメックスポイントからANAマイルへの移行分 160000マイル

合わせて461770マイル!(だいたい)

正確には1年経過していないのですが、にも関わらず46万マイル。

実際、帰省用に特典航空券を使ったり、SKYコインに変えたり(15万マイル位)あとは年始に特典航空券を予約しているので、手元に残っているのは18万マイルほど。

 

私自身は旦那の分も貯めているのと、アメックスポイントの16万ポイントの加算があるので46万マイル貯まりましたが、例えばご家族のいない独身の方でも、年間21万マイルは貯めることができます。

誰でも可能な簡単に貯められる、という視点を重視すると年間に一人216000マイルが最大値になります。

もう少し貯めることも可能ですが、それは後述することにします。

 

話は少し戻って、21万マイル(最低マイルでの計算にしておきます)。

これだけのマイルがあるとどこにいけるかご存知ですか??

  • ハワイへ家族4人で行くことができる
  • 夫婦ならハワイへビジネスクラスで行くことができる
  • 2か月に1回、夫婦で台湾に行くことができる
  • 家族4人なら4か月に1回、台湾や香港に行くことができる
  • 家族4人なら1年に1回、ニューヨークに行くことができる
  • 家族4人なら半年に1回、北海道や沖縄に行くことができる
  • 一人ならファーストクラスでヨーロッパやアメリカに行くことができる
  • 一人なら毎月週末に台湾に行くことができる

……すごくないですか??

もちろん、夫婦で貯めると1年で40万マイル貯まりますから、家族4人でヨーロッパやハワイ、ということも夢ではありません*1

f:id:springmaron52:20170504203338p:plain

我が家は私が独身の時から旅好き、特に海外旅行好きというのもあって、ずっと子供を連れて海外に行きたいと思っていました。

 

でも子どもを連れて海外って、敷居が高い。
なんとなくツアーの方が安心な気もするし…。

 

JTBやHIS、たとえ航空券とホテルの別々の手配でも、家族4人で海外旅行って、一回の出費がとんでもないことになるのは…想像できますよね??

 

近場のグアムでも、3泊で一人5万はかかります。
ハワイだとシーズンによっては一人30万…。家族で100万…。

下の子はまだ膝の上料金ですが、それもあと半年くらい。

 

子供が生まれてから、出費も増えて、2人目の出産は早々に育児休暇を切り上げて、仕事復帰をすることにしたり、やたらな出費ができないな~…と思っていました。

 

でも、

マイルを貯めるようになってからがらりと世界が変わりました

海外に行くことがすごく身近になったんです。

 

これ、本当に自分でも驚いているくらいなんですが、あ、チケットあった。よし、〇〇行こう!

 

と気軽に海外に行けるようになったんです。

 

正直、1歳と4歳の怪獣君たちを連れての海外旅行は心の準備も必要なので、明日行こう!というわけにはいきませんが、それでも気持ち一つで海外に行けるようになったのは自分にとってすごく大きな変化です。

 

家族で海外に行きたいなぁ…とかみんなで沖縄に毎年行けたらいいのに…と思っているママさんやパパさん、ファーストクラスにあこがれを持っている学生さん、友達同士でハワイに行きたいと思っている方…

 

皆さんに絶対に実践してほしい陸でマイルを貯めるということ。

世界ががらりと変わります。

ぜひ実践して、一緒に陸でマイル生活を楽しみませんか?

 

【陸マイラー導入編①】マイルって何だろう?

 

今度ハワイに行くんだけど、マイルって貯めたほうがいいのかな?

マイルって実際使えるまで貯まるのかな。忘れちゃうんだよね。

 

…なんて話を私生活では耳にしたことがありませんか?

マイルって何でしょう?

 

マイル、というのはWikipedia的には長さの単位です。ヤード・ポンド法の距離の単位。1マイル約1.6キロ。

これはあくまでこのマイル、という言葉の意味ですが。

 

陸マイラーに限らず一般の方が良く話しているマイル、というのは長さの単位の意味としては使っていません。


飛行機に乗ると貯まる一種のポイントのようなものと考えてください。

Tポイントや楽天ポイントも溜まるとショッピング代として現金代わりに使うことができますよね。

マイルも似たようなものです。
貯まると航空券と交換できるので、飛行機に乗ることができます。

またマイルという言葉と同じくらいよく見かけるマイレージ、という言葉。

マイレージサービス、またはマイレージプログラムとは、航空会社が行う顧客へのポイントサービスのこと。 ~Wikipedia より~

簡単に言うと、ANAやJALのマイレージプログラムでいうポイントがマイル、という感じ。

マイレージプログラムにおいて使用しているポイントの単位をマイル、としています。

 

このマイレージプログラム、というのは主に日本での呼び方で、諸外国では「フリークエントフライヤープログラム(FFP)」と呼ばれています。

f:id:springmaron52:20170504212212j:plain


このフリークエントフライヤープログラム(以降FFPと略)は1981年にアメリカン航空が「AAdvantage」というサービスを始めたことが始まりです。

このサービスで顧客囲い込みを狙ったアメリカン航空は1年間で100万人の会員を獲得して大成功。

多くの航空会社も後を追うようにFFPを開始しました。

日本では1997年に当時の航空大手3社(ANA、JAL、JAS)が本格的に導入したのですが(JALが一部顧客に対しサービスを提供していたのですが)、この時日本では「FFP」という言葉を使用せず、「マイレージプログラム」という呼称を使用したので、いまだに日本では「FFP」というのが聞きなれない言葉になっています。

 

例えばユナイテッド航空ではユナイテッド航空FFP、マイレージプラスという名称になっています。

カンタス航空ではカンタス・フリークエントフライヤー。

シンガポール航空はフリークエントフライヤー・マイレージプログラム:クリスフライヤー。

 

外資系の航空会社のマイルを貯めようと思うとよくこのFFP、という言葉が出てきますが、マイレージプログラム、ということです。

 

マイルとマイレージプログラムについて、少しわかってきたでしょうか…?

