子育て陸マイル~あしたマイルでどこいこう。~

2016年3月から陸マイラーに。1年で年間40万マイルを貯めました。紫修行で飛行機大好きに。

【2017年SFC修行記】エアチャイナビジネスクラスで行くシンガポール0泊2日②~ついに機内、ついに北京~

記憶の薄れないうちにとはいいつつもうすでに10日経過してしまいました…薄れつつある記憶を呼び起こすために、早めに続きを書いていきたいと思います。
前回はエアチャイナのカウンターでグランドスタッフさんから修行僧禊のお言葉・明日お帰りですか?コールをいただいたわたし。
そこからANAラウンジまでを書いたのですが、今日は実際にエアチャイナに搭乗し、北京にたどり着いたところまでを書いていきたいと思います。

f:id:springmaron52:20170108210943p:plain

 目次

【2017年SFC修行記②】エアチャイナビジネスクラスで行く0泊2日シンガポールへの旅~ついに機内、ついに北京~

ANAラウンジを出て、エアチャイナ搭乗口へ。

前回、昼食を抜いてANAラウンジに乗り込み、憧れのカレーをいただきました。ああ、このまままったりもいいよなぁ…と思う気持ちを抑えて、エアチャイナに向かわなければいけません。搭乗口までは歩いて15分程度は見てください、と言われています。ラウンジを出て、ゆっくり歩くことにしました。
ついでにカードラウンジも見学。エスカレーターで上がった先にあるラウンジなので、比較的わかりやすい場所にあると思います。保安検査場を抜けたらすぐのところです。

f:id:springmaron52:20170114144200p:plain

このSKYラウンジ、というところ。雨金でよろしくしました。搭乗券を見せたら「もう少し近いところのラウンジをご紹介できますよ」と丁寧に教えてくださいましたが、ネタのためだけに訪問したんです…とは言えずに「いいです。少しなので」と答えました。

f:id:springmaron52:20170114145031p:plain

対象カードはこちら。

f:id:springmaron52:20170114145511p:plain

24時間OPENしているので、便利といえば便利ですかね。私はまだSFC取得前なので、通常国際線を使用する際はラウンジの使用はできないですし。
ただし食べ物はありません。飲み物だけありました。

f:id:springmaron52:20170114150042p:plain

↑単焦点レンズしか所持していないからこんなことになります笑。えへ。

カードラウンジは電話が来たフリをして、ささっと出ることにしました。こざかしいアラサーがここにwwそこから搭乗口に向かってしばらく歩くとコーナーにキッズスペースが。

f:id:springmaron52:20170114155611p:plain

羽田の国内線も似たような感じのキッズスペースですね~羽田空港の国際線ターミナルでは2か所、キッズスペースが設置してあります。

f:id:springmaron52:20170114155931p:plain

端と端。ちなみに私が写真を撮ったのは141番搭乗口の手前の方。左側の方ですね。それにしてもこの図、わかりやすいですね…字は細かいですが…。もう一つの記事も張り替えようかしら。
羽田は国内線もですが、やはり日本の玄関というか代表空港だけあって、子持ちにとってもかなり環境が整っています。これ、新千歳空港だとこうはいかないんですよ…キッズスペースどこだい?みたいな。いいやもうYoutubeで。ってなります。
お子さんがいる方で、子供が生まれて初めて海外に行きます!という方はあらかじめ空港内のキッズスペース、おむつ交換台(トイレにだいたいあります)、授乳室あたりは位置を把握しておくと空港についてからスムーズに動けます。子ども用便座は設置していないトイレもあるのですが、羽田は車椅子の方用のトイレに設置してあります。すべてのトイレを検索していないのでしていないところもあるかもしれませんが。
子供がいるとトイレやらおなかすいたやらで時間通りに進まないことが多いですのでね…

