読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルと陸と私-SFC修行始めました-

2016年3月から陸マイラーに。年間20万ANAマイルを貯める方法のコツと活動の記録。ベタでもハワイに行きたい!

【2017年SFC修行記】エアチャイナビジネスクラスで行く0泊2日シンガポールへの旅④~まさかのあなたが修行僧~

f:id:springmaron52:20170122212237j:plain

初のフルフラットシ-トに眠れぬ夜を過ごし、いよいよシンガポール・チャンギ国際空港に降り立った私。ここでのミッションは復路発券。Dカウンターを探し、復路の発券を無事に行うこと。無事に復路発券のDカウンターが見つかった私に待っていたのはある方との出会いでした。

今回はその出会いとシンガポール・チャンギ空港での出来事について書いていきたいと思います。

 【2017年SFC修行記】エアチャイナビジネスクラスで行く0泊2日シンガポールへの旅④~まさかのあなたが修行僧~

シンガポール・チャンギ国際空港へ到着

北京ーシンガポール間は時差がありません。エアチャイナCA975便はOntimeの0時30分に北京首都国際空港を出発(と思っていたら駐機場で1時間くらい待機していました苦笑。離陸は1時間Delay)、15分Delay(遅れ)の6時45分にシンガポール・チャンギ国際空港に到着しました。シンガポール・チャンギ国際空港は修行僧あるあるのタッチ&ゴーの変態フライトに対して過度のつっこみもない入国審査・出国審査…修行僧にとって非常にありがたい空港、と言われています。また何よりシンガポール・チャンギ国際空港はスカイトラックス社が格付け調査をしている空港ランキングで4年連続世界一位。世界屈指のハブ空港です。また同じくスカイトラックス社が行っている格付でいつも高評価のシンガポール航空が拠点にしている空港でもあります。
アジアの中でも突出して治安が良く、清潔な印象が強いシンガポール。空港自体もきれいでソツのない、利用者にとって非常に効率的でサービスにも満足できる空港です。
正直、何度か訪れている空港だったので、北京の時と安心感が違いました。やっぱり行ったことのある場所っていうのは違うんだなぁ…。

f:id:springmaron52:20170125132133j:plain

エアチャイナの美しいCAさんにお別れを告げて、シンガポールのボーディングブリッジに降り立った瞬間に嗅いだ匂い。それは甘~い感じの花の香り…といったらいいんでしょうか。アジアに来たな~って実感できる匂いでした。これ、なんどかアジアに行かれたこともある方はわかると思うのですが、アジアって花の香りがするというか、あれ何の花?シンガポールの国花はランの花、ということですが、ランの花の香なんでしょうか。
匂いフェチの私としてはこの一瞬の匂いというか香りを嗅ぐだけで疲れがふっとびます。一瞬で帰るけど、それでもうわ~アジアに来たな~とテンションがあがりました。ちょっと脱線しますが、私はその国のことを思い出すアイテムとしてよく香りの強いボディソープを現地で購入して使う、ということをよくやっていました。帰ってからそのボディソープを使うとあ~そうだったそうだった。楽しかったな~って思い出せるので、匂いは結構私にとって重要なポジションです笑。
5感って大事。記憶はものすごい勢いで消えていきますが、匂いでその国を思い出せるってストレスが溜まっているときとかすっきりしますよww
敏感肌の方は慣れているものを使った方がいいかと思いますが、現地でいろいろなものを買って試してみるというのも楽しいですよ~ぜひやってみてくださいね。

Dカウンターで復路発券のミッション

私にはチャンギ国際空港で忘れてはならない大事なミッションがありました。復路発券をすること。なんせチャンギ国際空港の滞在時間は3時間(15分遅れだったので2時間40分程度)!まったく時間がありません。いくらシンガポールが小さい国であってもさすがに入国して観光している余裕はないので、復路発券をするためにDカウンターを探します。
Dカウンターは以前宇野橋ラスク(id:seek28)さんのブログを拝見してどんな感じのところなのか写真は頭にインプットしてあったので…ひたすら左を見ながら(Dカウンターはまっすぐずっと歩いて、左側にあると教わりました)、Tranfer Lounge Dを探します。
そこそこ歩いてふと見るとそこには…

f:id:springmaron52:20170125133115j:plainでたーーーー!!