【陸マイラー導入編②】マイルを貯める利点

マイルとマイレージ(プログラム)という言葉を理解できたら、次はマイルを貯めたらどんなことが起きるのか。

マイルを貯めることへの利点について説明していきたいと思います。

マイルとは各航空会社がマイレージプログラムにおいて使用・貯めることができるポイントのようなもの、でしたよね。

貯めると楽天のようにショッピングで使う…こともできるにはできるのですが、ここではマイルをあくまで航空券として交換することができる、という視点で話を進めることにします。

 

結論から言うと、マイルを貯めると世界中どんなところへも旅ができます。

 

国内だけではなく、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ…要はANAが就航している都市であればどこでも行けることができます。

広義的にはANAではなく、提携であるスターアライアンスが就航している都市はすべて、行くことができます。

 

ん??スターアライアンス?新しい単語が…
と思った方はいるかわかりませんが、ここではスターアライアンスについて書くと脱線してしまうので、後述することにしますね。

マイルを貯めると航空券と交換できる

エコノミークラスはもちろん、ビジネスクラスどころかファーストクラスを使うこともできるんです。

え~マイルなんて飛行機乗らないし、出張族でもないし、そんなにたまらないよ…と思う方もいるかもしれません。

どうせクレジットカードで決済しないとマイルなんてたまらないでしょ。カードはあまり使いたくないんだよね。

という方もいるかもしれません。

 

飛行機に乗らなくてもいいんです。
カード決済で溜まるマイルなんてたかが知れているので、カードにこだわらなくてもいいんです。

陸でマイルを貯めたら、びっくりするくらい一気にマイルが溜まります
これは1年間私が実践してすごく実感していることなので、怪しい…と思わずにぜひトライしてみてください。

 

マイルの可能性は無限大です

 

もちろん改悪があったり今後も同じ条件でずっとマイレージプログラムが続くわけではなのですが、それでも旅が好きで、ビジネスクラスに乗って家族でどこかへ行きたいとか毎月台湾に行きたいとか、2年に一回でもいいからヨーロッパに行きたいとかそういったことが実現可能なんです。

 

もちろん、沖縄に行くのだって、北海道に行くのだって空席さえあればいつでも可能!
航空券に費用が掛からない分、ちょっと高級なホテルに泊まったり、素敵なレストランに行くこともできますよね。


ExpediaやHotel.comで海外ホテルの予約をすることもすごく身近になりました。
ツアーじゃないと…なんてしり込みせずに、マイルでの個人手配の旅行を試してみませんか?

 

マイルを貯める方法を伝える前に、まずは何マイルを貯めればどこに行けるのか。
次の項目で詳しく書いていきたいと思います。
と、その前に次の項目でスターアライアンス提携便についても書いていますので、ちょっと番外編でスターアライアンスについて見ていきましょう。

 

【陸マイラー導入編2.5】スターアライアンスって何?

話は少し戻って、先ほどのスターアライアンスについて。

航空会社は航空連合、と言って航空会社間で連合組織を作っているんです。

スターアライアンスは世界最大の航空連合です。

 

少し詳しく書いていきますが、あまり興味のない方は飛ばして次の項目へ行ってくださいね。

 

ANAはスターアライアンスに加盟しているので、ANAのマイルを貯める、ということはスターアライアンス加盟の航空会社の便の航空券も取ることができる、ということになります。

航空連合:

航空会社間の連合組織のこと。
同一連合内でコードシェア便やマイレージサービスの相互乗り入れなどで顧客の利便性を図り、集客の向上を目指す~Wiki~

スターアライアンスは2017年9月現在28の航空会社が加盟しています。

 

f:id:springmaron52:20170505105135p:plain

  • 全日空(ANA)
  • ユナイテッド航空
  • シンガポール航空
  • ルフトハンザドイツ航空
  • トルコ航空
  • スカンジナビア航空
  • タイ国際航空
  • ニュージーランド航空
  • オーストリア航空
  • アシアナ航空
  • LOTポーランド航空
  • アドリア航空
  • クロアチア航空
  • TAPポルトガル航空
  • 南アフリカ航空
  •  中国国際航空(エアチャイナ)
  •  エジプト航空 
  • ブリュッセル航空
  • エーゲ航空
  • エチオピア航空
  • スイスインターナショナルエアラインズ
  • アビアンカ航空
  • コパ航空
  • エバー航空
  • エア・インディア
  • 深圳航空

たくさん笑!!

これだけの航空会社があれば世界中どこへだって行けそうですよね。
このほか、スターアライアンスの加盟航空会社ではないけど、直接ANAと提携をしているベトナム航空、エティハド航空、ハワイアン航空、ガルーダインドネシア航空など…これらの航空会社にも乗ることができます(ただし単一提携航空会社利用の条件あり)。

 

【陸マイラー導入編③】何マイルでどこまでいける?

①ANA特典航空券・国際線

下がANAの特典航空券の必要マイル数をレギュラー、ハイシーズンと分けて、見やすくしてみたものです。

ローシーズンはさらにマイル数が少なくなるので、一番必要マイルの多いハイシーズン分のマイルを目標にすることをお勧めします。

余る分には問題ないですし。

f:id:springmaron52:20161113215627p:plain

大人気ハワイはレギュラーシーズンのエコノミーで40000マイル。ビジネスクラスだと65000マイル。


家族4人でエコノミークラスでハワイに行くのに、180000マイルあればおつりがきます。ビジネスクラスでも(席が取れるかどうかは別として)夫婦で130000マイルあればハワイに行くことができます。

家族4人ビジネスクラスでハワイだと260000マイル(ただしANA平会員の場合、ハワイ路線はビジネスクラス2席までしか解放していません。全員でビジネス!というのであれば日にちを変更するなりしないとダメ)。

 

台北であればハイシーズンでもエコノミー席で一人23000マイル、家族4人であれば92000マイル。

1年に40万マイルが溜まれば家族4人でも1年に4回台湾、香港に行くことができます。

 

北米だとエコノミー50000マイル、ビジネス85000マイル。


ちなみに陸マイラーになって目標だったビジネスクラスのハワイが叶いそうになったため、個人的には子供が少し大きくなったら、家族でフロリダディズニーランドに行くこと!!が次の目標です。

ということは85000マイル×4人=340000マイル

ちょっとすぐにはたまらなそうですが、夫婦二人分のソラチカを回していけば2年後あたりには実現できそうなマイル数です。

 

とは言え、マイルが溜まっていくうちに使ってしまっているので笑、フロリダは下の子も記憶に残っていきそうな年齢、4~5歳になってからが目標でしょうか。

②スターアライアンス提携便:国際線

こちらはANA便に比べるとちょっとややこしいんですが…

スターアライアンス提携便の場合、Zone1-Aと1-B に分かれます。ANAのようなシーズンによるマイル数の変化はありません

 

なので、夏休みとか年末年始のようなオンピークの時期はスターアライアンス提携便を使った方がお得な場合もあります。

 

f:id:springmaron52:20170505103519p:plain

1-Aは国際線往復2区間の場合。国際線往復が2区間であれば、国内線乗り継ぎがある場合でも1-A適用。

東京ーフランクフルトー東京ならOK。
または札幌ー東京ーフランクフルトー東京ー札幌でもOK。

 

1ーBは国際線乗り継ぎがある場合。片道でも1-Bが適用される。
東京ーパリーフランクフルトーパリー東京はパリーフランクフルト、の間に国際線での乗り継ぎがあるので1-B。

行きだけ東京ーパリ経由ーフランクフルト、帰りはフランクフルトー東京の直行便の場合でも1-Bが適用。

 

