読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルと陸と私-SFC修行始めました-

2016年3月から陸マイラーに。年間20万ANAマイルを貯める方法のコツと活動の記録。ベタでもハワイに行きたい!

2016年10月最新:厳格化したGoogleAdSense2次審査の傾向と対策。~はてなの場合

ブログ ブログ-アドセンス・収益等

f:id:springmaron52:20161029210731j:plain

今回は以前書いたGoogleAdSenseに関しての続編になります。2016年9月以降ネットでの反応等を見てみると、1次審査でほぼ合否が決まっているような感じです。2次審査はあくまで人の目で見て、ポリシー違反などがないかの最終確認の印象ですが、ここではどういった流れで2次審査を受けるのか簡単に書いていきたいと思います。

 

2016年最新:厳格化したGoogleAdSense2次審査の傾向と対策

まずは1次審査のおさらいから。

1次審査についての私が感じた可能な限りの最新の情報を記入した記事はこちら。

www.springmaron.com

 まとめると

  • 1000文字以上、30記事が目安
  • ユーザーに役に立つ、発信する内容(誰かが知りたい情報であること)
  • SNSボタン、リンク等はそのままでOK
  • 画像もOK(ただし著作権フリーのもの、自分が撮影したもの)
  • ポリシー違反していないもの(お酒、アダルト、麻薬等の話題はダメ。子どもに見せられる内容であること。社会的問題に関しても若干グレーなため避けたほうが無難)
  • ナビゲーションバーやカテゴリー分けをして、ユーザーが見やすいサイト作りを心掛ける
  • 問い合わせ先を書いておく。もしくはフォームを設置。プライバシーポリシーも記入。
  • 1度不合格だったら再申請まで14日間は空ける

というものです。以前は1000文字以上、10記事程度で合格できたようですが、2016年10月現在では10記事程度では合格できません。厳しいと思う反面、それぐらいアドセンスに合格してからブログを放置する人が多くてGoogleも管理しきれないんじゃないかなと思いますね。
でも収益性は間違いなく高いです。これは本当に。私のPV数くらいでも1か月ではてなPro1年分くらいの収益は得られていますので、ブログを続けたい方は頑張って合格を勝ち取ってほしいなと思います。

1次審査が合格すると

落ちに落ちまくった1次審査。もう記事を増やすのもちょっと嫌になって(仕事も始めていたから時間もなかったし)、とりあえず記事数も増えたし、14日経ったからダメもとで一回申請しようとAd子にラブレターを出すことにしました。
すると2日後にいつもと違う題名でメールが。

f:id:springmaron52:20161029213747p:plain

な、な、なんだって!!!
まさかの合格。ちなみに不合格の場合、メールの題名がGoogleAdSense アカウントのステータス…となっていて、合格の場合は題名がGoogleAdSenseによるお申込み内容の審査が完了しました、と出ます。なんだか合格した場合はちょっと親切な感じなんです。
1次審査はコンピューターが合否を判断していて、2次審査は人が見る、と言われています。1次審査に合格すると広告コードを貼り付けて、GoogleAdSenseの社員(?)の方が審査をしてくれるのを待つことになります。

1次審査合格メールを受け取ったら広告コードを貼り付ける

①アドセンスにログインする。

まず、メールからでも、直接アドセンスのサイトに行っても良いのですが、1次審査に合格するとログインできるようになっています。

f:id:springmaron52:20161029215129p:plain

ここからログインしても良し。
広告コードを貼り付けるのはどこでもよいのですが、あくまで審査での貼り付けの場合はサイドバーが一番わかりやすいんじゃないかなと思います。私がまさにそうだったのですが、実際広告を貼ったりし始めるとスマホ版と、PC版とそれぞれにコードを貼り付けたり、どういったところに何枚貼り付けると効果的なのかとか考えることがたくさん出てきて、そこで時間がかかってしまったりもするのですが、審査の段階であれば素直にサイドバーが一番わかりやすいです。

f:id:springmaron52:20161029223701p:plain

②広告コードを作る

f:id:springmaron52:20161029220340p:plain

広告の設定→新しい広告ユニット、をクリック。

 

f:id:springmaron52:20161029220043p:plain

名前は審査用サイドバー、とかなんでもよいと思います。とにかく自分がわかりやすいもの。この広告がこの場所にあると収益性が上がる、とかたぶんあると思うのでそのクリック率とかを見るのにそれぞれの名前をわかりやすくしたほうがいいと思います(私はそこまで到達していませんが)。

