【2017年10月・JGC修行】FOP単価6点・JAL海外発券でKULへ!

スポンサードリンク



f:id:springmaron52:20170828100516j:plain

JALの上級会員・JGC。ANAでいうSFCと同じですが、JGC獲得ではもっぱら海外発券・クアラルンプール発券の国内線切り込みを入れての行程が単価が安く抑えられるとの話。
実際に2017年3月までは国内線切り込みが4区間まで可能だったのですが、4月以降は2区間まで、それに伴い多少のコストアップが必要になってしまいました。

そのことについて、今回私が行った手続き等を残します。

【2017年10月・JGC修行】FOP単価6点・JAL海外発券でKULへ

海外発券とはなんぞ?

海外発券とは日本国内発着の便ではなく、国際線航空券の出発地を日本以外の海外で発券することです。

格安でビジネスクラスに乗れたり、いろいろな周遊(ストップオーバー)ができたり、陸マイラー界隈では皆さんマニアックに様々な路線を乗ったり探したりされています。

例を出すと日本にいるのであれば通常東京(成田)-バンコク、と往復のチケットを取りますよね。
海外発券はバンコクー東京(成田)という感じで、発着を日本以外にする一種のテクニックでしょうか。

メリットは

  • 安く航空券を手配できる。
  • マイル(やFOP、PP)の積算が効率の良い路線を手配できる。
  • 変更料金が安い(こともある)

デメリットは

  • いや、っていうか行きと帰りどうすんの?

というところでしょうか。
バンコクー東京、東京ーバンコクがいくら安くても、結局東京ーバンコク、バンコクー東京をどこかで手配しなくちゃいけないんですよね。日本在住の方は。

なので行きと帰りはマイルで手配をする、とか安いエコノミーの席で手配をするとか。
私はあまり周遊旅行をしないので、往復で考えてしまいますが、格安で周遊旅行をしたい方なんかはぐるりと回れるような効率の良い、お安いルートを見つけることもできるので検索してみるのも楽しいですよ。

今回はJGC修行ノルマルート・クアラルンプール発券

今回、私がJGC獲得に向けて選んだルートはもはや修行僧に喰いつくされているといっても過言ではない、JGC修行にとって一種のノルマ?通例コースの、クアラルンプール発券です。

ちなみにSFCの場合もクアラルンプール発券はやっぱりほかの国に比べると安いようで、これはJALがそうだからなのかしら…

参考にしたのはこちら。
愛する理系マイラーさん。


花梨さん


クアラルンプールプレエコで3.4円!!!

だがしかし。

2017年4月以降はいわゆる国際線航空券の国内線区間が4区間→2区間に減ってしまったので、それに伴い各税金も値上がりし、現在はこんな単価をはじき出すことは難しくなっています。

私の場合はJGPではなくサファイアどまりを目指しているので2区間でもぎりぎりFOPは足りたのですが(た、たぶん)、JGP・ダイヤモンドを目指している方にとっては痛い改悪です。

 

クアラルンプール発チケットの運賃ルール

運賃ルールは以下。

  • 予約クラスはE
  • 期間は6か月間
  • 途中降機:往復1回ずつ
  • 乗り継ぎ:国内線 往復1回ずつ 
  • 取消・払い戻し 出発前MYR300 事前連絡なし出発後 MYR800

※MYR…マレーシアリンギット 2017年8月現在1MYR 26.5円前後。

以前はこの国内線の往復が1回ずつ、というところが2回だったので、国内線切り込みとして4区間を入れられたこと、また最終目的地を東京にすれば片道1245MYRでしたが、国内線が2区間になったことによって、沖縄発着にしなければならず、片道1495MYRへコストアップ。

東京でのストップオーバーをしているため税金分もUP。

結局そこそこの値段になってしまいました…。

クアラルンプール発券のコスト、FOP

ということで今回私が組んだ旅程はこちら。どどん。

クラス FOP
KUL-NRT E プレエコ 5407
HND-ISG Y 国内線 2848
ISG-HND Y 国内線 2848
NRT-KUL E プレエコ 5407
16510

スマホだと表が切れるので(スクロールバーはつくものの)、単純に。
ちなみに料金ですが

運賃が2990MYR
税金が764.38MYR
トータル 3754.38MYRでした。

7月31日の段階でのレートでの請求は99209円。割るとFOP単価はちょうど6.00になります。

うーむ。
以前の4区間に比べると税金とかもろもろのコストアップが否めませんが…

仕方ないか。

JAL国際線予約センターで予約を入れる必要あり

クアラルンプールー東京、東京ークアラルンプール、のような往復だとオンラインでの予約が可能です。
が、今回はプレエコを予約したというのと、国内線の2区間を追加した、ということもありオンラインではエラーが出てしまいました。

ということでJALの国際線予約センターに電話。
こちらで電話での手続きをしていただきます。

 

f:id:springmaron52:20170828112103p:plain

通常、こちらのコールセンターで国内線を含み、予約を入れていくことになります。

クアラルンプール発券の場合、というか今回はプレエコでの予約だったので、国内線での予約の際にエラーが出てしまう仕様、とセンターの方が教えてくださいました(でも話している感じでは他のクラスの場合、オンラインでも手配できるような感じの気配を感じました)。