わかりますかね…
要は日本から出発する目的地までに乗り継ぎがあると1-Bになるよということ。

なので経由があまりないハワイ(ユナイテッド航空便)とかは1-Aになる。

また以下の航空会社は単一の提携航空会社利用便でのみ、マイルでの特典航空券を発券することができます。

f:id:springmaron52:20170505110117p:plain

例としては 東京ーバリ・デンパサールの旅程で、往復ともにガルーダインドネシア航空を使用する。

ハワイアン航空はハワイ諸島内での旅程のみ、という条件あり。


スターアライアンス提携便に関してはかなり奥が深いのですが、ANA便より若干取りやすいという点も(とはいえANA・スターアライアンスともに特典航空券は取りにくいのですが)あるので、私自身はシンガポール航空や、グアム運航便のメインをつかさどっているユナイテッド航空、ANA提携のガルーダインドネシア航空など乗ってみたいな~と思っていたりします。

③特典航空券:国内線の場合

国内線の場合も国際線と同様、ANAの場合はローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズンに分かれ、その時期により必要マイル数は異なります。

  2017年 2018年
ロー 12/1~12/22 1/8~2/28
    4/1~4/26
    12/1~12/21
レギュラー 5/8~8/9 3/1~3/15
  8/22~11/30 5/7~8/9
    8/21~11/30
ハイ 8/10~8/21 1/1~1/7
  12/23~12/31 3/16~3/31
    4/27~5/6
    8/10~8/20
    12/22~12/31

 

国内線の必要マイル数は0~600マイル、601~1600マイル、1601~2000マイル、2001マイル以上でそれぞれ必要マイル数がかわります。


自分が住んでいる地域から行きたい場所のマイルがどのくらい離れているか、によってマイル数が違ってくるので、ここでは代表的な都市から大体の方が行きたいな~と思われる沖縄・北海道へ焦点を絞って解説することにします。

東京から~
札幌  L:12000 R:15000 H:18000
福岡  L:12000 R:15000 H:18000
沖縄  L:14000 R:18000 H:21000
石垣・宮古 L:17000 R:20000 H:23000

大阪から~
札幌 L:12000 R:15000 H:18000
福岡 L:10000 R:12000 H:15000
沖縄 L:12000 R:15000 H:18000
石垣・宮古 L:14000 R:18000 H:21000

ざっくり多めに見積もって、ハイシーズンでも一人20000マイルがあればとりあえず国内の旅行には困らないと思います。

ローシーズンは仕事の兼ね合いなどでなかなか動けない方もいるかもしれませんが閑散期は必要マイル数も少なくなり、夏休みなどのオンシーズンは必要マイル数も増加します。



私は4人家族なので、あくまで4人でいける旅を中心に考えているのですが、独身の方でも年間で216000マイルは溜まります。


もし友達と一緒にマイルをためてどこかへ行きたいのであればそれぞれが今から教えるマイルの貯め方を実践すれば貯めることができます。

 

特典航空券は1席が一番取りやすいので、友達と日程を合わせていくことはそんなに難しいことではないと思います。


陸マイラーになって1年の私でさえ、旦那と二人ならヨーロッパやアメリカにビジネスクラスでいけるマイル数が溜まったのですから、こつこつできる方ならすぐに溜まるはずです。

f:id:springmaron52:20161116172944p:plain

 【陸マイラー導入編④】陸マイラーは目標設定が長続きをするコツ!

ここまででだいだいマイルについての概要と、周辺の基礎知識を書いてきました。じゃぁ、次は何だ?と思うかもしれませんが、陸でマイルを貯めるにはぼんやりとただマイルを貯めるのではなく、目標設定をすることが大事だと個人的には思っています。

正直言うとね、ちょっと手間がかかるんですよ。
陸でマイルを貯めるというのは…


この手間でこの旅行ができるなら、陸でマイル生活がローリスク・ハイリターンなのは間違いないんですが、軌道に乗る前に辞めてしまう方も多くいらっしゃると思います。

ちょっとの手間と少しの時間をかけられるか。
そしてそれを継続することができるのか。

これ、すごく大事です。

なので正直、陸でマイルを貯め続けるには本当の意味で旅行が好きな人・飛行機が好きな人にしかできないんじゃないかと思うんですよね。

友達に聞いて「やってみよ~」…くらいの感じだとこんなに手間なの?と思ってしまう方もいると思います。

なので、この1ページに私が実践してきたマイルの貯め方の方法を書いているわけですが、こんな長いなら読むのやめよ、と思う方はおそらくマイルを貯められない


マイルを貯めるという熱意、そしてどこかへ行きたいという目標がないとなかなか陸でマイル生活というのは続けられないものです。

なので、まずは目標を決めること。
そしてそれを実践すること。

これを強くお勧めします。

なんでも良いと思います。
家族で台湾に行く、とか沖縄に行く、とか。
これだと比較的すぐに実践できます。

せっかくだからビジネスを体験してみたい!というなら夫婦でビジネスクラスでシンガポールへ行く。
ヨーロッパへ行く。
ハワイへ行く。
ただしハワイは人気なのでピークシーズンを外さないとなかなか特典航空券を取ることが難しいかもしれませんが…

とにかく目標を立てる
そのマイル数を貯めて、チケットを発券して、一度旅をしてみてください

多分、自分の世界ががらりと変わったように思えます。
旅が特別なものからとても身近なものに変わります。

 

 

【陸マイラー導入編⑤】1マイルの価値を知ることは継続のモチベーションにつながる

陸マイラー…陸でマイルを貯める陸マイル生活を始めるにあたって、とっても大事な知識だなと思うのが1マイルの価値。

マイルとは(正式には)長さの単位であり、航空会社のポイントのようなものであり。

このマイルの価値。
マイルの価値っていくらくらいだと思いますか?