サイズはサイドバーに貼るので、レスポンシブでもレクタングル中でもいいと思います。好きなものをクリックして、広告タイプはそのままテキストとディスプレイ広告、という両タイプのモードにしておきます。(どれでも良いと思いますが)

f:id:springmaron52:20161029220907p:plain

ここでコードを取得、というところをクリック。するとアドセンスのコードがずらっと出てきます。そのページはそのままにしておいて、他のタブを出して、はてなに移ります。

はてなブログの場合のコードの貼り付け方。

※私がはてななのではてなの貼り方を載せますが、はてなじゃない方はほかの方に聞いてください笑。

③はてなにログイン。

f:id:springmaron52:20161029221458p:plain

ダッシュボード→デザイン→カスタマイズ。サイドバー、をクリック。

f:id:springmaron52:20161029221909p:plain

モジュールを追加、をクリック。

f:id:springmaron52:20161029221938p:plain

その中で、Html、を選択します。タイトルのところにはスポンサーリンク、広告、と記入。これがないとGoogleAd子に速攻で振られます。広告とわかるように、というポリシーがあるみたいなので、場所によっては要らないのでは?という説もあるみたいですが、違反するのが恐ろしいので私はすべての広告にスポンサーリンクとつけています。
タイトルの下のHTMLを記入するところに先ほどの審査用の広告コードを貼り付けます。そして適用をクリックで完了です。

果報は寝て待て。

ということで、広告コードを貼ってから合格までは人によっては半日の人もいるようです。これはタイミングもあるのかもしれませんね。私の場合は3日だったかな?
人の目でという点からは少し時間がかかるのかもしれません。現行の審査だと1次審査さえ合格してしまえば、2次審査はほぼ合格ではないかと思います。なので私の記事も実はあれで終わりにするつもりだったんですよね。
2次に落ちる場合は何らかのポリシー違反があったり、量とかではなくおそらく内容でひっかかるものがあるんじゃないかなと思うのでもう一度見直してみてください。
心当たりがない場合は普通に合格すると思いますので。
一次審査の段階では問い合わせ先や問い合わせフォームは必要ない、という情報もありますが、結局2次審査の段階では必要になるみたいなので、1次審査の段階で問い合わせ先は書いておいたほうが良いと思います。
合格すれば外しても構わないみたいですが、捨てアドレスを使ってくださいね。誰が見ているのかわからないのがネットの世界ですから。

f:id:springmaron52:20161030100119j:plain

GoogleAdSense審査に思うこと。

このページを見てくださっている、というのはおそらく何らかの形でAdSense審査に苦労している方なのではないかと思います。有料のコンサルを受けているコンサル生でも不合格をもらっているという話も聞きますし、かなり難しくなってきているのは事実だと思いますが、この記事を書いていてすごく思うのは、意味のあるユーザー目線の記事を書いていたらいつか絶対に受かります。なのでお金を払ってまでAdSenseに受かろう!!なんて思わないでほしいなと。
お金を払って受け身で合格するブログを作るよりも自分でどんどん情報を得て、試行錯誤しながらブログを書いて合格する人の方が長い目で見て、収益の発生するブログを書き続けることができますよね。
そもそもコンサルを受ける、ということは自分で情報を得ていくことを放棄していることになるのでブログを書いて情報を発信したい、ということと相反する気がするんですよ…偉そう。偉そうにすみません。
あまりにも受からないからコンサルを受けよう~なんて思っている方がいたら自分で頑張ってくれ~!!と思います。
私もあまりに合格しないから心が折れそうになったので気持ちはわからなくもないんですけどね。でも、価値のある内容のブログを書いていけば合格はすぐそこです。
価値のある、価値のある…と意識しすぎずに、自分が書いていて楽しいこと、例えば旅行のこと、美味しかったレストラン、お勧めのお土産とかでもそこに旅行に行こうと思っている人からしたら十分に役に立つ内容じゃないかなと思います。
自分の経験談がお勧めですよ。
ちなみに私の場合は1次審査が合格してすぐに2次審査にも合格したので、2次でダメだった場合は2次からやり直しなのか一次からやり直しになるのかわからないのですが、ネットでは2次審査のみ、という話です。最近の情報では1次審査がメインの情報になっていて、2次審査に引っかかったという話はほとんど聞かないんですよね…
どなたかそういったパターンの方がいたら情報を教えてくださいませ。

まとめ

  • 1次審査に合格すれば2次審査はほぼ合格できる
  • 広告コードはわかりやすいサイドバーに貼り付けて、結果を待ちましょう。
  • 諦めずにトライしてください。有料コンサルなどに心を売らずに!!

ということで今回はGoogleAdSenseについて書きました。皆様にもより良いAdSenseライフが送れますように!!

来週末多忙ですが、今週は中日に休みがあるので、ユナイテッド航空マイレージプラスのことについても書いていこうと思います。ではでは。

 

 

 

よければぽちっとしてやってください。