ANAとマイルと陸と私-SFC修行始めました-

2016年3月から陸マイラーに。1年で年間40万マイルを貯めました。紫修行で飛行機大好きに。

【2017年SFC修行記】エアチャイナビジネスクラスで行くシンガポール0泊2日①~初めての禊、初めてのラウンジ~

f:id:springmaron52:20170109205722p:plain

行ってきました、SINタッチ。2017年SFC修行の幕開けです。事前に様々なブログで情報収集をしながらも乗り継ぎの時間に余裕のないスタイル。果たして成功するのか…?とドキドキしながら第1回目の修行を終えました。今回から何回かに分けて、エアチャイナSINタッチでの修行記を書いていきたいと思います。

【2017年SFC修行・記録①】エアチャイナビジネスクラスで行くシンガポール0泊2日~初めての禊、初めてのラウンジ~

目次

第一回目の修行はエアチャイナ。

今回、私が選んだのはこちらのフライト。

   出発   到着    獲得PP 出発時間
CA168 19:30 東京羽田 22:30 北京 2041 Ontime
CA975 0:30 北京 6:30 シンガポール 3888 Ontime
CA976 9:30 シンガポール 15:30 北京 3888 Ontime
CA183 17:20 北京 21:20 東京羽田 2041  
          11858  

 エアチャイナSINタッチ、シンガポール滞在時間3時間のプラン。滞在時間は少ないけど、その分早く日本に帰国できる(そりゃそうだ)、効率だけを追い求めたプランです。多分若干変態フライト入っていると思います。
なぜエアチャイナを修行早々に持ってきたかというと後述する休みの兼ね合いとブログのネタ、ANAといういたれりつくせりの甘い汁を吸う前にエアチャイナを経験してみようと思ったからです。もともと飛行機は日系より圧倒的に外資系に乗った機会が多いですし。年始の国内線は混雑が怖い、というのもありますけど…

 

SFC修行をするにあたり、まず年始の旦那が子供を連れて旦那の実家にお世話になる期間(年末年始は仕事もあったので、もともと行かない予定でした)をチョイス。旦那には3日、4日はいないよ。と伝えていましたが、飛行機に乗りまくってステイタスを取る、とは伝えていたものの、まさか2日間でシンガポールに行って帰ってくるねとは言えず笑、実際3日の夜に実家から戻るから車で迎えに来てくれる?と旦那に言われたときはなんて答えようかかなり悩みました。
普通に「いや、私3日は夜帰ってこない予定だから無理だよ?」と伝えましたが、シンガポールに行ってるから、とはさすがに頭大丈夫か?と心配されかねないと思ったので、特に詳細は話しませんでした。
つっこまれませんでしたが、嫁が年始早々実家に顔も出さずに夜遊びでもしているのかと思われたのでしょうか…。
いまだにあの2日間私がどうしていたと思う?と怖くて聞けません笑*1
皆さん、奥様や旦那様に内緒だったりして修行される方もいますが、個人的なお勧めはやはりちゃんと事前に了承は得ること、だと思います。
特に男性の場合ね。家計は奥様が握っているとしたら隠れて取ったらかなりのお怒りを受けるんじゃないかと…私自身は旅行が大好きですし、旦那がJGC取りたいと言ったら言っておいで~と言ってあげたいですけども。ただその分ちびの面倒を見なきゃいけないのがな…笑

f:id:springmaron52:20170109204125p:plain

修行記と言いながらちょっと脱線ですが、
もともと仕事で不在がちな男性と育児休暇なり育児のために専業主婦をしている女性の育児に対する精神的な負担感はだいぶ違いますので、仕事でそもそも平日日中は不在なのに休日までいないと夫に言われたらそりゃ怒ると思うんですよ、妻なら。私には自由になる時間はないわけ?って思いますよねぇ。
子供がいないなら気にしなくていいと思いますけど、子持ち、特に乳幼児がいる方はその辺はシビアに考えたほうがいいと思います。

なので、女性が隠れて修行をする分にはあまり問題ないかなと思う私ですが、男性が隠れて修行をするのは後で明るみになったときのダメージは相当大きいと覚悟した方がいいです。
と個人的な思いをちょっと書いてみました。あくまで私の思いですが、同じように思う女性がそこそこいるような気もしますので、男性子持ちの陸マイラーさんは奥様の思いをちょっとだけ意識してみてくださいね。
あくまで私の意見ですが。

 

あり得ないずさんさ~Eチケット控えはどこに~

エアチャイナでのSINタッチ、事前準備の悪い私はなかなかEチケット控えを印刷せずにいたのですが、12月末に子供を二人ジジババに預けてから少し時間があるときに重い腰をあげて控えを印刷することにしました。
…が、見当たらない。
どこ?あれ?どこのメールに控えが届いたんだっけ?
なんせ予約したのは9月下旬。まったく記憶にありません。昔の自分のブログを見てみると笑、Gメールは使えないと書いてあります。となるとパソコンメールか…。久しぶりにパソコンのOutlookを開くと…しばらくOutlookを開いていなかったせいで9月~11月のメールはまとめてどこかへいってしまっていました。11月中旬以降のメールしか受診してくれない悲しみ。

Oh!No!