これこれ!多分これ!見た通り!
二人受付のお姉さんがいたので、先ほど日本のエアチャイナカウンターでプリントアウトしてもらったEチケット控えをお姉さんに渡します。英語で何か話したような気もしますが、大した英語は話せないので、これよろしく、くらいしか言ってないと思います笑。
お姉さんから「北京からきて、また戻るの?」的なことを英語で聞かれましたが、英語があまりわからないふりをして頷いておきました。また「Mileage?」というようなことを言ってくれたので、忘れていたANAVISAワイドゴールドを見せました。よしよし、なんとか無事に復路の発券もできそうだな…そう思いながら私が手続きしている間に隣にとある方がやってきました。
パスポートを出して、どうやら同じように復路発券をしたいようです。

今回の旅程でなんどかお姿を見たことのある方でした。
そう、彼は日本からエアチャイナに乗り、私が北京乗り継ぎの際に同じ日本人だからいざというときに頼りにしようと勝手に思っていたあの男性です。
日本のカウンターで見かけたあの方です。
……。

……。

間違いない。

ここで私はようやく気付きました。彼も修行僧だと言うことに。
途中の行程では全然気づきませんでしたが、だって復路発券をこのカウンターでやる人って修行僧しかいないでしょ?
荷物も私みたいな軽装ではなくて、リュックにしかもパソコン入りのカバンまで持っていたから、出張系の方なんだと思っていたら(スーツではなかったですけど)…
お姉さんが手続きをしている間、ちょっとにやけた顔を隠しながら左横のカウンターで手続きをしている男性をちらちら見る私。
もはや変態です。
ここで話しかけなかったら修行僧じゃない!と思いながらも、私の手続きの方が早く終わってしまったため、その場を離れるしかありませんでした。ストーカー?
あーーもったいない。こんな機会あまりないかもしれないのに…。
ここではSATSプレミアラウンジの招待券をもらうことができたので、気持ちを切り替えて、チャンギ国際空港を少しお散歩することにしました。
まぁ、帰路も同じであればどこかでまたお会いできるかなと思い…

チャンギ国際空港でのウィンドーショッピング

チャンギ国際空港でもですが、空港ではだいたい化粧品類が売られています。免税となる化粧品、ブランド品、もちろんデジカメやBOSEなども売っていましたが、化粧品なんかは女性はよくよく免税店で購入すると思うんですよね。そこそこ安いですし。
今回私も残り僅かになったシュウウエムラのハードフォーミュラというアイブロウペンシルを購入しようかなと思っていたのです。しかし化粧品のブランドの種類が多くてなかなかシュウウエムラが見つからない…
ぐるっと一周して、ようやく見つけたのですが、店員さんがいません。
美しいお姉さんは接客中です。これ、日本円でいくらくらいなんだろう…と思い、周りを見たところ、一人のおじさんを発見。
値段を聞くだけだし!と思って、「これ日本円でいくら?」と聞くと「わからない」と答えられました。
やっぱりお姉さんに聞いておくべきだったか…と思って「いいです」と答えるとどうやらおじさんは警備のおじさんだった様子。
警備なら警備って言ってよ(恥)!!
まったくあほ丸出しの自分に苦笑しながら、その場を去ろうとすると警備のおじさんはわざわざお姉さんに聞いてくれたようで、2000ジャパンイエン!と答えてくれました。おじさんごめんよ…。
皆さんはこんなアホなことしませんように…。
…そんな優しいおじさんのお手を煩わせながらですよ。
冷静に2000円は安くない。と判断するかわいくないアラサー女まろん。
「Thank You」と言い、その場を立ち去りました。
書いていて、自分でも最低だなと思いましたが、2000円だったら楽〇とかで買った方が安いですよ…
海外製の化粧品も国内で買った方が安い*1んですよ…だいぶ前から…。
知っていたけどね…。