Tポイントをマイルに替えるとしたら1000ポイント→500マイルになります。
楽天ポイントも同じ。1000楽天ポイント→500マイル。

そうするとざっくり1マイル2円分くらいの価値かな?
とわかるでしょうか。

このマイルの価値って変動するんです。

マイルの価値①国内線


例えば国内線の場合は1マイル=1.5円程度がベースかなと私自身は思っています。

例 東京ー沖縄間の必要マイル数はレギュラーシーズンで18000マイル。
同時期の一般航空券はこちら。

f:id:springmaron52:20170605112123p:plain

一番安い時間帯で16190円、これだと1マイル1.11円。
少し早い時間帯だと22890円、これだと1マイル1.27円。

ハイシーズンの場合は21000マイル。

f:id:springmaron52:20170605112645p:plain

一番高い時間帯だと1マイル=1.51円

安い時間帯だと1マイル1円を切る便もありました。

一番安い便は変更不可なのに対して、マイルでの特典航空券は変更の効く融通が利きやすいチケットなので一概に同じように比較はできないのですが。


本来であれば変更可、キャンセル可の片道普通運賃と比較したほうが公平。そうすると
レギュラーシーズンは1マイル=2.68円。

ただし、この高い普通運賃を購入する方はわずかですし、だいたいの方はこの変更不可の安い便を取って旅行に行くように思うので、一番安い運賃での比較が妥当なのかな…

通常、ハイシーズン、良い時間帯、はマイルの価値があがる傾向にあります。
ただし沖縄などの人気地で、8月のオンシーズンでの特典航空券を取るのは厳しいのが現状です。

マイルの価値②国際線

国際線の場合、1マイル=2円~20円程度までかなり幅広く価値に変動があります。
ハワイ路線で考えてみましょう。

東京ーホノルルはエコノミー40000マイル、ビジネス65000マイル。
7月の夏休み前のレギュラーシーズンでのチケットはこちら。

f:id:springmaron52:20170612105217p:plain

最安値は48010円、羽田発はさすがの62970円。
この場合、1マイル1.2円。羽田発は1.56円。
ただしこの最安値のチケットは予約変更ができるものの手数料がかかるというチケット。

特典航空券の場合、便の変更に関しては可能、自己都合によるキャンセル料は3000マイルになります。
アップグレード対象のチケットは78010円、羽田行きだと82970円。
これでだいたい1マイル2円程度。

 

ビジネスクラスの場合は

f:id:springmaron52:20170612110554p:plain

一番安いチケットだと110510円。
これで1マイル1.7円。

同じ条件のFlexタイプのチケットの場合1マイル3.3円。羽田の場合は4.1円。

庶民の憧れ・ファーストクラスはニューヨーク便だとこんな感じ。

f:id:springmaron52:20170612111656p:plain

お安いBasic料金でも543770円。

ニューヨークへのファーストクラスの特典航空券は150000マイル。
1マイル=3.62円。

FullFlex料金だと1マイル7.31円。

色々書きましたが、国際線の場合、エコノミークラスは1マイル1.5円~2円程度。
ビジネスクラスは2円~3円程度、ファーストクラスだと7円程度までは引き上げられる、ということになります。

f:id:springmaron52:20161116173058p:plain

マイルの価値③スカイコインを使う

ANAマイルの場合はSKYコイン化をして現金のように使うことができます。
この場合、通常会員だと1マイル=1.5SKYコイン。
ANAVISAワイドゴールド所有者から1マイル=1.6円、プラチナ・SFC所有者だと1マイル=1.7円までSKYコインの価値をあげられます。

単純に1円=1SKYコインという価値なので、わかりやすい。

このマイルのSKYコイン化はかなり使い勝手が良く、通常の航空券代に充てるだけではなく、特典航空券を発券するときにかかる費用の空港使用税等の諸費用を補ったり、ANA旅作の支払いに充てたりすることができます。

このマイルのSKYコイン化ができればいわゆるANAの上級会員を目指すSFC修行も実質0円でできるんです。

なので修行僧が増えているんですね~。

ポイントサイトで得た10000円分を9000マイルにする。
9000マイルをSKYコインに。
9000×1.5=13500SKYコイン。

10000円が13500円分になるなんて錬金術?みたいですよね。

SKYコインの良さは、有償の航空券を買うわけなので、特典航空券のような空席待ちをしたり、座席が取れない、といったことがないこと。

予定が決まっている、取れる休暇の期間が決まっている人にはとっても有用なシステムだと思います。

特に私のようなお子さん持ちの、家族でどこかへ行きたいというママさん・パパさんにはANAの特典航空券の枠の厳しさは辛い。

複数の特典航空券の座席を一度に取るのは正直かなり難しいのが現状。
ハワイならなおさら。

頭が痛い空席待ちの嵐。

特に国内線は1マイル1.5円前後なので、SKYコインにするのも一つの選択肢だと思います*2


マイルの価値って変動する。
これ、陸マイラーになると結構気になります。


エコノミーじゃなくビジネスの方がいいかな~とか。
有償の航空券はいくらなんだ?とか。


マイルの価値を考えて、楽しみながら航空券を予約してください。

 

こちらもご覧ください。

www.springmaron.com

 

【40万マイルを貯める方法】基礎知識①マイルってどう貯めるの?

フライトマイルは普通に乗っていても貯まらない

マイルがたまったから海外旅行に行ってきたよ、なんて聞いたこと、ありますか?

飛行機で出張している方、かっこいいな~。自分とは縁のない世界だな。
家族でビジネスクラスなんて…お金もちなんだろうなぁ。

私もずっとそう思っていました。

私は以前一人だけマイルをたくさん持っている方に出会ったことがあります。
それは妹と一緒に行ったイタリア旅行の添乗員さん。

イタリア・スペイン方面のガイドをすることが多くて、イタリア語はペラペラでした。
マイルが溜まるけど、使う時間がない。
捨てる一方だよ。

そんなことをちらりと言っていたことがすごく印象的でした。

そのころ私はマイルは飛行機に乗って貯めるもの、と思っていました。
座席によって貯まるマイル数も違うので学生の身分の一番安いチケットを買っている私にはマイルを貯めるなんて縁のない話だなと思っていたんです。

 

たまる一方で使いきれない。
そんなこと言ってみたいなぁ。
でも仕事でしょっちゅう飛行機に乗っているから貯まるんだろうな。

たまに帰省で札幌に帰るくらいじゃたまらないんだろうな。

なのでANAをよく使って帰省していましたが、マイレージクラブには加入していませんでした。

実際、札幌に特割55~75で帰っても、一度の帰省で得られるマイルは760マイル足らず。

ハワイに行くのに、エコノミークラスで、レギュラーシーズンで40000マイル。
これじゃぁ、ハワイに行くのに何年かかるんでしょう。


それでも当時キャンペーン価格で安いエコノミー席でも100%加算だったユナイテッド航空のマイレージプラス(現在は自社便は改悪アリ。スターアライアンス便は変更なし)でトルコに行ったときは往復で11000マイル貯まりました。

トルコがあまりにも良くて、半年後にもう一度行ったのでさらに11000マイル。
そのほかアメリカに行った時にも貯めたので、ユナイテッド航空のマイレージプラスのマイルは30000マイルほど貯まりました。

マイレージプラスはマイルの有効期限が実質ないのと一緒なので、2年ほどの旅行でようやく30000マイル
使ったお金は数知れず笑。

ユナイテッドのマイルは日本国内路線を片道5000マイルで発券できるので、上の子の育休中の帰省でほとんど使ってしまいました。


2年かけて、30000マイル。

3年の有効期限がある日系マイルだったらハワイに行くマイル数がたまる前に有効期限が来てしまうかもしれません。

 

1年に1、2回程度海外に行く位のペースだと1年に20000マイルあたりが関の山。


冒頭で私が伝えたマイル数、覚えているでしょうか。
陸でマイルを貯めたら年間一人216000マイル

フライトマイルの10倍ものペースで貯めることができるんです。

マイルを貯める=フライトマイルというイメージがある、飛行機に乗って貯めるマイルとは実はかなり効率が悪いんです。

クレジットカードでマイルを貯める

フライトマイルではマイルがなかなか貯まらない。

じゃあどうしたら効率よくマイルを貯められるんだろう。
その次に皆さんが思い浮かぶのはクレジットカードの決済で溜まるポイントでしょうか。


ANAカードで決済したらANAマイルが溜まるのかな。
JALマイルを貯めたいからJALカードで決済しよう。


その考えも間違ってはいないんです。
ただ、やっぱり効率としてはあまりよくない。

陸マイラー界で現在クレジットカードと言えばANAVISAワイドゴールドSPGアメックス


SPGアメックスはホテル系カードなので、還元率としてはワイドゴールドより劣りますし、これまた別の意味で可能性のあるカードなのでSPGに関しては陸マイラー生活が慣れてきて、安定してきたら調べてみることをお勧めします(私も一応SPGを保有していますが、クレカ記事がとにかく苦痛なので笑、おそらくしばらく書きません)。


なんせ年会費が31000円もするクレジットカードです。
クレジットカードに年会費を払うという価値観のない生活をしていた私のような主婦さんが発行するには若干敷居が高いと思います。


ということで一番還元率が良いのはANAVISAワイドゴールドカード。
年間300万以上決済をすれば1.72%まで還元率を高めることができます。


年間300万は無理だ…という方でも1.5%程度までは上げることができるので、年会費はかかりますが*3陸マイラー入門編にはこちらがお勧めのカードでしょう。

1.5%の還元率、と考えると10000円で150マイル。毎月100000円の決済をすれば1500マイル。
特割で東京ー札幌を2往復したくらいのマイル数は溜まりそう。
フライトマイルよりは貯まりますね。

 

クレジットカードで日々の生活の決済をすれば毎月15万~20万程度は決済に使えるでしょうか。
我が家は4人家族なので、可能な限りカード決済にしていますが、それで月に20万~30万前後(保険なんかもすべてカード払いなので)。

ワイドゴールドを使った場合、月に3000~4500マイル。
1年で36000マイル。

3年かけて100000~150000マイル。
なんとか4人でエコノミークラスで沖縄、台湾。
決済額によっては中距離アジアあたりまでは行けそうでしょうか。

陸でマイルを貯めるペースに比べるとかなり落ちますが、
頑張って貯め続ければ、3年に1回はマイルでどこかへ行くことができそうです。

 

陸でマイルを貯める~大量マイルを得るために必要なもの~

では陸マイラーはどうやって大量のマイルを貯めるのか。
陸でマイルを貯めるとはどんな方法なのか。

結論から言うと、ソラチカカードを発行することポイントサイトを使うこと
この2つの条件がそろえば、誰にでも一人年間216000マイルを貯めることができます。


ポイントサイトを使う、ということに関しては1年前と比べ、ポイントサイトの状況や中継サイトがだいぶ変化したので、詳しく後述することにします。


陸でマイルを貯めるために、まず何よりも大事なものがソラチカカードになります。

ソラチカカードって何?
どうしてソラチカカードとかいうカードが大事なんだろう。

それにはまず、以下の図を理解する必要があります。

f:id:springmaron52:20170603212120p:plain



上の図は各ポイントサイトからANAマイルへの移行を示した図です。
それぞれのポイントサイトの数字が違うのがわかりにくいのですが、要は10000円分のポイント、という意味で記入してあります。

このうち、赤い➡の0.9倍のルートをソラチカルート、と呼んでいます。
横にわかりやすく入れたTポイントルートとは最終的に手に入るマイル数が違うんです。

10000円分のポイントサイトから得たポイントを移行するとして、Tポイントルートが5000マイル、ソラチカルートが9000マイル。

ソラチカルートはメトロポイントからANAマイルへの移行をするルートなのですが、このメトロポイントからANAマイルへの移行ができるポイント数は1か月に20000ポイントまで、と上限が定められています。
ということは20000ポイント×0.9=18000ANAマイルが1か月に手に入るマイル数の上限ということになります。

なので、18000マイル×12か月=216000マイル、が一人あたりに効率良く捻出できるANAマイル数、ということになります。

私の場合、旦那と二人分のソラチカルートを回しているので、二人で432000マイル、ざっくりと40万マイルを貯めたので、今回は40万マイル。としています。



このソラチカルートを開拓するためにはソラチカカードというクレジットカードを発行することが必須。

ソラチカカードはポイントサイトで得たポイントからANAマイルへの移行を0.9倍にして移行することができる唯一のカードです。

あなたが陸マイラーになりたい、と思ったら一番に発行したいのがソラチカカード

陸マイラー=ソラチカカード。

このソラチカカードがなければマイルなんてANAでもJALでも好きな方を貯めればいい、という結論になります。

陸マイラー=ANA優位なのはこのカードのおかげなんです。

ちなみに2017年6月からモッピーさんでJALマイルの増量キャンペーンをやっているのですが、ソラチカカードのようなクレジットカードなしにこういったキャンペーンをやるのはかなり破格というか、モッピーさんが頑張っているんだろうなという感じですが、これは期間限定で今後どう動いていくのかわからないので現時点ではANAマイルの方が優位です。

ソラチカを作る場合はマルチポイントコース・5マイルコースを選んでくださいね。
10マイルコースは5000円の移行手数料がかかります。

ソラチカカードはあくまでメトロポイント→ANAマイルのソラチカルートを開拓するためのクレジットカードであって、決済用としては使いません
※還元率は0.5%です。

家に保管しておいても良い、いわゆる死蔵カード。というやつ。
私自身もJALのマイレージバンクカードやアジアマイル、イベリア航空のマイレージカードなんかと一緒にソラチカカードは自宅に眠っております。


ソラチカについて詳しく書いた記事はこちら。

www.springmaron.com

 ソラチカカードを申し込む方はこちら。

www.to-me-card.jp

ソラチカカードはどこで発行するのがお得なのか

2017年6月更新

ソラチカカードは2017年6月の段階で、どのポイントサイトにも発行案件として掲載されていません。私が陸マイラーデビューした2016年3月の段階でもすでに発行案件として掲載されていませんでした。

これはすでに十分な会員数を獲得できたから。
そのため2017年現時点では一番お得にソラチカカードを申し込める方法としてはマイ友プログラム、ということになります。

このプログラムで紹介してもらってソラチカカードを発行すると500マイルがもらえます。

本名が出る、ということにあり、このマイ友プログラムは陸マイラーさんでもあまり大々的にやっていないと思うので、もし身近にANAカードを持っている方がいたら、そこから紹介してもらうことをお勧めします。