エアチャイナ搭乗口~北京首都国際空港へ。

初の国際線・ビジネスクラスへ潜入。

141番搭乗口へ向かいます。うーん、15分かかりますよと言われた納得の距離ですね。一番端の方までせかせかと歩きます。
搭乗口でもJALのグランドスタッフが。その中に赤い制服を着た方がいらっしゃって、ああ、この方がエアチャイナのスタッフさんかな?と思いながらチラ見していました。搭乗口にいるお客さんたちは半分以上中国人のようでした。何人か日本人もいましたが、おおよそ中国人または外国人のようでしたね。
私が乗る予定のCA168便、東京羽田発北京行きは19:30発。搭乗開始時間は18時50分。来るべき嫌な予感に対して搭乗時刻をあらかじめ早めに設定しているんでしょうか。40分前って。こんなものでしたっけ?最近国際線乗っていないからなぁ…
優先レーンから開始のアナウンスが流れますが、そこはやはりエアチャイナなのか。エコノミーのお客様は我先へと並びます。そしてグランドスタッフさんも説明するのが若干面倒なのか、そのままその状態で列を整えます。

なんだかもう優先で行くのも面倒だったのでぎりぎりまで座って列が進むのを待っていました。

f:id:springmaron52:20170114224926p:plain

いよいよ搭乗。東京ー北京間は短距離路線のためフルフラット機材ではありません。どちらかというとプレエコっぽい、座席と座席の幅はあるので、体的にはだいぶ楽です。
写真…?そ、そうですね。では一応。

f:id:springmaron52:20170115140917p:plain

わからん。フルフラットなのかプレエコ仕様なのかもかなりわかりにくいセンスゼロ感満載な写真がアイポンに残されていました。一番後ろの席です。これは帰りの便の写真なのですが、行きの便はお隣の方は中国の方かな?
16席中、8割くらい埋まっていたような気がします。座ると美しいCAさんがおしぼりと飲み物を持ってきてくれました。
オレンジジュース、お水があったのですが、他の方でシャンパンをもらっている方もいたのでお酒も配っていたんだと思います。お酒はね、普段からあまり飲まないというのとこの後に緊張の北京が控えていたのでやめておきました。
そのあとメニュー表が配られました。この東京発ー北京間だけは日本語のメニュー表が配られます。

f:id:springmaron52:20170115144001p:plain

ちなみにこのメニュー表の飲み物は食事と一緒の時に配られる飲み物なのですが、リクエストすればいろいろな飲み物をもらえるのではないかと思います。
個人的に気になっているのはPepsi Max…。ゼロカロリーのこと?誰か教えてください笑。
私はもともと中国茶が好きなのですが、この便ではなんだか面倒なのでリンゴジュースをリクエストしました。なぜ面倒かというとですね。
このメニュー表(日本語)を早々に回収するんですよ。それでそのあと英語でメニューを聞いてくるんですよ。だからもう何が何に相当するのかわからない笑!!BeefとChickenくらいはさすがの私もわかりましたが。
メニュー表持っていくなよ!注文聞く時までおいてくれよ!英語が話せないやつはエアチャイナに乗るなとそういうことでしょうか(被害妄想)。

ちなみに主菜は4種類
・黄金玉子けんちん焼き寄地餡(←意味がわからない)
・鶏もも肉煮込みと黒豆ソース(←黒豆ソースに嫌な予感がして没)
・牛肉ロースの炒めと赤ワインソース(←洋風に嫌な予感がして没)
・中華風の生姜醤油野菜炒め(←これかな)

でした。

とりあえず中華風の野菜炒めをお願いしようと思って、「ベジタブル?」みたいなことを言われたのでYesYesと答えたのに、なんだかよくわからないうちにベジタブルじゃないものを頼んだ気がします…笑。ベジタブルって言ってるんだからほかにいろいろ聞かないでくれよ…
まぁANAラウンジでカレーをいただいていたので、この際なんでもいいやと思って諦めました。何が来るんだろう。多分、BeefとChicken以外のどちらかが。
エアチャイナに乗る方はご注意くださいませwwwこの経験から本気で英会話やらないとと気合が入りました笑。
f:id:springmaron52:20170115200755p:plain

