子育て陸マイル~あしたマイルでどこいこう。~

2016年3月から陸マイラーに。1年で年間40万マイルを貯めました。紫修行で飛行機大好きに。

【年間20万マイル(ANA)を貯める方法】:陸でマイルを貯める必須アイテム・ソラチカカード

f:id:springmaron52:20161105191516j:plain

ソラチカカードってご存知でしょうか?陸マイラー必須カード。このソラチカカードがあるかないかでは全然陸でのマイルの貯め方が変わってきます。ソラチカってどんなカードなんだろう。ソラチカについてお伝えしていきます。

 

 

f:id:springmaron52:20160407105540j:plain

【 年間20万マイル(ANA)を貯める方法】:陸でマイルを貯める必須アイテム:ソラチカカード

ANA To Me  CARD PASMO JTB

ソラチカカードはANATo Me CARD  PASMO  JTB が正式名称です。なんか横文字が多くてかっこいいようなわからないような名称です。とりあえず通称ソラチカカードで通ります。これ、陸でマイルを貯めるための必須アイテム。年間20万マイルを貯めるためには絶対に必要になります。
 
まだソラチカカードを持っていなくて、陸マイラーになろうと思っているあなたがまず一番はじめにやることはこのソラチカカードを発行することです。
これがないと陸マイラー生活、意味ないですから。ソラチカ持っていなかったらおいしくないですから。絶対これ。ドラクエでいうところの勇者的ポジションです。こいつがいないと始まらない、みたいな。
 
ポイントサイトからソラチカカード発行できないの?と思われた方もいるかもしれません。しかし現在はソラチカカードをを取り扱っているポイントサイトはありませんので、すぐに発行していいと思います。
同じTo  Me  CARDでも何種類かあるので、注意してくださいね。特にポイントサイト等で扱っているToMeCardPrime はソラチカカードではありませんので、ご注意を。ToMeCardPrimeは0.6倍、対してソラチカカード・ANAToMeCard PASMOJTBは0.9倍です。だいぶ違います。
 

ソラチカカードについての簡単な概要

すごく必要な情報なのかと言われるとかなり疑問ですが

  • 初年度年会費無料(2年目から2000円(税別))
  • PASMO機能搭載
  • オートチャージサービス
  • 東京メトロ乗車ポイント平日5ポイント土日祝日15ポイント  電子マネーポイント自販機1ポイント/200円
  • 国内航空障害保険最高1000万円
  • 海外旅行障害保険最高1000万円
  • ショッピング保険最高100万円(海外)
  • カード盗難保険あり
 …普通のカードです。メトロポイントをANAマイルに0.9倍で交換できる以外は特にここがすごい!!ってこともないカードだと思います。海外旅行傷害保険に関しても疾病、障害は0円なので、保険としてのカバーはほとんどしてもらえないと思ってください。
 

ソラチカルートとはどんなルートなのか

先ほども言ったようにソラチカカードはメトロポイントを中継地点として0.9倍でANAマイルへ移行することのできる唯一のカードです。このメトロポイントを0.9倍でANAマイルに移行できるこのルートのことをソラチカルートと呼んでいます。陸マイラーにとっての必須ルートはこのソラチカルート、ということになります。
 

f:id:springmaron52:20160407111249p:plain

メインポイントサイトからの移行ルートはこんな感じ。

 

.moneyからもPeXからもTポイントへの移行は可能です。

 

f:id:springmaron52:20160805134241p:plain

 

図のように同じハピタスから.money、PeXのルートに行っても、そのあとメトロポイントを経由するかTポイントを経由するかで同じ10000ポイントでも最終的に9000マイル5000マイルの違いが出てきてしまうんです。ご存知の楽天ポイントもANAマイルへ移行できますよね。でも楽天→ANAも0・5倍の効率。

同じポイントなのにもらえるマイルがこれだけ違うってことがわかるでしょうか。

メトロポイントからANAへの移行は月に20000ポイントまでと上限の設定があるので、ソラチカルートかTポイントルートかで毎月18000マイルか、10000マイルかの差がでてきます。年間で言えばどれだけの差か…8000マイル×12か月=96000マイルも違ってくる。かなりデカい。

なのでとにかく陸でマイルを貯めたい、貯めてみようという方はまず、ソラチカカードを作ってください。くどい?くどくてもいいんです。それくらい大事なカード。陸マイラー=ANA=ソラチカです。この図式テストに出ます( ..)φ

ちなみにJALは上の図の.moneyから0.52倍で直接JALマイルに移行できます。ソラチカルートが使えるのはANAだけ。だから陸でマイルを貯める人はANAが圧倒的に多いというわけになります。

その分、特典航空券が取れないという悲しみも存在するわけです。

 

くどいくらい説明しましたが、メトロポイントを中継しなければ20000ポイント→18000マイルの恩恵にあずかれないんです。

逆にいうと、こういう面倒なルートをたどるからこその年間20万マイルが実現できるというわけなんですよね。

陸でマイルを貯めよう、と思ってポイントサイトでポイントを貯め始めてからANAマイルになるのに、最初にポイントサイトを使い始めてから2~3か月はかかります。ハピタスから.money(PeX)、.money(PeX)からメトロポイント、さらにメトロポイントからANAマイル。長い道のり。しかも若干面倒。
でもこの面倒さが逆にいいんです。

単純だったら誰もがANAマイルたくさん貯めちゃいますよね。みんなが特典航空券でビジネスクラスに乗れたらANAさんもさすがにえ~~~っって感じになってしまいます。

面倒だから挫折する人がいるので、このルートはまだ改悪されずにいます。

この作業がずっと続けていられるのはマイルで旅をすることの価値がわかる人なんじゃないかなと思います。でも誰にでも貯められます。難しいことをするわけじゃないから。こつこつとやれば、誰にでも貯められる、けど、多少面倒。

いいような悪いような。でもやりたい、やろうって気持ちがあれば誰にでもできます。

面倒くさがり~の私が貯められているのだから。

 

ソラチカカードを申し込もう。

ソラチカカードがとても大事なカードということはわかっていただけたでしょうか?ではいよいよソラチカカードを申し込みましょう。でもこの申し込みがなかなかの曲者。いきなりどのコースを選べばいいんだろう?ということになるかもしれません。実際、私もいきなりコース聞くんかい。わからんわ~って思いました。

まずJTBのソラチカカードのサイトへ行きます。

www.to-me-card.jp

こちらから申し込むことができます。資料を請求して紙で書いて申し込みすることもできますが、ウェブから申し込む方が早く審査結果もわかりますし、手軽なのでお勧めです。ソラチカカード、という欄のお申し込みをクリックしてくださいね。紛らわしいカードがたくさんありますが、とりあえずソラチカカード、と書いてあるものを選べば大丈夫です。

f:id:springmaron52:20161127205636p:plain

このお申込み、を選び、サイトをいくつか進むとコースを選ぶところに出会うと思います。ここが悩んでしまう方もいると思いますので注意。

f:id:springmaron52:20161127210021p:plain

ポイントコース選択、とあります。4つもコースがあるんですよ。わかりにくい。
マルチポイントコース、5マイルまたは10マイル、マイル自動移行コース、5マイルまたは10マイル。
ここで大事なのはマルチポイントコース・5マイルのコースを選ぶことです。
なぜなら10マイルコースは移行手数料がかかるから。5000円もかかるんですよね。そもそも陸マイラーになって、陸でマイルを貯めようと考えている人はおそらく今後還元率の良いクレジットカードを探したり、決済用のカードを考えたりするはず。
結論をいうとソラチカは決済用としての旨みは何もないカードです、あくまで保存用。あくまでソラチカカードはメトロポイント→ANAマイルのソラチカルート用のカードなので、マルチポイントコース5マイルを選択してくださいね。

ただし、あまりクレジットカードを発行したくなくて、ソラチカで決済をしたい。メインのクレジットをソラチカにしたいという人で、年間100万円以上のカード利用予定がある人はマルチポイントコースの10マイルコースでもいいと思います。

 

ソラチカカードで貯まる二つのポイントを知ろう

ソラチカカードを使う上で、2つのポイントがあることを知っておきましょう。保存用とはいえ最初のキャンペーンなどでポイントが得られるますので、そのときに混乱しないで済みます。

 ①JTB Okidokiポイント

ソラチカを決済用で使用した場合、JCBのOkidokiポイントというものが溜まっていきます。
このポイントはソラチカルートをたどらずにANAマイルへ変更が可能です。1000円=1ポイント。例えば1300円の買い物と1700円の買い物をしたら、自動的にJTBのほうで足して、合計で3ポイントつけてくれます。ちなみに2016年2月から有効期限が2年になりました。
マイル移行レートは1000円=OkiDokiポイント1ポイント=5マイルとなります。ということは還元率は0.5%で、決して良い還元率ではありません。マイルへの移行料は無料ですけども。*1
ちなみにOkiDokiポイント1ポイント=10マイルのコースを選ぶこともできますが、先ほど書いたようにこちらはマイル移行料として5000円/年間かかります。そもそもがクレジットカードの決済で溜まるマイルは雀の涙ほど(決済額にもよりますが、あくまで補助的なポイント分しか稼げません)ですので、5000円払ってまで10マイルコースにする必要はないと思います。

 

何度も伝えていますが、 ソラチカカードは決済カードには向いていません
ただ、たくさんのクレジット発行をしたくないという方はカード決済をして貯まるマイルはポイントサイトで貯めるマイルに比べると副菜というかおまけ的ポジションなので、あまり考えたくない方はとりあえずこちらを使っても良いと思います。
決済用のクレジットカードのお勧めはANAVISAワイドゴールドとかLINEPayカード、もしくはSPGアメックスなどで決済用は別のルートで貯めても良いのではないかと思います。


 ②メトロポイント

あとはもう一つ、メトロポイント。これは東京メトロを使用したときに溜まるポイントです。東京メトロにたくさん乗らなきゃだめならうちは田舎ですから、意味ないです。という方もいるかもしれません。東京メトロに乗る必要はないんです。メトロポイントはANAマイルへの移行の中継サイトとしての役割のほうがメインです。こっちのほうが大事。むしろ主役。メトロポイントを中継にANAマイルへ移行すると0.9倍の高倍率でポイントをマイルに移行できます。例えば楽天やTポイントからもANAマイルへの移行は可能です。が、0.5倍。陸でマイルを貯めている猛者たちが狂ったようにソラチカソラチカと唱えている理由はここにあります。この0.9倍という高還元の移行が可能なたった一つのカードがソラチカカードです。

 

f:id:springmaron52:20161106200749p:plain

ソラチカの弱点

陸マイラーに愛されているカード、ソラチカカードには弱点があります。

メトロポイントからANAマイルへ交換するのが月に20000ポイントに制限されていること、移行に時間がかかること、この2つです。

1か月の上限があるのでメトロポイントからANAマイルへの申し込みを忘れないことが鉄則です。1か月忘れたら結構痛いです。

移行の時間はハピタス→.money(PeX)、.money(PeX)→メトロポイント、メトロポイント→ANA、とルートをたどらなくてはいけないので2~3か月はかかるんですね。ハピタスからPeXはさほど時間がかかりませんが、PeXからメトロは2か月近くかかります。最終的なANAマイルまではさらにかかります。

それぞれの移行日を自分で決めて、毎月に作業として忘れずに移行作業をすること。

実質この中で締日、というものが存在するのはメトロポイント(毎月15日)だけなので、そこを起点に移行日を考えます。

・ハピタス➡.money(PeX)                   毎月5~8日あたり

・.money (PeX)➡メトロポイント  毎月12日あたり

・メトロポイント➡ANA      毎月12日あたり

ハピタスから.money、PeXは若干のタイムラグ(3日間程度)があり、締日前までにギフトコード(またはPeXポイント)をゲットできていればよいので、第一週目とかに移行。money (PeX)➡メトロポイント、メトロポイント➡ANAは同日OKなので15日前までに移行手続きをすれば問題ないと思います。

まとめ

・陸マイラーにはソラチカカードは必須。必須。必須。

・ただし毎月20000ポイント(=18000マイル)までしか移行できないので、移行を忘れずにすること。

・Okidokiポイントは気にしない。

・東京メトロに頑張って乗らなくても大丈夫。

 

最終的にはPexを経由するのが一番わかりやすいルートなんじゃないのかなーと思います。少し前にメンテナンスをやってルート改悪??なんて言われていましたが、メトロルートは早々に再開されましたし、今のところはPex経由でも良いんじゃないかと思います。

代替ルートとしてはちょびリッチ→.moneyが有力かなと思いますが、紹介ポイントを考えていくならハピタスは必要不可欠ですし。ただ、いつ改悪するかわからないという意味ではちょびリッチにも登録しておいてもよいかなと思います。

2016年7月下旬からハピタスから.moneyへのルートが開通しました。今までPeXルート一本だったので陸マイラー界での大きなニュースになりました。

これにより交換手数料が完全に無料になり、かつ.moneyへのポイントはギフトコード扱いになるためこれまで以上に家族などと協力してポイントを得られるようになると思います。

それに伴い内容一部改定しています。

 

ハピタスについてはこちら。

www.springmaron.com

マイルを貯めるための道についてこちら。

www.springmaron.com

今日はソラチカカードについて書いてみました。

リンク切れあるかもしれません。気づきましたらご一報いただけると助かります。

長く続けるために無理はしないことをモットーにしています笑。

 

よろしければ↓

 

*1:さきほど選んだマルチポイントコースの5マイルの場合。