というかまず、予約をした時点でちゃんと見ておけばよかったんですが…なんで確認しなかったんでしょう私。
いくら雑でずさんな私でも、その辺はちゃんとやるんですけどね。エアチャイナに電話をかけてEチケット控えを出してもらおう、と思いましたが、年末のためかまったくつながらず。
う~ん、初のエアチャイナ、初のSFC修行だっていうのに、この出だし。先が思いやられます。きっちりした方なんかは私のこの杜撰さはありえないことでしょう笑。

……。
でも今までの経験上、Eチケット控えをカウンターで出したことはない(出してもいらないと言われることが多かった)し、パスポートさえあればいけるはず、と思い直して、時間を確認して2時間半前あたりに羽田に着くように気持ちを切り替えて乗り換え案内を検索しました。
エアチャイナでEチケット控えなしで行くというのはちょっとドキドキしましたけども。
良い子はマネしないでね。
でもEチケットはコンピューターの中にチケットがあるので、控えがなくても基本的に搭乗に問題はありませんよ~。

 

f:id:springmaron52:20170111214614p:plain

東京羽田国際空港、国際線ターミナルへ

羽田空港にはちょっと早めの16時半すぎに到着。エアチャイナはLカウンターだったので、とりあえず向かいます。カウンターオープンは17:00、と張り紙が。
f:id:springmaron52:20170109201011p:plain
30分少々あったので、エスカレーターであがり本屋さんをぶらつき時間をつぶします。国際線ターミナルはいいですね~なんというかこれから旅に出る!というわくわく感があります。
個人的には羽田よりも成田空港の方が非日常感があって、旅は空港から。という感じが強くてテンションがあがりますが、羽田は羽田で楽しいですね。というほど羽田の国際線にも詳しくないのですが。
しばし時間をつぶして、16時55分あたりにエアチャイナのカウンターへ。


エコノミーは並んでいましたが、ビジネスの優先レーンは3名ほど待っていましたがすぐに自分の順番が来ました。エアチャイナなので、ほとんどが中国の方なのですが、ビジネスに同じように日本人の方が並んでいました。
やはり慣れていない、初めてのエアチャイナ。同じビジネスクラスに日本人の方がいるというのは心強いなぁと思いました。

f:id:springmaron52:20170108200727p:plain

ここでもちろん、修行僧あるあるの禊が待っています。
今回、東京羽田発北京経由シンガポール行きのカウンター業務をしていたのはJALの方々たち
Eチケット控えがなかった私は「Eチケットの控えをもらえますか?」とお願いします。お姉さんは快く了承してくれたのですが…Eチケット控えをコピーしてパスポートを確認して発券した後、Eチケットを入念に確認して

「え~と、お帰りは…明日ですね。」
一瞬、お姉さんの顔が若干変わったのを私は見逃しませんでした
これね。
変態フライトキターーーー!ってことですかね?
修行僧が解脱するために課される心の修行ですね。
だって北京まで行って乗り継ぎをしてシンガポールに行くのに、なんで3時間で帰ってくるわけ?って普通の人なら思うことでしょう。自分でもなんでこんなことをしているのかちょっと疑問に思える時があります。
……いやいや、いいんです。
どうせ変態ですから。
「はい、そうです(明日ですけど、何か?)」と至極なんの問題でもないように冷静に答えました。
一瞬お姉さんの顔が変わったとは言え、さすがプロ。さすがJALのグランドスタッフ。お姉さんも何事もなかったかのように(聞かなかったことにした?)業務に戻りました。
そのあとは特に何も聞かれることなく、搭乗口が遠いこと、ラウンジは今の時間帯はこのラウンジを使用すること、と説明を受け、保安検査場に向かいました。

f:id:springmaron52:20170111215946p:plain

保安検査場では

この保安検査場、端の方にあるので比較的混雑していたのですが、前にいた二人組の中国人がとにかくやたらに鞄とかからプラスチックケースに出しています。鍵とか、ポケットに入っている小銭とかから、タブレット、カメラ、メガネ(メガネ?)、タオル(タオル?)、リング付きのメモ帳(リングでセンサーに反応…?)、携帯…。
これは北京がこういった手荷物にかなり厳しい場所だからなんだなと後でわかりますが、それにしてもかなり頑張って荷物を出していて、しかも係員さんに「もういいから進んでいいよ」と言われているそばでまだ頑張って荷物の点検をしていて、そんなに出さなくても大丈夫だよ…進んでもらえますか…?と待てない女全開のアラサー女は正直にそう思ったので、ちょっと記憶に残っています。

f:id:springmaron52:20170111215605p:plain
通常私はカメラ、タブレット程度しか鞄から出しません。あと必ずベルトは避けています。鳴ると面倒なので絶対にならないであろう、という格好をするようにしています。
が、これはあくまで自分が普段知っている日本だからであって、もし北京で同じような二人組が前にいたら、私も焦ってメガネやらタオルやらすべてケースに出してしまったかもしれません。
その国、その場所で、様々な事情や価値観があるので、柔軟に対応していかなくてはなぁと思うとともにそういったケースにものほほんといつも自分を持っていられるようにしていたいものだな、と思いました。

いよいよ初のANAラウンジへ潜入!