離陸へ~エアチャイナの離陸風景~

エアチャイナ…AMFさん(id:anamileagefreak)のブログを拝見して、かなり自由な世界が繰り広げられるらしいとのことだったのですが、意外と皆さん静かにそのまま席に座っていました。
出発時間は19時30分だったのですが、実はこのCA168便まさかの10分早い出発でした。時計見ていましたから、間違いないです。あれ?ちょっと早くない?……まぁいいか…?最終的に離陸したのは19時30分くらいでしたが、ボーディングブリッジが離れたのは少し早めの時間でしたね。
あとは飛行機が動き始めているのに、まだ立って荷物を入れている乗客がおりました。これ、日系ではありえないことだと思います。しかもCAさんも隣で笑いながら荷物を入れるのを見ているという…
ありなの?エアチャイナではありなんですかね。多分、中国のフラッグキャリアですから多少のことでは動揺しないのでしょう…
皆さんももしエアチャイナに乗ることがあればいつもの日系とは違う光景が見られるかもしれません。
実は地味にこの一番初めの離陸のときが一番緊張していまして…何もないと思うけども何かあったらどうしよう笑。なんてちょっと考えてしまいました。結局スムーズに離陸したのですが、こんなにヘタレだったかしら私は。と思いながらの離陸でしたね。もちろんさすがにさきほどの立っていた乗客は座っていたようです(エコノミーのお客様だったのでカーテンが敷かれて見えなくなった)。

離陸して少しの間は気流が乱れていたのか揺れましたが、安定してすぐに食事の準備になりました。

 

初のビジネスクラスの食事~食レポのセンスを問われる~

 いよいよ食事の時間がやってきました。せかせかとCAのお姉さんたちが(16席で2名担当の方がいました)ナプキンとコースターを持ってきて、順番に置いていきます。一体何が来るんだろう…自分が頼んだものもきちんとわかっていない私はドキドキしながら待つことにしました。
飲み物を配られ、重箱のようなものが配られました。おせち風?お正月に近いからでしょうか。

f:id:springmaron52:20170115201624p:plain

 ついでにぬるめのインスタント感が溢れるお味噌汁もくださいました。でもエコノミー経験しかない私にとっては暖かいスープのようなものが陶器でもらえるだけで十分ありがたかったです。若干寒かったですし(シンガポールとの温度差を考えて比較的軽い服装にしてきたので)。
このおせち風料理、意外とおいしかったです。だいたいいただいた気がします。なにこれ~というものはなかったような。ちょっと記憶が…だいぶあいまいになってきていますが。
全体的に上品に味付けをされていました。
そして問題は主菜。私が頼んだ主菜は一体なんなのか。
じゃん。

f:id:springmaron52:20170115202020p:plain

……なにこれ。
でもわざわざメニュー表をカメラで見返すほどでもなかったので一体自分が頼んだのはこれだったのか。違うのか。それすらわかりませんでした(酷)。
多分…一番上の寄地餡ってやつでしょうか?え、それともこれ野菜炒め?野菜炒めっちゃ野菜炒めだなぁ。しかしこのあんかけは一体…。
中華は野菜炒め=あんかけなのか??
ヒントを得ようと周りを見てみますが、BeefとChickenの人しかいないから判断ができません。味は生姜風味だったような違うような…
もうなんでもいいや、と半分ほどいただきました。
美味しいか、美味しくないかを言われると正直に言うと普通、という感じでした。
感動もしないけど、食べれないとかまずいとかそこまででもない。ごくごく普通のお味でした。
ここまで書いて、食レポに向いていないことを痛感しています。うーん。以前アメックスのゴールドダイニングの食レポをして低レベルな舌を公表した私ですが、そのときは本当においしくて、感動ものだったんですが…今回はまったく言葉がでてきません。それくらい普通だった、ということでしょうか。
まぁアメックスで予約できるフレンチとエアチャイナを一緒にしたらいけませんねww