また、電話での発券の場合、発券手数料が5400円かかります

この発券手数料はJALの旅行券があれば免除になるので、JALの旅行券を1000円分手配して支払いに使用して発券手数料を節約している小技もあるのですが。

この手続き自体、有楽町にあるJALプラザでする必要があり、うちから有楽町って…とこの発券手数料のために有楽町まで行くことをちょっと躊躇していた私(遠いし、休みの日がつぶれるから。地方の方からしたらおい、という感じでしょう笑)。

まぁ、支払ってもいいか。くらいに思っていたのですが。

今回は海外発券だったので、対応してくださった方が海外発券の部署の方がもしかしたら発券手数料が安いかもしれない…と大阪の国際線のコールセンターの番号を教えてくださいました。

そちらの部署に電話をかけ、発券手配をしていただいたのですが、今回は今日、支払いをすれば発券手数料は免除させていただきます、と言われました(!!!)。
実際、発券手数料自体は大阪のコールセンターも同じそうです。

有楽町まで行くくらいなら5400円も覚悟していた私にとって朗報。
お姉さんがキラキラ輝いて見えました。

ありがとう、JALのコールセンターのお姉さん。

コールセンターのテレフォンオペレーターのイラスト

ということで、もしかしたら免除がしてもらえる方も中にはいるかもしれません。
ここに大阪のコールセンターの連絡先は記入しませんが(隠しているわけではないんでしょうが)、JALの国際線のコールセンターの方に聞いてみてもいいかもしれません。

どこかに載っているのかな??

あくまで私がラッキーだったのかも。いや、ホントに感謝してます…

税金の内訳はこちら

税金はすべてMYRでの内訳ですが、無理を言って、JALのお姉さんに税金の内訳の明細をいただいてしまいました。

思っていたより高いな~というのと、どこにどれだけ税がかかっているのかを知りたかったため。

今後JGC獲得・KUL発券をする方にとって多少の参考になるかと思い、こちらに載せておきます。

Tax and other charges(税金その他) 1MYR=26.4

fuel surcharge of JAL Flight       154.00MYR
(日本航空燃油サーチャージ)      (4065円)

insurance surcharge of JAL Flight     28.00MYR
(日本航空航空保険特別料金)      (740円)

Kul passenger service and security Charge 73.00MYR

(クアラルンプール空港空港使用料)   (1927円)

Kul goods and service tax(消費税)   4.38MYR

(115.6円)

NRT passenger service facilities charge  81.00MYR

(旅客サービス施設使用料)       (2140円)

HND domestic passsenger facility charge  12.00MYR

(羽田空港施設利用料)          (317円)

ISG domestic passanger facility charge   12.00MYR

(石垣空港施設利用料)          (317円)

Passenger security service charge     20.00MYR

(旅客保安サービス料)          (528円)

Japan consumption tax (消費税)     380.00MYR

(10032円)

TaX(税金)                764.38MYR
(20180円)

※クレジットカードの支払い金額と当日支払ったMYRを割って、1MYR=26.4円で計算。端数は若干調整しています。合計もだいたいです笑

 

消費税が高い!!!日本め…。
燃油サーチャージは現在はもう少し安くなっていると思います。なぜか7月31日に手配してしまったという…翌日から安くなったのに…。

f:id:springmaron52:20170829153056p:plain

でも電話でかなり時間を使ってしまったし、発券手数料のこともあったので、31日に手配してしまいました。

というか単にサーチャージの値下げに気づいたのが翌日だったんです。

日本発着の便も手配、最終的なFOP算出

この海外発券は日本在住の場合、最終的に日本発着の航空券との組み合わせをする必要があります(まぁ、海外発券自体、海外に住んでいる日本の方がそもそもの対象なんでしょうけど)。

このとき、実はちょうどJALのクアラルンプール行きのビジネスクラスの往復チケットがセールで、FOPを計算したり、この際ビジネスを取ってしまおうか、本当に悩みました。

確か往復で最安137250円。
FOPは往復13318FOP。

これだとKUL発券と組み合わせても国内線区間分の石垣行きを入れなくて済む、とも思ったのですが、日程的に多少厳しかったのとJGCは完全に自腹(マレーシア航空分はアメックスポイントを流用)だったので、できればコストダウンをしたい、という気持ちもあり断念しました。

ということで、無難にエコノミークラスをJALのオンラインサイトから予約。
最終的にはこんな感じに。

クラス FOP
JL723 東京ークアラルンプール S 2904
JL724 KUL-NRT KUL発券 E 5407
HND-ISG 国内線区間 Y 2848
ISG-HND 国内線区間 Y 2848
JL723 NRT-KUL KUL発券 E 5407
JL724 クアラルンプールー東京 S 2904
22318