 

【40万マイルを貯める方法】基礎知識②ANAとJALはどちらが良いのか。

日系の航空会社と言えばANAとJAL。
陸でマイルと貯める、イコール ANAマイルを貯める、ということが今までの常識でした。


なぜならANAマイルの方が効率が良いから。

 

マイルを貯めるというのは結論から言うと、前章で伝えたようにポイントサイトを使ってポイントを得て、そのポイントを各中継サイトに通して、最終的な目的のマイルに変更する、という方法が基本になります。

ANAマイルもJALマイルも陸でマイルを貯める基本的な方法は一緒です。
要は最後にANAマイルにするのか、JALマイルにするのか。

ただし、ANAマイルが0.9倍の効率に対して、JALマイルは0.52倍程度の効率に落ちます。

原資が10000ポイントだとすると
ANAマイルは9000マイル
JALマイルは5200マイル

ANAマイルはメトロポイント→ANAマイルの月20000ポイントの上限があるので、月に20000メトロポイントをANAマイルに変えたと考えると

ANAの場合は18000マイル
JALは10400マイル

となります。これ、だいぶ違いますよね。
なので効率の良いANAマイルを貯める、というのが陸マイラーのセオリーというか、流れ。

初心者は効率の良いANAマイルを貯めるべし、ということになります。

ただし、2017年6月~から期間限定で
ちょびリッチがJALマイル交換率UP 0.7倍。
モッピーがJALマイル交換率UP 0.8倍

という衝撃のキャンペーンを開いています。

実際、モッピーはちょびリッチに比べると100%還元の案件だったり、全体的な案件数が少ないのでちょっと使いにくい側面はあるのですが、
それでも貯まりにくい、と言われていたJALマイルに一石を投じたことは確か。

これをきっかけに陸でマイルを貯めるJALマイラーが増えるのか。
他のポイントサイトが追随するような形でJALマイルの交換率を上げていくのか。

改悪との戦いと言われている陸マイラー界で、喜ばしいキャンペーンを開催してくれているちょびリッチとモッピーさん。

他のポイントサイトも頑張ってほしいなぁ。特に最近ハピタスさん、ちょっとパッとしないような…。

 

【40万マイルを貯める方法】基礎知識③超重要:ポイントサイトに登録する。

年間40万マイルを貯めるためには先ほど伝えたソラチカカードを発行すること。
これが大事。

あともう一つ二本柱の片方はポイントサイトを使うこと

でたよ、ポイントサイト…。
詐欺っぽいからいいや。

そんなこと言わずに、ちょっと使ってみてください。


ポイントサイトとは広告代理業を行うサイトのことです。
お小遣いサイト、とも呼ばれたりします。

①企業からポイントサイトへ「この広告載せて」と依頼
②ポイントサイトが広告を載せる。
③ユーザーが広告を利用
④企業からポイントサイトへユーザー獲得分の支払いがされる
⑤ユーザーにもポイントが付与される(ポイントサイトからユーザーへ)

こんな流れでポイントが付与されるシステムになっています。


正直、一番最初にポイントサイトを利用するまではなんだか怪しいというか、個人情報を抜き取られるだけ抜き取られてポイされるんじゃないかと(誰に?)思っていたんですが、まったくその心配は不必要なものでした…。

例えば

f:id:springmaron52:20170612120434p:plain

陸マイラーの大好き案件・クレジットカード発行

三井住友VISAエブリプラスをポイントサイトを経由すると8000ポイントがもらえます。

クレジットカードを発行して8000ポイントって、どこからお金が出ているの?と思うかもしれませんが、カード会社がポイントサイト側に広告代として支払っています。

その広告代をもとにポイントサイトは私たちユーザーにポイントを付与します。
ユーザーもポイントがもらえ、カード会社もユーザーを得ることができる。

Win-Winの図式になっています。

私が陸マイラーとなった2016年の5月くらいまではアメックスカードのポイントサイトでの発行も15000~20000ポイント前後あったりしたんですが、
狂気のアメックス祭りで広告代が枯渇したのか2016年の後半に入ってからのアメックスの発行案件は2000~5000ポイント程度とだいぶ落ちてしまいました。

あとは最近は以前に比べると若干カード発行案件の額も落ちてきたような。陸マイラーが増えているんでしょうかね。


8か月使っていて、癖があったり登録だけでほとんど使っていないポイントサイトもあるのですが、それでもこんな方法でマイルを貯められるならもっと早く気づいていればよかったなあ…というのが今の実感というか本音です。


個人的に難を言えば友人や知人にお勧めするのはポイントサイトってアムウェイとか一種の宗教的な勧誘の香りがするので、気が引けることですね…実際はそんなことないんですが、友人に登録してもらうには勇気がいります。


ちなみにポイントサイトでの高額案件のお勧めはFXクレジットカード発行、余裕があれば保険の無料相談案件、というところです。

初年度はFX口座を開くだけで20万マイル分のポイントを得られるのではないかと思います。

クレジットカードはあまりたくさん発行しすぎるとCICといって信用情報機関に怪しまれる(いわゆる一時的な借金ですし)ので、ペースとしては1か月に1枚程度がお勧め。

 

陸マイラーになるともうポイントがほしくてそわそわしちゃってすぐにポイントサイトでクレジットカードを発行しそうになるのですが…

ソラチカカードを先に発行するの、忘れないように!!

ソラチカカードがないとANAマイルへの高還元は実現しませんので、その他のクレジットカードは置いといて、まずはソラチカを発行してくださいね。


ポイントサイトについてはこちらに書いてあります。

www.springmaron.com

 
怪しい話には裏があるのでは…?と思う方やカードをたくさんむやみに発行したくない。という方は無理に陸マイラーにならなくても良いと思います。


でも、やってみようかなぁという人はぜひトライしてほしい。

誰にでもできるからです。

 

特に最初の1年はあまり身銭を切らずにマイルをたくさん貯めることができると思います。

 

【40万マイルを貯める方法】基礎知識⑤アフィリエイトのセルフバックもお勧め

アフィリエイトって、ブログをやっていたり、アフィリエイトサイトを運営している人だけではないんです。

セルフバック、といって、自分自身でアフィリエイトを使用してポイントをもらうことができます。


このセルフバックに関しては各ポイントサイトで取り扱っていないような案件が出ていたり、のきなみポイントが低額しかもらえない案件でもセルフバックだけはそこそこの高額報酬だったりすることがあるので、あなどれません。


私自身がセルフバックとして使っているのはafb・アフィリエイトB、というサイトとA8ネットですが、afbの方は直接ドットマネーに移行できるので、ソラチカに乗せやすい・といった点ではプラスですね(ただし、H29年4月25日以降にアフィリエイㇳBとのパートナー登録をした方は初回分は、報酬支払が口座振り込みになるのでご注意くださいませ)。