 

そのあとはお店をちらっと見たり、写真を撮ったりして20分ほど過ごしました。

f:id:springmaron52:20170125140923p:plain

まだクリスマスツリーがおいてありました。常夏の島のクリスマスって不思議な感じ。花とクリスマスツリーがコラボ。

f:id:springmaron52:20170125142055p:plain

単焦点レンズなので、ボケ感はばっちりです笑。
次回はさすがにズームレンズ持参でしょうか…スマホと単焦点レンズの組み合わせで行こうか…。

f:id:springmaron52:20170125142429p:plain

 カメラの技術がなくて本当に申し訳ないのですが、今回の教訓としてはSFC修行の場合、ほとんど単焦点レンズでなんとかなるけど、座席とかを取りたいときに困る笑。
旅行の場合はかなり困ることになる、ということを学びました。
ズームレンズ重いんですよ…だから持ちたくないんですよ…外したりつけたり面倒だし…。

 

SATSプレミアラウンジでの再会

SATSプレミアラウンジで見かけたあの人は…

チャンギ国際空港を少し散策したところで、おなかも空いていたのでさきほどチケットをもらったSATSプレミアラウンジへ向かうことにしました。空港の案内通りに進み、エスカレーターを上がった先にあります。

f:id:springmaron52:20170125143251p:plain

SATSプレミアラウンジの横にはブリティッシュエアウェイズのラウンジもありましたよ~。

手を挙げている赤いジャケットを着たお兄さん…。誰?

f:id:springmaron52:20170125143453p:plain

SATSプレミアラウンジでは搭乗券と先ほどもらったチケットを渡しました。さすがにラウンジで朝からカメラ女にはなれず、全体の写真は撮っていませんが(そもそも全体写真自体、単焦点なので難しい笑)、まぁまぁの広さ、といったところでしょうか。

f:id:springmaron52:20170125144444p:plain

軽食も用意してありました。
ちらっと見て、席に荷物を置き(コートね)、軽食と飲み物を取ろうとしていると…
いたーーーー!!
そう、いたのです。
トランスファーラウンジ・Dカウンターで同じ復路発券の手続きをしていた日本人の彼です。
私がまだ若かったなら、声もかけずにスマートにやり過ごしたかもしれませんが、オバ・パワー*2が増しつつある最近、攻めの姿勢で声をかけました。
っていうか声をかけずにはいられませんでしたよ…。まさかいきなり初のフライトで修行僧に出会えるとは思っていませんでしたから…。

「すいません、あの、違ったらすみません。SFCの修行とかですか…?」
ととりあえず控えめに聞いてみました。違うなんてこたぁないでしょうが。
相手の方は「そうです。いわゆるその修行ってやつです」と答えてくださいました。
「シンガポールに3時間しか滞在しないプランですか?」
「そうです、調べたらこれがいいかなと思ったんですよね」
と少し会話をしましたが、お互い軽食を手に取っていたので、会話はその時に少し話したくらいでした。
ちなみにここで自分では若干不安だった「これってシンガポールに入国しなくてもいいんですよね?」と念押しして聞いておきました。
ちゃんと事前に調べておけよって感じでしょうが、ずさんなタイプなので行き当たりばったり系なんですよね。

 

「じゃぁ頑張りましょう」と伝えて、私はラクサとジュース、オムレツとワッフルを取って、席に座りました。

f:id:springmaron52:20170125153236p:plain

ラクサはシンガポールの代表グルメで、マレーシア、シンガポールの国民食のような立ち位置。ターメリックなどの香辛料が効いたカレーヌードルにココナッツミルクの風味を加えたものです。
今、日本でもカップヌードルのエスニックシリーズでシンガポールラクサ、というシリーズが出ていて、現地のものと若干違う(日清のは若干日本人の好みに寄せている)のですが、興味がある方は購入して食べてみてはいかがでしょう?