食べた後はうとうとと眠りにつきました。とはいえ、30分も寝ていないような…スマホを見ていたら「No!スマホ~」と言われて、諦めて寝たんですけどね。でもタブレットで映画を見ている方は周りにたくさんいたので、タブレットはいいみたいでした。違いはなんなんだ。
まぁ食事をして少し経つと機内が消灯されるので、CAさんたちはカーテンの後ろに行ってしまいますので、ちらちらとスマホを見ていたりしたのですが。さながらカンニングを見られないようにしている生徒のようでした。

f:id:springmaron52:20170115211612p:plain

いよいよ北京首都国際空港へ

無知は時々罪になる。

この時はスモッグについてあまり深く考えなかった私ですが(運だなと思っていたので)、後日宇野橋ラスクさん(id:seek28)から冬場は大気汚染が強く、ダイバートする可能性がやや高いということを知りました。何も考えずに今回エアチャイナでSINタッチを計画しましたが…
そもそも中国のスモッグ、大気汚染(PM2.5)は中国の工場などで質の悪い石炭を燃やして排出された有害物質だそう。中国国内のガソリンも品質があまりよくないため、自動車から排出される排気ガスにも含まれているのでは…と言われています。
だいたい10月~3月くらいの冬場は暖房を使用するので、スモッグが濃くなり、夏場は比較的薄くなる傾向にあります。北京は三方を山に囲まれているので、スモッグが発生し、籠りやすい場所なので、北京首都国際空港の欠航は日常茶飯事だそうです。
この粗悪な石炭に頼っているのはお金がない郊外に住んでいる方だったり、中小工場だったりで、なかなかこれを根絶する手立てがないのが現状なんだとか。

実際、私が無事に着陸した3日も4日もかなり濃いスモッグ指標がでていたそうです。
私自身、安いし…という理由で簡単にSINタッチを計画してしまいましたが、中国の環境や状況に少しでも思いを馳せれば、時期をずらすなりしたのかもしれません(しなかったかもしれませんが)。
この辺はもう無知だったな…と思うと同時にやはり乗り継ぎでも自分が訪問する国についての最低限の知識は得ておかなくてはなぁ…という反省でした。
ということで、エアチャイナでSINタッチをする方は3月以降、4月~夏場にかけてが成功率が高いんじゃないかと思います。
ただし、一気にプレミアムポイントを稼ぎたい、3月までに解脱をしたい、といった方は運を天に任せてGoするしかないかなと思います。実際私も後日飛んだMoonbowさん(id:moonbow5)も成功していますしね。

北京首都国際空港へ~

北京の上空、かなり下降してから北京全体霧に包まれているのに気づきました。電飾もぼんやり、かなりスモッグが濃いのかな…なんて思いながらも飛行機はなんということもなく着陸。ただし、かなり濃い霧でした。夜遅かったので、そのせいかなぁ…なんてわけのわからないことを考えていましたが。ボーディングブリッジが設置されて飛行機から降りることができたのが22時15分。予定より15分ほど早い到着でした。
この飛行機を降りてからボーディングブリッジに出た瞬間の匂いが忘れられません。すごい煙たい、というかむせ込みたくなるような、明らかに有害物質が籠っているようなにおいがしました。

f:id:springmaron52:20170115211718p:plain


さすがに辛くて、すぐにマスクを装着しました…。
これ、あとでまたチャンギの時も書こうかと思うのですが、ボーディングブリッジを出たときに嗅ぐ香り、匂いってその国のイメージというか最初の印象なんですよね、私にとって。
私、かなり匂いフェチなのか、結構匂いには敏感なのですが、降りた瞬間に身の危険を感じてマスクをしたのは初めての体験でした。これ、北京に住んでいる方には相当な身体的・精神的負担になっているのではないかと…。
匂いに紛れて書くのを忘れそうでしたが、寒かったです。空港内はそこまで寒くありませんでしたが、ボーディングブリッジ内はすっごく寒かった!!!
でも一瞬なのでコートも着ないで颯爽と潜り抜けました。

ということで、無事に北京に到着。まだ北京…乗り継ぎあれこれまで書きたかったのですが、文字数的にも無理でした。5回くらいに収めたい。
乗り継ぎトラブル~フルフラット体験はまた次回。

前回の記事はこちら。よければご覧ください。

www.springmaron.com