 

始めの登録の時だけ申請するブログが必要になってしまうので、無料のブログサービスで日記のようなブログを作る手間は必要です。

申請は必要ですが、それこそ1ページくらいのブログでも審査に落ちることはなかったので(私の3つ目のブログがそう)、きっと大丈夫。

www.afi-b.com

アフィリエイトA8ネットは現金化しかできないのですが、あまり高ポイントを取り扱っていないdカードゴールドが8000円分だったので、少し前に私も急遽登録してセルフバックしてみました(現在5000円分まで下がっていましたが)。

【アフィリエイトA8.net】日本最大級の広告数・サイト数のアフィリエイトサービス


A8ネットはブログ媒体を持っていなくてもセルフバックでの登録ができます。

現金化はな~…と言わずに、その現金を元手にほかのポイントサイトで100%還元案件のものを購入してポイントを手に入れ、マイル化するのもお勧めです。

【40万マイルを貯める方法】基礎知識⑥ ポイント移行の流れをつかみ取れ


年間40万マイルを貯めるにはポイントサイトを使うこと、ソラチカカードを作ることがとにかく大事。ただし、ポイントサイトから直接ANAのマイルに変えるのではなく、中継サイトを辿ってANAマイルにする必要があります。現在はこちらの流れが一般的。

f:id:springmaron52:20170603212120p:plain

各ポイントサイトからポイント中継サイト(.money)へ移行し、そこからまたさらにメトロポイントに移行させます。
メトロポイントからANAマイルへの×0.9倍のルートがソラチカルートと呼んでいる陸マイラー必須のルートになります。


詳しくはこちらに。

www.springmaron.com

 

毎月メトロポイントの締め切りが15日になっているので、それを基準に移行スケジュールを組みます。


それぞれのポイントサイトから中継サイト(.money、PeXなど)からメトロポイントに移行するにも時間がかかるので、

私の場合、

①ポイントサイトから中継サイト(.momey、PeX)  第一週目
②中継サイト(PeX,.momey) からメトロポイント  11日~14日
③メトロポイントからANA                                11日~14日

といった感じでだいたいの流れでゆる~くやっています。

ここでのポイントは2点。

  • .moneyからメトロポイントまでは15日前に申請すること
  • .moneyからメトロポイントへ移行申請したポイントがメトロポイントに反映されるのが翌月11日。

16日以降に申請するとメトロポイントに到着するのが翌々月になってしまうんです。

例えば
11月14日に.moneyからメトロポイントに交換するとメトロポイントにポイントが反映されるのが12月11日。
11月16日に.moneyからメトロポイントに交換するとポイントが反映されるのが1月11日。

たった2日ですなんですが、違います。


メトロポイントからANAマイルへ意気揚々と移行したいところですが、メトロポイントにポイントが溜まっていないとどうにもなりません。


メトロ渋滞しているようなポイントざくざくさんは良いのですが、毎月ギリギリのペースでマイル活動している方は11日にメトロポイントにポイントが反映されていないとANAマイルへ移行できません。

毎月20000ポイントまでがメトロポイントからANAマイルへ移行できる上限なのですが、実は申請は毎月1回しかできません

なのでもし5日くらいに5000ポイントを先にANAマイルへ移行申請しておいて、11日に追加で15000ポイントを移行申請できるかというとできないんです。

その月は5000ポイントが4500ANAマイルになって終了なんです。
これ、注意してくださいね。



最初は何がなんのことやら??という感じですが、とりあえずやってみてください。

そうしたらかなりすんなりと理解できるはずです。
これ、実際にやるのが一番理解への近道。

【40万マイルを貯める方法】陸で40万マイルを貯めた私がお勧めするポイントサイト3つ+2つ

私自身が1年間陸マイラー生活をしていて、一番愛用したのはハピタスです。

アンケートやクリックポイントなんかは少ないですが、高額案件も多いですし、真面目な使いやすいポイントサイトです。

やたらなメールもほとんど来ません。

毎週月曜、木曜昼の13時に更新されるみんなde ポイントもポイントUPの案件が出てきて、時々20000ポイントとか大きなポイントが得られる案件もありますので、月曜、木曜日はハピタスを覗くのがお勧め。


ただし、2017年に入ってからは全体的に案件の額がダウンしている印象が否めません…。魅力的なポイントサイトではなくなってしまったなぁ。正直最近まったく使ってません(爆)。

みんなde ポイント以外はあまり魅力的な案件がないのが事実。陸マイラーが増えて、還元率を上げるのが厳しいのかなぁ。
ただし、月・木更新でそれぞれ5~8くらいの案件が高額UPになるので、まだまだそれなりに使いやすかったりするのですが。

もう少し頑張って~ハピタスさん…。

とはいえ、ハピタスは家族でANAマイルを貯める!という人にはお勧め。
一人で貯める方も使いやすいですが、報酬対象外案件がないという友達報酬制度が非常に優れているので、家族での登録でうまく友達報酬制度を利用すればざくざくポイントが得られるようになります。


ハピタスについてはこちらご覧ください。

家族でマイルを貯める方法はこちらに。登録方法が大事、近々家族マイラー視点でのお勧めポイントサイトについても詳しく書こうと思います。

www.springmaron.com

 

こちらをご覧になった後に登録してやるぜ…という方がいたらこちらから。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

ちょびリッチ。ハピタスと同じくらい高額案件があって、しかもポイント交換の上限が一日30000円分なのでお小遣いにしたい(現金化)方もお勧め。
案件数も多く、ここ最近かなり頑張っている印象。

以前、ポイント付与がされなかった件に関しても真摯に対応していただきました。
100%還元案件なんかも数多く取り扱っています。
モニター案件もあり。


以前は使っていたGetmoney!
高額案件がたまにガツン!と出ますが、初回のポイントだけは現金化にしかできない点が要注意。最初に低額案件(500円程度)をこなしてから、ポイントを現金化させて、カード発行やFXなどの高額案件をこなすようにしてください。

少し前まで3月をまたぐと所有していたポイントが10000Ptになるという不思議なルールがあったのですが、撤廃されて以前より使いやすくなりました。

また.moneyへのルートも開設されたので、あまりたくさんのポイントサイトを登録したくない方はハピタスとちょびリッチ、Getmoney!から始めても良いかも。


ただし、腐るほど、あきれるくらいメールが来ます。
これ、ホントにストレス。
個人的にはGetmoney!最大の欠点…

さらにメルマガを配信停止すると解約をしなくてはいけないというルールが存在しますので、Getmoney!を使う方は捨てアドレスを用意することをお勧めします。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

 