ちなみにミーゴレンは個人的にはいまいち…。トムヤムクンご飯(ヌードルじゃなくて)が一番のヒットです。

ラクサは空港のラウンジとはいえ、しっかりと辛みが効いているカレー風味にココナッツミルクが主張して、なかなかおいしかったです(辛いのが苦手な方はペーストを入れなければ大丈夫だと思います)。
SATSプレミアラウンジにしか行く時間がない笑、という方はラクサを堪能してみてくださいね。入国できる余裕のある方は屋台のラクサが断然お勧め。
本来なら入国してその国を楽しむことが一番だと思いますが、この入国しないSINタッチをする方はせめてラクサでシンガポールを感じてください。

抜け目なくブログを紹介する

スマホの充電をし、久しぶりにWifiにつないで、ツイッターを開きました。SATSプレミアラウンジでのWifiは(チャンギ全体でWifiは設置してあるみたいですが)、そこそこ快適な通信状況だったように思います。北京ではラウンジに寄る時間がなかったので、ほぼつながらないというWifiを体験することができなかったのですが、シンガポールではツイッター、LINEのやり取り程度は可能な感じでした。
Youtubeは見ていないので、動画はわかりませんが…

このときツイッターを確認していたらルール(id:rulearc)さんからメッセージが。なんと私のルールさんのIDコール綴りが間違っていたようで…その節は大変失礼いたしました。コメント欄ではなくメッセージに入れてくれるルールさんの丁寧なお人柄に感動しつつ(個人的にはコメント欄でもメッセージでもどちらでも良いと思うタイプです)、タイミングの良さについ現状報告をしてしまいました。
初の修行だったので、ちょっとの心細さもあったのでルールさんとのやり取りはなんだかツイッターっていいな~ってほっとする、同じ修行僧同士っていいな~って思う一面でした。

www.ana-neko.com

 スマホのチェックをしていると、先ほどの修行僧のHさんから声をかけられました。「少しお話させてもらってもいいですか?写真を撮られているみたいですけど、ブログとか……されているんですか?」と。
う~ん、直球。隠しても仕方なし、修行僧にあったことをブログにネタにしたかったので、正直に「そうなんです」と答えました。
もちろんすかさず「今日のこと書いてもいいですか?」と確認しておきました笑。
Hさんは名古屋発の修行を探しているそうで、名古屋の単価のいいものを取り扱っているブログを中心に情報を集めている、とお話ししてくれました。
私は東京からなのであれですが、やはり地方からの情報っていうのは少なくなりがちなんだな…(実際私も東京以外はほぼ調べていないですし)と思いました。

もちろん、弱小ながら私のブログも一応紹介しておきました。ハ〇友になってねとは言っていませんのでご安心ください笑。
Hさんはタブレットでマイラーブログを見ているそうです。ブログを見ているだけで書いてはいないんですよね、と。ツイッターもやっていない、とおっしゃっていたので、ツイッターは結構大事なつぶやきを修行僧なり先輩修行僧の方がつぶやいてくださるからやった方がいいですよ~とお勧めしておきました。

色々お話させていただきたかったのですが、帰りの便の搭乗時間までもさほど時間がなかったので食事を終えて、乗ってきたCA975便が到着したゲートに戻らなければなりません。
最後に少しウインド-ショッピングをしたかったので、スマホの確認をして、荷物を整えてラウンジを後にしました。
いよいよ復路です。

 

まとめ

今回は復路の手前、シンガポールチャンギ国際空港での出来事について書いてみました。あと1回で終了かな~と思います。修行記って結構書きやすいのであれですけど、このネタがなくなったら3月まで書くことがない…くはないんですが、更新ができないかな~という気配を感じます。やる気の問題?
まぁ。それもあるような、ないような。
脱力感満載ですが、これにて!

 

  ★よろしければポチっとしてやってください

 

 

 

*1:でも日本製のと成分が違ったりするので、肌に合わないこともあり要注意です

*2:子どもを産んでから増し始めたおばさん力