私にとって初めてのビジネスクラス。初めてのANAラウンジ。ドキドキしながら向かいます。そして空腹。この時のためにお昼ご飯を抜きました
食事への意気込み・気合の入り方はばっちりです。
エスカレーターで4階のラウンジへ向かいます。

f:id:springmaron52:20170109214026p:plain

いつもくたびれた出張族のサラリーのオジサマかセレブしか使えないと思っていたANAラウンジ…正面の写真も撮りたかったのですが、そこそこの出入りがあったのと、持参したカメラが単焦点レンズだったので入り口が入りきらない笑、という事態が発生したので、入り口の写真は諦めました。

入り口の受付で搭乗券を出します。エアチャイナでごめんなさい。
そつなくANAのスタッフが受付をしてくれます。
そのまま何事もないように歩きます。ドキドキ…ドキドキ…
初のANAラウンジ…
結構な人数の方が使用していたので、中の写真は撮りませんでしたが、落ち着いた雰囲気にゆったりとしたソファ。窓側の飛行機が見える場所から、家族みんなで落ち着ける空間があったり、一人でも本を読んだりして過ごせるスペース…カードラウンジとは全く違う空間がありました。
シャワー室もありましたが、これは今後使用することがあればレポをしたいと思います。女の場合は化粧のし直しとかを考えるとシャワーはちと面倒…夜出発のハワイ便とかはいいかもしれないけど。

スタッフの方がいろいろを気をつかっているんだろうなぁと思いました。
飲み物と食べ物カウンターは入り口側と反対側に2か所。置いているものは同じでした。
トイレには化粧水・乳液がおいてあり、トイレ内には子供が座れるベビーチェアも設置してありました。が、オムツ交換台は見当たりませんでしたね~。どこかにあるんでしょうか?そこそこ混んでいたので意気揚々と探索するわけにもいかず…
また、ANAラウンジはキッズスペースもありませんでした。お子さんは何人かいらっしゃいましたが、概ね静かな大人の空間、という感じで、こりゃ~怪獣2匹連れてゆっくりするのはちと厳しいかな…というのが正直な感想でした。
まぁ私のSFC獲得はラウンジ目的ではないし、子どもももう少し大きくなったら多少落ち着くかもしれないですけど…多少…。

f:id:springmaron52:20170109215630p:plain

いよいよカレーとの対面

空腹だったので探索も早々に打ち切り、食事をとりに行きました。やはりANAラウンジのカレーは食べなくては…!と思っていたので、まずカレー。あとは焼きそば(バター醤油風味)、おにぎり(梅味)を取り、飲み物を取って、まずは席に座りました。
炭水化物ばっかりですが、気にしない。
これが修行僧御用達のANAカレーか…!感動もひとしおです。

f:id:springmaron52:20170109220207p:plain

まだ使いこなせていない単焦点レンズで撮影した写真…笑

カレーには福神漬けをつける派なので、福神漬けと一緒にいただきました。
スパイシーでちょっと大人の味!おいしい~!!
いつも甘口のバーモントカレーしか食べていない*2私には新鮮なスパイシーさです。こうなるとJALのカレーも気になってきます。ハワイの時に食べられるかしら。
ちなみに焼きそばはいまいちでしたね…バター醤油じゃなくて普通の焼きそばをお願いします。
おにぎりは普通においしかったです。すごい!!おいしい!というような感動はありませんが、日本人ならおにぎりだよね。というほっとする味でした。
あとはリンツのチョコレートをいただいて、コーヒーを飲んで、ラウンジでゆっくり過ごしました。
私自身はあまり飲酒をしないのであれですが、お酒が好きな方は飲み放題というかANAバーになると思うのでうれしいですよね。

 

まとめ

ということで記憶が薄れないうちに全部書き上げたいエアチャイナSINタッチ修行記第一弾でした!
特に何も引き出しがないので、普通の修行記ですみません…。次回も早めにUPできるように頑張ります。ではでは。

 

 

*1:でもテーブルの上に羽田19時半、北京22時半、シンガポール9時半、羽田21時20分着とフライト予定が書いてあるメモを残したのと、子供にママどうして遅かったの?と聞かれたときには飛行機が遅れちゃったからね~と答えているので、なんとなくわかっているのかもしれません

*2:子どもに合わせているため。2つの味を作るのは非常に面倒なため。