ポイントインカム

ポイントインカムは比較的高額案件を取り扱っている印象。ただし、.moneyへの移行は1日10000円分までの制限付き。
私個人的にお勧めのEPARKリラク(マッサージを受けると1回3000円前後のポイント還元、1店舗につき1回だけど、店舗さえ違えば何度でも使える)の案件なんかはポイントインカムがとても高額で取り扱っています。

またほかのポイントサイトが高額で取り扱っていた案件に関しても敏感に察知してポイントをさらに高額に上げてくれるため、正直2017年9月の段階ではハピタスよりお勧めだったりします。

ポイントインカムとモッピーの一騎打ちというか。ここ最近は私はこの2つをメインに使っています。


ハピタスにはないモニター案件を取り扱っているので、外食モニターを積極的にやればクレジットカードやFXの案件が枯渇しても地道にポイントを貯めることができます。

クレジットカードは意外と種類があるので、1年で発行案件が枯渇するってことはないんですけど、FXはやりやすいもの、ポイントが大きいものは積極的にやっていくと1年程度で枯渇します。

 

なので、ポイントインカムの外食モニターはお勧め。
またちょびリッチは外食モニターが友達報酬対象外なのに比べ、ポイントインカムは一律10%の友達報酬還元があるので、同じポイント数の案件であればポイントインカムでモニターを申し込んだ方がちょっとお得になります。

 ポイントインカムはこちら。

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

 

PONEY

あまり積極的には使っていませんが、友達報酬還元制度がずば抜けている、という面では家族マイラーさんにはお勧めです。家族や親せき同士でうまく紹介しあって、効率的にポイント稼ぎができます。


が、扱う案件が少な目で、またポイントインカムやハピタスと比べるとやはり案件額もダウンする印象が否めません。

ロフトカードやPARCOカードなんかは比較的高額案件になっているので、そういったタイミングを狙って使うことをお勧めします。


また、100Pt=1円という桁の大きなポイントサイトなので、そこは要注意。わかりにくいので、統一してほしいですよね…

PONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

 

 

次点・ポイントタウンも大手GMO運営のポイントサイトで、GoogleCromeを使っている私はそこそこ使っていたのですが、中継サイト・ドットマネーへのポイント移行ができないので一歩遅れを取っている感があります。20Pt=1円なのが要注意。

 

登録するとわけがわからなくなりますし、ポイントの期限が切れていた、なんてことにもなりかねませんから、最初はメインサイトを決めて、流れをつかむといいと思います。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

ちなみにモッピーさんもお勧めなのですが、このページではあくまでANAマイルの貯め方について書いているので、外しています。
モッピーさんは今現在JALマイルのドリームUPキャンペーンをやっていて、11月までの継続も決まったのでモッピーを使うならJALマイルを貯めることをお勧めします。

まぁ、ANAマイルも貯められるんですけどね。

 

陸マイラー活動を挫折しないで続けるために

新鮮さは大事、でも自分の時間も大事

最後に陸マイラー活動を挫折しない人ってどんな人なのかな?と自分なりの考察を。


陸マイラー活動は新鮮さが命です。
お得な案件はすぐになくなってしまいます。

ポイントサイトを見て、いい案件がないか。
ブログ村を見て、お勧めのキャンペーンがないか常にアンテナを張る必要があります

でも、私のようなマママイラーさんはたぶん多忙。
家事・育児だけでも一日が終わってしまうんじゃないかと思います。
もちろんパパさんだって多忙だと思いますが。
ブログの特性上より忙しいのはママということにしておきましょう。

仕事をしていたらなおさら…ですよね。


私もいつもアンテナを張っています!!と言いたいところですが、実際私自身はアンテナが閉じまくっています。

一向に開く気配が見えません。

たびたびレシポやテンタメなどのモニター案件なんかは*4は探すのに時間がそこそこかかるので、面倒で参加していません。


すべてのポイントを貪欲に漏らさないようにがつがつと活動し続けるのは結構大変なことです。

長く陸マイラーを続けるためには自分の中でこれはいいや、参加しない。と線引きするのが大事なのかな、と思います。

結局野菜生活を買ったり、ゼリーを買ったりするのにお金、使いますしね。
お金=ポイントになる=ポイントをマイルにする。

という簡単な図式なのですが、モニター案件は実際の持ち出しはあるので適度に参加するのがいいのかも。

陸でマイルを貯めるなら同士に出会おう。


ツイッターでブログをやっている陸マイラーさんをフォローして、つぶやきを聞いているだけでも十分情報を得ることができますので、SNSはお勧めです。

反面、みんなでキレートレモンキレートレモン、ライジンライジンライジン…頂き…ウェルチ…とつぶやいているので本当は必要のないものでも買ってしまいそうになる誘惑があるので、その辺は注意してください。

 

個人的にはコンビニを回ってゼリーや飲み物を探す時間よりドットマネーあたりで100%~120%還元の案件をこなした方が楽なような気も。

これは考え方次第ですが。

個人的には楽天マンガの案件*5はマンガも読めて、ポイントも得られて、個人的にはコンビニを巡ったりしなくてもいいので結構お勧め。

最近やってないので、またやってほしいなぁ。

ニコニコ動画の案件なんかも500円分のプレミアム会員登録で、1500円程度のポイントが得られるので、お勧め。

それなりに情報収集に時間を取られる陸マイラー。

長く続けるには焦らずに自分を保ち、流されないこと。でも乗るべき案件には乗ること


モニター案件なんかは時間が取られるので、自分に余裕があるときに取り組むのも良いかも。

 

 

 まとめ

  • 年間40万マイルを貯めるにはソラチカカードの発行とポイントサイトの利用が必須。
  • マイルを貯めればビジネスクラスでアメリカやヨーロッパにも行くことができる。夢は無限大。

 

★各ポイントサイトはこちらから。よければ登録してやってください。★

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

PONEY|誰にでも簡単に貯められる。やさしいポイントサイト。

 

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

★2017年9月現在 ANAマイルを貯めたい方に一番お勧めはこちら★

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

*1:ただし、特典航空券の枠の兼ね合いがありますので、別の便にするといった工夫が必要になります

*2:ただし何度も言いますが、特典航空券は変更可能なチケットです。SKYコインで購入するのはおそらく変更不可の買いやすい値段のチケットだと思うので、そこの違いはご了承くださいね。

*3:通常14000円+税、マイぺいすリボ登録で9500円+税

*4:コンビニで売っているゼリーや野菜生活を購入するとその分の金額がポイントとして戻ってくるモニター案件のこと。モニター横断術を使えばそれなりのポイントが得られます。

*5:たまにちょびリッチで出てくる楽天マンガの月額コースを契約するとポイントがバックされる案件。2000円、1000円、300円コース。さらにauなら5000円コースも契約できる。一度限りじゃなくなんども適用されるのでその月に解約をしておけば、翌月の案件にはまた参加できる。