青いバックの部分は日本発着のJAL国際線航空券
サーモンピンクのバックの部分はクアラルンプール発券の国内線2区間切り込み。

日本発着便は往復諸税合わせて60210円、クアラルンプールプレエコはトータルで99209円。

合計159.419円。22318FOPなので、FOP単価7.14円。
りそなスマート口座とFOPキャンペーンが付いてくるので、だいたい6円前後でしょうか。

自腹としては純粋にこのJAL分の16万しか出していないので、サファイア解脱までの個人的なFOP単価はかなり良いですが笑、通常の計算で行くと…多分、6円くらい。

これはまた後日別でJGC獲得までの単価とルートを記事にしていこうと思います。

でもまぁ、普通に考えて16万で上級会員の資格を取る必要があったのかと言われると…JALに関しては平会員でもハワイに行くチャンスがあるので、微妙なところですね。
だったら時計とか買ったり、お高い鞄を買うのも、それこそ憧れのリモワを買うのもありだよね。

しかし後には引けない笑。
アメックスポイントが残っていたのも縁でしょう。

あと飛行機に乗るのが単純に楽しいんですよね。これ、修行をすると絶対にそうなると思う。
飛行機が好きになります。
でも、乗らなきゃ乗らないで、別に構わない。その程度のレベルですが…。

JGC獲得へ、3往復を別日に設定。

表の一番左側に①、②、③と番号を振ったのですが、①の2レグが10月、②の2レグが11月、③の2レグが12月にそれぞれ振り分けています。

本当は12月の解脱は避けたかったのですが…なんせ10月は運動会、11月は保育参観(ともしかしたらSFCJGC同期会)、12月は発表会とそこそこ保育園の行事もありつつ、係の仕事なんぞもやらなくてはいけないので、無理ないように散らばすことにしました。

①は同日、タッチ&GOの予定なので(クアラルンプールって入国しなくても平気ですかね?5時間あるので、出国&入国も可能ですが…)、帰りはマイルでビジネスクラスにUPグレードしようかなと考え中。

というのも行きエコノミー、帰りはプレエコだと腰がね。
腰が多分死にます…。

②も日帰り。というか6時半に羽田って、間に合うかしら。前日泊もやむを得ず。

③での2レグはクアラルンプールに1泊して(なのでマイルでのアップグレードはなし)、せっかくなのでインタコのクラブフロアなんぞに泊まってみてしまおうかとか…ちょっと考えていたり。
理系さんのようにヒルトンも捨てがたいのですが、IHGのポイント的にはインタコですかね。
※IHGのポイント没収事件に伴い、IHGはやめることに致しました笑。

これはまだ考え中。

クアラルンプール発券をプレエコからビジネスにするにもあり。

これは理系マイラーさんが実際に発券したクラスですが、クアラルンプール発券の安さの利点を生かして、プレエコではなくビジネスクラスの座席を予約する、というのも選択肢の一つ。

f:id:springmaron52:20170830151100p:plain

※クアラルンプール路線はSKYSUITEⅢですし。

プレエコは往復2450MYR~、ビジネスだと往復5000MYR~なので、132000円。おそらく諸税もろもろは変わらないと思うので、国内線区間2区間を入れると15万っていうところでしょうか。

プレエコでもほぼ10万ですから、5万上乗せしてビジネスクラスという選択肢も十分ありです。

ちなみにビジネスクラスの場合、獲得FOPがクアラルンプールー東京の1レグで6659FOPになります。

コストを切り詰めたい方はプレエコですかね。まぁ、本気でコストを切り詰めたい場合、JGCの場合回数修行になるのでしょうけども。

タイミングによっては国内線修行の効率が良いが、KUL発券はまだ使える。

今年の年末のウルトラ先得(東京ー石垣、東京ー宮古、関空ー石垣等)のような激安チケットを捕まえることができれば、国内線修行をしたほうがクアラルンプール発券よりも単価は抑えられます。

JALの場合はANAとは違い、ANAプレエコに該当する国内線ファーストクラスの座席数が圧倒的に少なく、取ることが難しい。

効率を求めても1回に取得できるFOP数が少なく(沖縄往復をしたとするとANAの5000PPに対してJAL3500FOP前後)、国内線修行だと単純に石垣、宮古、沖縄の往復をひたすら続ける感じになってしまい、作業感が強くなりがちなんですよね(もしくは回数修行ですが、それはここでは割愛)。

なので気分を変えるという意味でもクアラルンプール発券は有用。

KUL発券に付属させることができる国内線区間が2区間になってしまったので、諸税もろもろのコストアップはありますが、それでも単価的にはまだまだ使える路線じゃないかなと。

まとめ

  • JGC修行にクアラルンプール発券は王道だが、以前よりもコストアップしている。
  • 海外発券をうまく使えば、より効率よく修行ができる
  • 詳しくはJALのコールセンターへ

2017年9月以降、KUL発券をした私の経験談として気づきやもろもろを書いてみました。ご質問等あればフォームやコメントからどうぞ。

ただ、忙しさによりコメントがなかなかお返しできないので(気づいてないことも)、早めに返事がほしい方はツイッターでのメッセージが良いと思います。

怖くないよ?
気軽にどうぞ(^^♪

もうハワイが近くなってきたというのに、シドニーのことも書いてない私。
記憶が…記憶が…。
ではでは!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA