読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAとマイルと陸と私-SFC修行始めました-

2016年3月から陸マイラーに。年間20万ANAマイルを貯める方法のコツと活動の記録。ベタでもハワイに行きたい!

年間20万マイル(ANA)を貯める方法:1マイルの価値を知る=価値を知るということがすべてに通じる。

f:id:springmaron52:20160802134111j:plain陸マイラーさん必須のブログネタ、1マイルの価値。これを書きたいがために前回陸マイラーの書く内容は被る、といったわけではありません。もう少し後でも良かったのですが、マイルの価値を知る、というのは陸マイラーを続けるためにもとっても大事なことなので、今回はマイルの価値について書くことにしました。

 年間20万マイル(ANA)を貯める方法

1マイルの価値を知る=価値を知るということがすべてに通じる

ずさんな私は1マイル=2円くらいの価値だと思っている。

1マイルって何円の価値だと思いますか?1マイル=1円?よくあるTポイントや楽天ポイントは1ポイント=1円です。これはすごくわかりやすいですよね。

なので例えば楽天ポイントが10000ポイントあって、楽天市場で買い物をする場合は10000円分の価値になります。

楽天ポイントをANAマイルに移行する場合、楽天からANAへは0.5倍になるので、5000マイルとなります。1マイル=2円くらいの計算だと現金としての価値は10000円分でだいたい一緒くらい。なので私は今までずっと1マイル=2円の価値だとなんとなく思っていました。実際1マイルってどのくらいの価値があるのでしょう。

 

国内線の場合

マイルの価値は取る航空券のクラス、繁忙期かそうでないかなどによってだいぶかわります。

 必要マイル繁忙期普通価値
羽田ー札幌 15000 33600 15980 1.06~2.24
羽田ー那覇 18000 44780 23780 1.32~2.48
羽田ー石垣 20000 63580 44980 2.49~3.18
関空ー石垣 18000 51000 37600 2.08~2.83

 

 

※上記の表、繁忙期はシルバーウィーク前の週末での日程、普通は10月の平日での価格(最安値)になります。日にちは統一しましたが、若干の価格の違いはあると思います。

この表をみてわかるようにだいぶ違います。と言っても、最安値の時間って沖縄行だと午後、札幌行だと6時とか7時とかなので一概に同じように比較はできないのですが、1.06円~3.18円の価値。間をとってだいたい2円くらいでしょうか。

実はこの札幌行の片道7990円って見たことないくらい安いです。本来はもう少し高いと思うので、ちょっと参考にはならないかもしれませんが…

石垣島や宮古島のような競合があまりない人気便はマイルの価値が高くなります。同じようにシルバーウィークや週末のようなみんなが動けるような時期もマイルの価値はあがります。マイルの価値が下がるのは平日の月曜とか火曜とか。あまりみんなが旅行に行かないような時期。

かなりざっくばらんな計算ですが、1マイルは2円くらいの価値、という私の考えはなんとなく合っていたようです笑。
ユナイテッドのマイレージプラスのバイマイルでも話していますが、1マイル=2円以下ならマイルは買う価値がある、と考えてます(ANA、JALでは無理ですが、外資系ではバイマイル=マイルをお金で買うことができます)。

国内線は1マイル=2円前後ということがわかりましたが、国際線はさらにマイルの価値を高めることができます。

f:id:springmaron52:20160803094703j:plain

国際線

 必要マイル 
  Y C
台北 20000 40000
バンコク 35000 60000
ハワイ 40000 65000
パリ 55000 90000
ニューヨーク 50000 85000

 

 通常 繁忙期 
  Y C Y C
台北 2.28 3.6 3.68 3.35
バンコク 1.52 5.09 2.39 3.4
ハワイ 2.35 3.49 3.36 4.45
パリ 3.78 7.8 3.59 6.79
ニューヨーク 3.52 9.4 2.77

6.4

国内線と同じで場所、人気の時期によってかなり変動はあるのですが、マイルの価値はエコノミークラスだと2円~3.5円くらいですね。バンコクの1.52はちょっといただけないのですが、あくまで今調べた段階での価格なので参考程度に考えてくださいね。

あと、いまいち私がブログでのスマホ表示のエクセルがうまくできず、最初は価格も記入していたのですが、横長になって表が見にくすぎたので計算した価値だけ載せました。

表の兼ね合いでファーストクラスは割愛しました。赤字が1マイルあたりの円です。※Y=エコノミークラス C=ビジネスクラス

ビジネスクラスのパリ行、ニューヨーク行なんかはマイルの価値としては5円以上になります。繁忙期のハワイ、パリなんかはエコノミークラスでもマイルの価値は3.5円ありますし…

割愛しましたが、ファーストクラスになるとさらにマイルの価値を高めることができます。

要は素敵な席になればなるほどマイルの価値は爆上がりですww。これ少し前に改悪があっての数字なので2~3年前ならもう少しファーストクラスの1マイルあたりの価値は高かったと思います。

色々書きましたが、何が言いたいってマイルの価値は変動するんですね。低く使うのも自分、高めて使うのも自分。

ハピタスでの20000ポイントを現金にして20000円分として使ってもいいんですよね、その人の価値感ですし。でもハピタスからソラチカルートでマイルにすると18000マイル。そのマイルをハワイやパリへのビジネスクラスに使うと18000×5=90000円もの価値にすることもできるんです。

なぜ、マイラーがみんなマイルにこだわるか、現金のマイル化にこだわるのかというと1マイルの価値が4円にも5円にもなることを知っているからなんですね。

f:id:springmaron52:20160803101442p:plain

 

通常、国際線のビジネスクラスやファーストクラスはお金持ちではない限り、購入することは難しいと思います。(いや買えます、という方は多分陸でマイル貯める必要ないです笑)でも特典航空券ならば、陸でマイルを貯めていれば、ビジネスクラスの席を使うことができるんです。

選ばれたものにしか使えないビジネスクラスではないんです。陸でマイルをせっせとためれば、多少面倒はありますが、誰にでもビジネスクラスに乗るマイルを得ることができるんです。

マイルの価値を知ること

マイルの価値を知る、というのは陸マイラーをするうえですごく大事なことというのはわかっていただけたでしょうか。

陸マイラーをしていると、いろんな案件に出会います。この前のレシポの野菜ジュースのような商品を購入してマイルを得る、という案件もたびたびあると思います。

そのときに1マイル=1円、と考えているとなかなか踏み出せなかったり、これは必要ないな…と判断して、なかなかマイルが溜まらない可能性もあります

そういうときにマイルの価値は自分次第で1円にでも6円にでもなる、という考えを片隅に置いておくと便利です。無駄金を使いたくない人はそれはそれでありだと思いますし…。

f:id:springmaron52:20160803101950j:plain

子連れの人にはビジネスクラスは敷居が高い?

以前にも書きました…、というよりもテラヤマ兄貴に教えていただいたのですが、国際線のビジネスクラスは平会員には2席までしか解放されていません
なので子連れ旅行、となると全員でビジネスクラスでハワイなんて結局無理じゃん、ということになってしまいます。マイル自体を4人分集めることができても、4人全員で同じ飛行機に乗ることができません。そのためにSFC修行をしようと私は考えているのですが、それはそれで置いておいて。
小さい子がいるとビジネスクラスで騒ぐかもしれないですし、周りで休んでいる人に対して心苦しい気持ちになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。またビジネスクラスは席と席が離れているので子供が不安な思いをすることもあるでしょうし、子連れにとっては一長一短な部分もあるんですよね…

解決策としては①SFCを取って、ビジネスクラスで取る枠を増やす

②2人ずつ分かれる。子供がそれなりに大きくなって来たらありかな…ただ、確実に取れる、という保証がないのですけどね。

③エコノミークラスにする。

みんなでエコノミーで行くのも良いのではないかな~と思ったりもします。ビジネスクラスにこだわって家族そろって行ける時期を見逃すことのほうがもっと違う意味で価値がなくなってしまうと思います。

価値を決めるのは自分です。ハワイじゃなくても、沖縄でも、家族みんなで楽しく行けたらそれでいいんじゃないかな。

これは完全に脱線なのですが、エコノミーだとJALのハワイ路線でのプレエコもありなんじゃないかな~と個人的に思っています。マイルが溜まればの話。全力でJALマイルを貯めても180000マイル…ソラチカ使わないで1年かかりますね~…JALはホノルル線、プレエコだと60000マイル、ビジネスだと80000マイル必要になるので、もしかしたら今後ANAも似たようなマイル数にあげていくのではないかと思います。

 

ブログのネタになるので一度ビジネスクラスで子連れ旅行をしてみようと思っております。うーん。マイル数、時間的には台湾あたりかなー。年内には行きたいけど…

 

※今回の比較した値段の席は予約変更不可、の安い席での比較をしています。特典航空券は予約変更することが可能ですので、予約変更可能の席との比較をするとマイルの価値的にはもう少し上がると思います。

 

まとめ

・1マイルの価値は国内線ではおおよそ2円、国際線のビジネスだと3~9円にあがる。

場所、人気度、時期によってだいぶ変動する。

・大人気のハワイの繁忙期だとエコノミーでも3.5円くらいの価値にはなる。

・ただし、価値のことばかり考えてもだめ。自分にとっての価値があればそれはマイルの価値以上。

・子連れのビジネスクラス旅行搭乗記については今後ご期待ください。

 

よければぽちっとしてやってください。